27 5月 2024

タイトル:ルイジアナ州出身のジョッキーとケンタッキー州の調教師、ダービーで新記録樹立。次なる目標は?

2024年、ケンタッキーダービーでブライアン・ヘルナンデス・ジュニアが「ミスティック・ダン」に騎乗し、見事勝利を収めました。この勝利は土曜日に行われ、前日の金曜日にはケンタッキーオークス(ダービーの牝馬版)で「ソーペド・アンナ」に騎乗し、これもまた勝利。これらの馬の調教師はケニー・マクピークでした。

ジョッキーが両方のレースで勝利するのは2009年以来のことで、調教師に至っては1952年以来の快挙です。

ヘルナンデスは「オークスで勝てるとは思っていませんでしたが、翌日のダービーでも勝利し、それは言葉にできない感覚です」と語りました。

彼はマクピークと約8年間一緒に仕事をしており、「私たちは多くの成功を収めてきました」と語っています。

では、ミスティック・ダンはトリプルクラウンを目指すのでしょうか? ヘルナンデスは「馬の状態が全て良好であることを確認しなければなりません」とコメント。最終決定はマクピークが下します。「長い間、誰かが決断を下すまで待つべきだと教えられてきました」と彼は付け加えました。馬は現在良好な状態ですが、競馬場での様子を見守る必要があるとのことです。「事態は変わるかもしれません。」プリークネスへのエントリー締切は5月13日の月曜日です。

ヘルナンデスはルイジアナ州ラファイエットで生まれ育ち、見習いジョッキーとして騎乗を始めました。高校卒業の翌日にケンタッキー州へ移り、プロのジョッキーとしてのキャリアをスタート。彼にはラファイエットに多くの家族がいます。

ルイジアナ州は優れたジョッキーを多く輩出していることで知られ、彼は特にシェーン・セラーズ、ロビー・アルバラード、カルヴィン・ボレルに影響を受けました。

家族も馬術が得意で、ブライアンの父親もジョッキーであり、妹と弟も同様です。彼の妻は子供たちを連れて全国を巡り、ポニーレースに参加しています。最近のメリーランドでの競技会では、彼の娘と息子がそれぞれ同じポニーで同じ週末に優勝しました。長女はドレッサージュとイベンティングに参加しています。

ケンタッキーダービーの勝利について、ヘルナンデスは「スタート位置が非常に重要でした」と語り、ミスティック・ダンが3番の位置を引いた際には、2010年のスーパーセーバーのダービー騎乗を再現したいと考え、「カルヴィン・ボレルのような騎乗をしよう」と決めました。それは、「自分の馬をしっかりとコントロールし、できるだけ内側に留まり、レール沿いを走る」というものでした。

「レース中、ほとんどの時間を自信を持って過ごせました」と彼は述べています。ミスティック・ダンは「非常にクールで、人懐っこい馬で、ただ仕事をしたいだけです」とヘルナンデスは評しています。「派手さはないけれど、非常にアスリートらしい」とも。

彼は「競馬は他の職業と同じで、最高峰を目指します」と話し、子供の頃にシェットランドポニーに乗り、ジョッキー服を着て「いつかケンタッキーダービーに勝つ!」と宣言していたことを振り返ります。