TVh賞2021の予想 – 指数を使った競馬予想

今週の土曜日に行われるTVh賞の予想を公開します。

TVh賞の予想

本ブログでは独自の指数を使った予想を公開しています。TVh賞の出走各馬の指数は下表の通りです。

1位 4 ナランフレグ 71.4 8位 7 ルッジェーロ 48.9
2位 2 タイセイアベニール 67.2 9位 13 ロードアクア 42.9
3位 1 マイネルアルケミー 65.8 10位 11 アスタールビー 41.8
4位 6 センショウユウト 56.4 11位 8 スギノヴォルケーノ 40.9
5位 9 ジョーアラビカ 55.3 12位 3 リンゴアメ 31.7
6位 10 コロラトゥーレ 53.9 13位 5 ギルデッドミラー 24.4
7位 12 ケイアイサクソニー 49.8 14位 14 イッツクール 13.6
1位 4 ナランフレグ 71.4
2位 2 タイセイアベニール 67.2
3位 1 マイネルアルケミー 65.8
4位 6 センショウユウト 56.4
5位 9 ジョーアラビカ 55.3
6位 10 コロラトゥーレ 53.9
7位 12 ケイアイサクソニー 49.8
8位 7 ルッジェーロ 48.9
9位 13 ロードアクア 42.9
10位 11 アスタールビー 41.8
11位 8 スギノヴォルケーノ 40.9
12位 3 リンゴアメ 31.7
13位 5 ギルデッドミラー 24.4
14位 14 イッツクール 13.6

指数1位はナランフレグです。

直近3戦の指数は前走から順に、鞍馬ステークスが66.5、春雷ステークスが88.2、淀短距離ステークスが59.5となっています。

ここ2走は上がり3ハロン最速をマークしており、それより前も常に2位以内に入っている確実な末脚が武器の馬となります。特に前走は32.8という驚異のタイムでした。

それだけに常に後ろからの競馬となるのもまた事実であり、今回も勝ちきるかまでは微妙ですが、三連複の軸としては信頼できそうです。

指数2位はタイセイアベニールです。

直近3戦の指数は前走から順に、函館スプリントステークスが52.6、鞍馬ステークスが60.9、春雷ステークスが88.2となっています。

前走の函館スプリントステークスはさすがに壁が高かったようですが、オープン特別では堅実な走りを見せてきています。

メンバーレベルが落ちる今回はあらためて見直せると思います。

上記の馬に続くのがマイネルアルケミー、センショウユウト、ジョーアラビカ、コロラトゥーレといった馬たちです。

特に、函館スプリントステークスでは12番人気ながら4着に善戦したジョーアラビカは、今回も期待できると思います。

札幌競馬場・芝1200mの特徴から見た推奨馬・危険な馬

次に、札幌競馬場の芝1200mの特徴から推奨馬や危険な馬を考えてみたいと思います。

札幌競馬場の芝1200mは中京競馬場の芝1200mと好相性になります。そのため、そのコースで行われた鞍馬ステークスで上位だったナランフレグタイセイアベニールにとっては加点要素になりそうです。

また、阪神競馬場の芝1400mとも好相性になりますので、前々走にそのコースで行われた京都牝馬ステークスで2着だったギルデッドミラーには巻き返しを期待したいところ。

なお、馬番別実績だと9番枠や12番枠の成績が悪いので、ジョーアラビカケイアイサクソニーにとっては良くないデータになるでしょうか。

おわりに

TVh賞の予想をご覧いただきありがとうございました。

本ブログではナランフレグを軸に、タイセイアベニール、マイネルアルケミー、センショウユウト、ジョーアラビカ、コロラトゥーレを相手にした三連複流しを買い目とします。

以上です。他のレースの予想は今週の競馬予想をご参照ください。


★今週の注目情報★

秋華賞の過去10年と予想 2021

府中牝馬ステークスの過去10年と予想 2021

オクトーバーステークスの過去の結果と予想 2021

信越ステークスの過去の結果と予想 2021


スポンサーリンク