NHKマイルカップ2021の予想

今週の日曜日に行われるNHKマイルカップの予想を公開します。

NHKマイルカップの予想

本ブログでは独自の指数を使った予想を公開しています。NHKマイルカップの出走各馬の指数は下表の通りです。

1位 18 ピクシーナイト 58.5 10位 1 レイモンドバローズ 51.6
2位 2 アナザーリリック 56.8 11位 11 ヴェイルネビュラ 50.5
3位 8 グレナディアガーズ 56.0 12位 7 タイムトゥヘヴン 49.8
4位 10 ソングライン 55.9 13位 12 ランドオブリバティ 49.6
5位 3 ルークズネスト 55.2 14位 14 ショックアクション 44.3
6位 5 リッケンバッカー 54.5 15位 9 ゴールドチャリス 42.4
7位 15 シュネルマイスター 54.2 16位 17 グレイイングリーン 39.8
8位 13 ホウオウアマゾン 54.0 17位 16 ロードマックス 38.4
9位 4 バスラットレオン 53.9 18位 6 シティレインボー 34.7
1位 18 ピクシーナイト 58.5
2位 2 アナザーリリック 56.8
3位 8 グレナディアガーズ 56.0
4位 10 ソングライン 55.9
5位 3 ルークズネスト 55.2
6位 5 リッケンバッカー 54.5
7位 15 シュネルマイスター 54.2
8位 13 ホウオウアマゾン 54.0
9位 4 バスラットレオン 53.9
10位 1 レイモンドバローズ 51.6
11位 11 ヴェイルネビュラ 50.5
12位 7 タイムトゥヘヴン 49.8
13位 12 ランドオブリバティ 49.6
14位 14 ショックアクション 44.3
15位 9 ゴールドチャリス 42.4
16位 17 グレイイングリーン 39.8
17位 16 ロードマックス 38.4
18位 6 シティレインボー 34.7

指数1位はピクシーナイトです。

直近3戦の指数は前走から順に、アーリントンカップが57.6、シンザン記念が50.1、秋明菊賞が67.8となっています。

前走のアーリントンカップではシンザン記念と同様に逃げたものの、粘り切れずに4着に敗れました。

とは言え獲得賞金を考えても前走が叩きだったのは明らかであり、実際に仕上がりも前回とは全然違うようなので、今度こそこの馬の真の実力が見れると思います。

加えて、これまでの勝利はいずれも左回り(っていうか中京競馬場)で挙げているものになりますから、なおさら見直す余地があります。

今回も逃げるのかは定かではありませんが、人気も落ちるでしょうし、その分マークも緩くなるでしょうから、あらためて巻き返しに期待です。まぁ、大外枠なのがどう出るかですが・・・。

指数2位はアナザーリリックです。

直近3戦の指数は前走から順に、アネモネステークスが57.7、菜の花賞が68.2、2歳新馬が44.5となっており、菜の花賞が高評価。

前走はアネモネステークスで上がり3ハロン最速の末脚を繰り出し、粘るジネストラを差し切って快勝しました。3着以下を大きく離していたことから、実力の高さが伺えます。

桜花賞トライアルに勝ちながら、敢えて本番をパスしてここに照準を絞ってきただけに、陣営の本気度合いが伺えるのもプラス要素。

林調教師も本質的に東京競馬場向きの馬だと言っているように、今回は十分期待できると思われます。

上記の馬に続くのがグレナディアガーズ、ソングライン、ルークズネストといった馬たちです。

2歳王者グレナディアガーズ、ファルコンステークスの覇者ルークズネストにももちろん期待していますが、一番期待しているのは桜花賞が不利の影響もあって不完全燃焼に終わったソングラインです。前々走の紅梅ステークスでは1頭だけモノが違う強さを見せていただけに、今回こそ真の力を発揮してほしいところ。

