26 2月 2024

川崎競馬場で戸塚記念が開催、英雄たちの3度目の対決

ヒーローコールとマンダリンヒーローが3度目の対決を迎える

南関東競馬の3歳世代において、ヒーローコール(牡3、浦和・小久保)は現在ナンバー2の地位にあります。彼は古馬相手のサンタアニタトロフィーでは敗れましたが、3歳馬同士の黒潮盃では、堂々とした競馬で勝利を収めました。特筆すべきは、彼が58キロという重い斤量を背負っての勝利であることです。今回は前回から2キロ減の斤量で出走し、相手関係に大きな変化はありません。したがって、彼が再び勝利する可能性は高いと言えるでしょう。唯一の心配事は、彼のローテーションが適切であるかどうかです。

一方、ドラケン(牡3、大井・堀千)は、競馬の勝負どころにおいて若干の未熟さが見られるものの、黒潮盃では外から脚を伸ばし、タイガーチャージやショウガタップリなどの競走馬に先着しました。彼のズブさと、父親がエイシンフラッシュであり、母親の父がマーベラスサンデーであるという血統から、距離延長が彼にとって良い影響をもたらす可能性があります。

さらに、ナンセイホワイト(牡3、大井・米田英)は、東京ダービーで3着に入りました。勝ったミックファイアが強かったとはいえ、ヒーローコールとの差はわずか0秒3。今後の重賞戦での期待が高まります。彼がここで更なる成績向上を果たす可能性も十分にあります。

そして、マンダリンヒーロー(牡3、大井・藤田輝)は、帰国初戦の黒潮盃で2着という成績を収めました。ヒーローコールには敗れましたが、勝負どころで手応えを感じながらも巻き返してきたことから、彼の力強さが伺えます。また、今回は主戦騎手の矢野貴騎手が負傷療養中のため、安藤洋騎手が乗り替わることとなり、同騎手にとっては重賞制覇の大チャンスが巡ってきました。

最後に、無傷の4連勝を誇るローアヴァンフレア(牡3、浦和・繁田健)も注目に値します。彼は未知の魅力を秘めた素質馬であり、その才能は確かです。ただし、彼が芙蓉賞で下したコルドゥアンは、黒潮盃で7着という結果に終わり、即座に重賞で成功するかどうかは疑問の余地があります。

この3歳世代の競走馬たちが対決する中で、どの馬が勝利の栄冠を手にするのか、競馬ファンたちは期待と興奮を抱いています。引き続き、彼らの競走から目が離せません。