22 6月 2024

スタンフォードとUCLA、2024年DI女子ゴルフ選手権の決勝へ進出

1 min read

トップシードのスタンフォード大学とUCLAは、火曜日にそれぞれのマッチプレーで勝利し、2024年NCAAディビジョンI女子ゴルフ選手権の決勝に進出しました。決勝戦は5月22日(水)にオムニ・ラ・コスタ・リゾート&スパの北コース(6,330ヤード/パー72)で行われます。

スタンフォードは、水曜日に3回目の全米タイトルを目指します。直近では2022年に優勝しており、過去には2015年にも優勝しています。一方、UCLAは1991年、2004年、2011年にチームタイトルを獲得していますが、今回が初めての全米選手権マッチプレー決勝進出です。マッチプレー形式は2015年シーズンからNCAA選手権に導入されました。UCLAは2016年に準決勝に進出したのが最高成績でした。

全国準決勝では、Pac-12カンファレンスの4チームが対戦し、スタンフォードはサザンカリフォルニア大学に3対1で勝利し、決勝に進出しました。シニアのサディ・エングルマンがサザンカリフォルニア大学のシンディ・コウを6&5で破り、最初のポイントを獲得。続いて、2年生のメーガ・ガネがブリアナ・ナバロッサを2&1で、ケリー・シュウがキャサリン・パークを3&2で勝利しました。

「今年は素晴らしいシーズンでした」とスタンフォードのヘッドコーチ、アン・ウォーカーは語りました。「これまでに5回の優勝を果たしました。一方で、ここに来てプレーする準備をすることも重要です。チーム全員が決定的な時に競い合い、勝利を掴むことができるのが印象的です。サザンカリフォルニア大学には多大な敬意を表します。彼らも素晴らしいシーズンを送り、我々と同様に強力なチームです。この試合は接戦になると予想していました。」

UCLAは準決勝でオレゴン大学を3対1で下しました。ジュニアのキャロライン・カナレスがオレゴンのカレン・ツルを7&5で破り、2年生のメーガン・ロイヤルがオレゴンのチンツ・チェンを4&3で勝利。ジュニアのナタリー・ヴォがミノリ・ナガノを2&1で破り、勝利を決定づけました。オレゴンはキアラ・ロメロがゾーイ・カンポスを4&3で破り、唯一のポイントを獲得しました。

「初年度でここまで来るのは信じられない気持ちです」とUCLAの新任ヘッドコーチ、アリシア・ウム・ホームズは語りました。「チームと共に素晴らしい道のりを歩んできました。今年の始めには特に期待はしていませんでした。ただプレーしてみようという気持ちでやってきましたし、その姿勢がここまで来るのを支えてくれました。勝利よりもプレーを楽しむことに焦点を当ててきました。」

「本当に興奮しました」とナタリー・ヴォは勝利のポイントについて語りました。「深呼吸をすることで落ち着きを取り戻しました。アドレナリンが出ていたので、その呼吸が集中力を保つのに役立ちました。シーズンを通じてこれに向けて努力してきたので、楽しみながら勝利を目指します。」

スタンフォードは火曜日の2勝で、マッチプレーでの通算成績を13勝6敗に伸ばしました。

「これは信じられないことです」とスタンフォードのシニア、サディ・エングルマンは語りました。「4年間の集大成として、決勝進出が目標でした。昨年は準決勝で敗退したので、今年は勝利できて素晴らしい気分です。このチームは非常に粘り強く、忍耐強いです。最後まで戦い抜くという気持ちを持っていたので、今回もその通りになりました。」

Pac-12カンファレンスの4チームは、午前中の準々決勝でも全て勝利しました。第1シードのスタンフォードは、第8シードのオーバーンに3対0で勝利。エングルマン(19ホール)、レイチェル・ヘック(4&3)、シュウ(4&2)が勝利しました。第4シードのサザンカリフォルニア大学は、第5シードのクレムソンに3対1で勝利。アマリ・エイヴリー(6&5)、ベイリー・ショーメイカー(3&2)、ナバロッサ(7&5)が勝利しました。第6シードのUCLAは、第3シードのテキサスA&Mに3対0で勝利。ロイヤル(1アップ)、カナレス(2&1)、ヴォ(3&2)が勝利しました。第7シードのオレゴンは、第2シードのLSUを3対2で破りました。チンツ・チェン(1アップ)、ミノリ・ナガノ(7&6)、ロメロ(1アップ)が勝利しました。