ということで、本ブログではピクシーナイトを軸に、アナザーリリック、グレナディアガーズ、ソングライン、ルークズネストを相手にした馬連流しを買い目とします。


スポンサーリンク


NHKマイルカップ・過去5年の成績

続いて、NHKマイルカップの過去5年の成績を見ていきましょう。

2020年 指数 馬連 馬単 三連複 三連単
1着 11 ラウダシオン 9人気 55.7 (6位) 4,200円 11,900円 19,620円 152,750円
2着 03 レシステンシア 1人気 60.8 (3位)
3着 06 ギルデッドミラー 6人気 57.8 (5位)
2019年 指数 馬連 馬単 三連複 三連単
1着 17 アドマイヤマーズ 2人気 66.2 (1位) 17,200円 22,440円 97,390円 410,680円
2着 18 ケイデンスコール 14人気 34.2 (16位)
3着 10 カテドラル 7人気 46.9 (12位)
2018年 指数 馬連 馬単 三連複 三連単
1着 11 ケイアイノーテック 6人気 61.4 (3位) 3,140円 7,470円 21,840円 129,560円
2着 09 ギベオン 2人気 58.1 (4位)
3着 17 レッドヴェイロン 9人気 58.0 (5位)
2017年 指数 馬連 馬単 三連複 三連単
1着 16 アエロリット 2人気 64.9 (2位) 17,290円 27,730円 50,600円 296,160円
2着 14 リエノテソーロ 13人気 52.9 (7位)
3着 06 ボンセルヴィーソ 6人気 34.6 (17位)
2016年 指数 馬連 馬単 三連複 三連単
1着 04 メジャーエンブレム 1人気 61.5 (3位) 940円 1,470円 11,190円 33,030円
2着 05 ロードクエスト 2人気 68.1 (1位)
3着 18 レインボーライン 12人気 57.5 (4位)
2020年 指数
1着 11 ラウダシオン 9人気 55.7
(6位)
2着 03 レシステンシア 1人気 60.8
(3位)
3着 06 ギルデッドミラー 6人気 57.8
(5位)
馬連:4,200円  馬単:11,900円
三連複: 19,620円  三連単: 152,750円
2019年 指数
1着 17 アドマイヤマーズ 2人気 66.2
(1位)
2着 18 ケイデンスコール 14人気 34.2
(16位)
3着 10 カテドラル 7人気 46.9
(12位)
馬連:17,200円  馬単:22,440円
三連複: 97,390円  三連単: 410,680円
2018年 指数
1着 11 ケイアイノーテック 6人気 61.4
(3位)
2着 09 ギベオン 2人気 58.1
(4位)
3着 17 レッドヴェイロン 9人気 58.0
(5位)
馬連:3,140円  馬単:7,470円
三連複: 21,840円  三連単: 129,560円
2017年 指数
1着 16 アエロリット 2人気 64.9
(2位)
2着 14 リエノテソーロ 13人気 52.9
(7位)
3着 06 ボンセルヴィーソ 6人気 34.6
(17位)
馬連:17,290円  馬単:27,730円
三連複: 50,600円  三連単: 296,160円
2016年 指数
1着 04 メジャーエンブレム 1人気 61.5
(3位)
2着 05 ロードクエスト 2人気 68.1
(1位)
3着 18 レインボーライン 12人気 57.5
(4位)
馬連:940円  馬単:1,470円
三連複: 11,190円  三連単: 33,030円

まぁ基本的には荒れるGIだと思っていた方が良いですね。かつてはシンガリ人気とブービー人気が両方馬券内に来たことすらありますからね・・・。

ここ3年の勝ち馬は、いずれも前年の朝日杯フューチュリティステークスに出走していました。かつ、そこで惨敗していた馬も含まれます。その傾向からすると、グレナディアガーズだけでなく、バスラットレオンホウオウアマゾンも抑えるのが良さそうです。

また、もう一つの特徴的な傾向として直近5年間で3着内に来た馬は、2016年の2着馬だったロードクエストを除くと、いずれも前走で2着~5着だった馬になります。(つまり1着だった馬もいませんが、掲示板外に飛んだ馬もロードクエストを除いていません。)今回該当する馬は結構いますが、それらの馬でBOXを買ってみるのも面白いかもしれません。

本来は皐月賞や桜花賞で上位だった馬から買うのがセオリーなのですが、今年は該当馬がいないのでツライところですね。

東京競馬場・芝1600mの特徴から見た推奨馬・危険な馬

最後に、東京競馬場の芝1600mの特徴から推奨馬や危険な馬を考えてみたいと思います。

馬番別実績で最も好成績なのは6番枠になります。今回この枠に入ったシティレインボーは期待できるかもしれません。

逆に、15番枠や17番枠は成績があまり良くありませんので、シュネルマイスターグレイイングリーンにはちょっと都合の良くないデータになるでしょうか。

一方で、東京競馬場の芝1600mは、中山競馬場の芝2000mと好相性だったりもするので、なんだかんだで前走の弥生賞で2着だったシュネルマイスターは抑えざるをえないかも・・・。

おわりに

NHKマイルカップの予想をご覧いただきありがとうございました。

基本的に荒れるGIとして有名ですが、ここはピクシーナイトの巻き返しに期待したいと思います。また、ここに狙いを定めてきたアナザーリリックも十分狙えると思います。

以上です。他の重賞予想は今週の競馬予想(重賞)をご参照ください。


スポンサーリンク