22 6月 2024

カナダオープンで初優勝を果たしたロバート・マッキンタイア、感無量の一言

1 min read

スコットランド出身のロバート・マッキンタイアが、RBCカナダオープンでの初優勝を果たし、 PGAツアータイトルを獲得しました。

マッキンタイアはハミルトン・ゴルフ・アンド・カントリークラブで行われた最終ラウンドで68を記録し、通算16アンダーでフィニッシュしました。アメリカのベン・グリフィンが15番、16番、17番ホールでバーディを連発し、マッキンタイアに一打差まで迫りましたが、最後のホールでバーディを奪えず、プレーオフには持ち込めませんでした。

その結果、マッキンタイアは10フィートからの2パットで勝利を収める余裕がありました。そして、急遽キャディを務めた父のダギーと感動の抱擁を交わしました。優勝の感想を尋ねられたマッキンタイアは、CBSのインタビューで「これです。この瞬間がすべてです。家族や彼女、チームにとって、これ以上のものはありません。父と一緒にこの場に立てるなんて信じられないです。本当に感無量です」と語り、涙ながらに喜びを表現しました。

マッキンタイアは、前日の4打リードをわずか4ホールで失いました。最初のホールでボギーを叩き、地元カナダのマッケンジー・ヒューズが立て続けにバーディを奪ったためです。しかし、マッキンタイアは4番、7番、8番ホールでバーディを取り返し、再びリードを取り戻しました。テレビ中継のために使用されたドローンが何度も邪魔をし、その度に移動を要求する場面もありましたが、最後には自身の望みを叶えました。

さらに11番ホールでバーディを奪った後、12番ホールではティーショットが水に入り、13番ホールで再びボギーを叩くなど、追い上げる選手たちに一時はチャンスを与えました。しかし、ライダーカップのスターであるマッキンタイアは15番ホールで重要なバーディを奪い、最後の3ホールを無事にパーで締めくくりました。

マッキンタイアは今シーズン、アメリカでの生活に苦労していることを隠していませんが、4月にスコットランドに戻り、3週間の滞在から大きな恩恵を受けました。その後、マートルビーチクラシックで優勝争いに加わり、全米プロゴルフ選手権では8位に入るなど、好成績を収めました。

「最後のホールに向かうとき、父は集中してスイングをスムーズにするように言っていました。昨日は少し急ぎすぎたからです。でも、実際には彼の言うことをあまり聞いていませんでした」とマッキンタイアは語りました。「父のために勝ちたかった。彼は私にゴルフを教えてくれた人です。彼と一緒にこの場に立てるなんて信じられないです」と涙ながらに続けました。

オーバンにあるグレンクルートン・ゴルフクラブのヘッドグリーンキーパーである父ダギーは、「信じられないです。私は芝を刈る人間で、キャディではありません。先週の土曜夜に電話がかかってきたとき、家でソファに座っていました。翌朝8時には飛行機に乗ってここに来て、驚きの連続でした」と語りました。

父が今後もキャディを務めるのか尋ねられたマッキンタイアは、「いいえ、月曜日には父は家に帰ります。私と彼女も家に帰って盛大なパーティーを開く予定です。これは信じられない出来事です」と答えました。その場合、マッキンタイアは今週のオハイオで開催されるメモリアルトーナメントを欠場し、ノースカロライナ州パインハーストで行われる全米オープンの前に休養を取ることになります。

ロリー・マキロイは最終ラウンドで64を記録し、韓国のトム・キムと並んで4位タイでフィニッシュしました。フランスのビクター・ペレスは最終ホールでバーディを奪い、2位のマッキンタイアに2打差の単独3位に入りました。