青嵐賞の予想 – 指数を使った競馬予想

今週の日曜日に東京競馬場で行われる青嵐賞の予想を公開します。なお、出走馬および枠順が確定する前の情報になります。

青嵐賞の予想

本ブログでは独自の指数を使った予想を公開しています。青嵐賞の出走各馬の指数は下表の通りです。

1位 マイネルコロンブス 52.1 7位 ドリームスピリット 38.7
2位 タイセイモンストル 51.5 8位 リーヴル 37.8
3位 エドノフェリーチェ 50.8 9位 ダイイチターミナル 24.0
4位 マイネルステレール 50.3 10位 フラッフィーベア 23.7
5位 アイブランコ 42.6 11位 サイモンサーマル 20.6
6位 サトノシリウス 39.1
1位 マイネルコロンブス 52.1
2位 タイセイモンストル 51.5
3位 エドノフェリーチェ 50.8
4位 マイネルステレール 50.3
5位 アイブランコ 42.6
6位 サトノシリウス 39.1
7位 ドリームスピリット 38.7
8位 リーヴル 37.8
9位 ダイイチターミナル 24.0
10位 フラッフィーベア 23.7
11位 サイモンサーマル 20.6

指数1位はマイネルコロンブスです。

直近4戦の指数は前走から順に、陣馬特別が42.1、奥の細道特別が58.0、皿倉山特別が60.4、4歳上1勝クラスが47.9となっています。

今年に入ってから安定した走りを見せており、特に前走は同じ東京競馬場・芝2400mのレースで2着に来ているのが好材料。

芝の2400m戦は4戦1勝・2着1回・5着2回と掲示板を外したことが無く、得意としています。今回も上位争いは必至でしょう。

指数2位はタイセイモンストルです。

直近4戦の指数は前走から順に、千里山特別が59.4、4歳上1勝クラスが48.7、呼子特別が40.7、3歳上1勝クラスが57.4となっています。

前走は昇級初戦で7着に敗れましたが、着差は0.5秒差でしたし、大外枠だったことを踏まえると善戦したと言えます。

前走よりもメンバーのレベルが落ちるここでは、十分巻き返しが可能だと思われます。

上記の馬に続くのがエドノフェリーチェ、マイネルステレール、アイブランコといった馬たちです。

特に、東京競馬場のレースでは5戦して3回馬券内に来ているエドノフェリーチェには今回も期待したいところ。


スポンサーリンク


東京競馬場・芝2400mの特徴から見た推奨馬・危険な馬

次に、東京競馬場の芝2400mの特徴から推奨馬や危険な馬を考えてみたいと思います。

東京競馬場の芝2400mは、中京競馬場の芝2200mと好相性になります。前々走にそのコースで行われた4歳上1勝クラスのレースに勝ったタイセイモンストルは期待できそうです。

また、新潟競馬場の芝2000m(外回り)とも好相性になりますので、前走に春日山特別を快勝しているアイブランコにとっては好材料。

逆に、新潟競馬場の芝2400mとは相性があまり良くないようです。前々走に奥の細道特別で5着だったマイネルコロンブスは果たして・・・。

おわりに

青嵐賞の予想をご覧いただきありがとうございました。

ダービーデー恒例のレースとして有名な青嵐賞ですが、ダービーと同じコースで行われるため、注目度も必然的に高くなります。

本ブログではマイネルコロンブスを軸に、タイセイモンストル、エドノフェリーチェ、マイネルステレール、アイブランコを相手にした三連複流しを買い目とします。

以上です。他のレースの予想は今週の競馬予想をご参照ください。


スポンサーリンク