26 2月 2024

クリーンエア、絶好調の状態 上原博師の万全なサポートで再調整

1 min read

クリーンエアは新馬戦で素晴らしいパフォーマンスを披露し、上がり3F最速の33秒8で圧倒的な末脚を見せ、勝利を収めました。今回の競走でも同じ舞台で力を発揮できたことは、彼の強みの一つです。

この日、北馬場で行われた軽い調整運動を経て、上原博師はコメントしました。「前回の勝利後、クリーンエアの状態を1週間見守りましたが、幸いにも問題はありませんでした。そのため、再び調整を行うことにしました。現時点で彼は非常に順調にトレーニングをこなしています。」

そして、最終追い切りについての計画も述べました。「最終追い切りでは、大野騎手に騎乗してもらう予定です。中2週の休息期間を考慮して、過度な負荷をかけず、調整を行いたいと思っています。クリーンエアをオーバーワークさせないように気をつけています。」

クリーンエアの調子が良好で、トレーニングも順調に進んでいることから、次回の競走に期待が高まっています。彼の末脚の速さが今後も注目され、競馬ファンは彼の活躍に期待しています。