22 6月 2024

タイのパジャリー・アナナルカンがKCC提供フォード選手権初日で首位に

1 min read

KCCが提供するフォード選手権の初開催が進行中で、多くのドラマが繰り広げられています。セビリアカントリークラブでの18ホール後、パジャリー・アナナルカンが9アンダー63のラウンドで初日のリードを取りました。ボギーなしの63は、アナナルカンのキャリア最低18ホールスコアに並び、これは彼女が2021年のホンダLPGAタイランドの第4ラウンドで記録したものです。前半の9ホールでの3つのバーディー(11番、16番、そしてAonリスクリワードチャレンジホールの18番)に続き、その日のハイライトは5番から9番までの5連続バーディーでした。これは彼女のキャリアで2度目であり、2021年のタイでの最終日以来初めてのことで、そのラウンドでも5連続のサブパーホールでラウンドを締めくくりました。

「いい9ホールだったと思います。ボギーなしで、バックナインに向かって3アンダーパーで出ました」とアナナルカンは言いました。「今日は本当にいいショットを打ちました。ティーショットでたくさんのいいドライバーを打ち、ショートアイアンでグリーンに近づく大きな利点を得ました。また、いいロングアイアンも打つことができたので、それが助けになりました。」

これはアナナルカンのツアーキャリアで2度目の初日首位であり、2021年のアムンディ・エビアン選手権以来のことです。しかし、彼女のリードには6人の選手が8アンダーで2位タイにつけています:エプソンツアー出身のイジ・ガブサ、スペインのカルロタ・シガンダとアザハラ・ムニョス、メジャーチャンピオンのリリア・ヴー、2024年の新人ガブリエラ・ラフェルス。

ラフェルスは、先週のFIR HILLS SERI PAK選手権(T3)でキャリアベストフィニッシュを記録した後、木曜日に新たなキャリア最低18ホールスコア64をカードしました。ヴーの64は今シーズン最低であり、2023年のANNIKAドリブンバイゲインブリッジでの優勝時の第3ラウンド62以来の最高18ホールスコアです。ムニョスは、2つのボギー、パー5の5番でのイーグル、そして10番から12番までの3連続バーディーを含む8つのバーディーで木曜日に64でフィニッシュした最初の選手でした。36歳で、今週ギルバートでの大会に出場する10人の#LPGAMomsの1人であるムニョスは、2011年から2019年の間にワイルドファイアゴルフクラブで開催されたコグニザントファウンダーズカップの8回の版に参加し、2014年には2位タイで