15 7月 2024

クイン・ブライデンバッハの初日パフォーマンスが彼をグランドフォークスジュニアオールシティのタイトルへ導く

1 min read

グランドフォークスレッドリバーのコルビー・コーナーは最後まで競り合ったが、ウェストファーゴシャイエンヌのクイン・ブライデンバッハが、キングズウォークとグランドフォークスカントリークラブで開催された初のジュニアオールシティトーナメントで、月曜日と火曜日にプラス2の146で優勝を果たした。

最初はカントリークラブでのスロッピーな日に始まり、ブライデンバッハは7つのバーディーを決め、早々にリードを広げていった。彼は1日目の14ホールでマイナス5となり、急勾配のアプローチをうまくこなした。

「自信がついた瞬間だった。今日もその勢いで頑張れた。自分のゲームに集中し、必要なことをやり遂げた」とブライデンバッハは語った。

しかし、月曜日の最後にダブルボギー7とボギー5で終え、スコアを70に戻し、コーナーが火曜日のレースに向けての位置を確保することになった。

コーナーは月曜日を72で終え、厳しいホールをバーディーパットで挽回し、安定したスコアカードを保った。彼は火曜日の早い段階でブライデンバッハと並んでリードを共有し、10ホールまでマイナス1であった。

「このフィールドで競い合うことは、私のゲームを引き締め、楽しませてくれる。今日はスコアが高かったが、素晴らしい選手がたくさんいた」とコーナーは述べた。

コーナーは夏のトーナメントであるオールシティやラス・ニューマンなどでリーダーボードの上位にいることが多かった。

火曜日、彼の15ホール目でのクアッドボギー8が彼の足を引っ張ったが、17ホール目でグリーンにドライブし、イーグルを狙うチャンスを得た。ブライデンバッハは17ホール目でバーディーを決め、最終的に76でフィニッシュ。コーナーは77で終了した。

ジュニアオールシティがグランドフォークスに導入される中、ブライデンバッハやコーナーのような東ダコタカンファレンスのゴルファーは、家から近い場所でこれらのトーナメントに参加できることに感謝している。

「今年の最高のトーナメントだと思う。参加費は30ドルから60ドルで、トッププレーヤーには良いバウチャーが与えられる。素晴らしいプログラムで、このツアーには本当に感謝している」とブライデンバッハは言った。

他のディビジョンでは、レッドリバーの選手たちがタイトルを獲得した。ステットソン・ブラウンは13-15歳男子ディビジョンで、エラ・スピーデルは16-18歳女子ディビジョンで優勝した。

ブラウンの149はファーゴノースのカール・デボーより9ストローク先行していた。彼はGFCCで安定しており、18ホール目でバーディーを決めただけでなく、13のパーを記録した。キングズウォークの悪条件下でもリスクを取り、4つのバーディーと74のスコアを出した。

スピーデルはシャイエンヌのゾーイ・キーンやチームメイトのソフィー・ブラッケ、ローレン・ソホルトを僅差で抑えた。月曜日にはダブルボギーを1つだけ打ったが、17ホール目でイーグルを達成し、その後もバーディーを15と17で決め、火曜日にトップの座を確固たるものとした。彼女の最終スコアは156で、キーンの157を1ストローク上回った。