阪神競馬場 芝1800mの特徴 – ローズSや毎日杯で狙うべき馬の探し方

阪神競馬場の芝1800mの特徴を、統計情報を基に見ていきたいと思います。

ローズステークスや毎日杯といったレースが行われるこのコースですが、その特徴を様々な観点からチェックしていきましょう。

阪神競馬場・芝1800mの馬番別実績

まず、本コースにおける枠順の有利・不利を確認してみたいと思います。

なお、馬番別実績は各馬番毎の勝率・連対率・3着内率に加えて、3着内率については期待値と実績の差分である「偏差」も掲載しています。そして、枠順の有利・不利はこの「偏差」がプラスかマイナスかで評価することになります。

なぜなら、単純に集計すると外枠の勝率・連対率・3着内率は内枠と比較して必ず成績が悪くなるためです。詳しくは こちら をご覧ください。

阪神競馬場の芝1800mの馬番別実績は下表の通りです。(集計対象は2006~2020年です。)

馬番勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
出走頭数偏差
[%]
017.816.223.3618-0.6
029.717.325.26181.3
037.616.625.46191.4
047.717.627.36203.4
057.912.921.0620-2.9
067.817.525.56161.8
077.014.722.4612-1.1
088.214.523.76000.5
096.613.519.4576-3.2
106.714.421.1521-0.4
116.314.921.74751.1
128.514.419.1423-0.6
136.511.217.2367-1.8
145.612.818.73210.3
155.711.819.02791.1
166.811.117.4235-0.1
176.19.114.6164-2.3
184.413.320.01353.2

一概に内枠と外枠どっちが有利とは言えなさそうです。

好成績を挙げているのは、勝率だと2番枠、連帯率や3着内率だと4番枠や大外18番枠あたりになります。ちなみに、毎日杯では2016年~2020年の5年間で、2番枠の馬が3回連対しています。(全部2着ですが・・・。)

逆に、成績が悪いのは5番枠や9番枠になります。まぁたとえば毎日杯のように例年少頭数になるレースだとあまり気にする必要は無い(実際に5番枠の馬はよく馬券に絡む)と思われますが、他頭数のレースでは少し意識した方が良いかもしれません。

阪神競馬場・芝1800mと相性の良いレースコース

続いて、本コースと相性の良いレースコースを見ていきたいと思います。

相性の良さとは具体的にどういうことなのかですが、ここではどのようなレースコースで好走した馬が、阪神競馬場の芝1800mでも好走する確率が高いのか、という観点で情報を見ていきたいと思います。

具体的には、過去3走以内に○○というレースコースで5着以内に入った馬が阪神競馬場の芝1800mで走った場合の勝率・連対率・3着内率を見ていきたいと思います。

それでは、阪神競馬場の芝1800mと相性の良いレースコースを見ていきましょう。(集計対象は2006~2020年です。)


◎◎◎阪神芝1800外と相性の良いレースコース◎◎◎
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
新潟芝1600外
で5着以内に入った馬の成績
15.7%26.9%38.0%108
3走前までに
中京芝1600
で5着以内に入った馬の成績
15.1%24.4%34.5%119
3走前までに
阪神芝1800外
で5着以内に入った馬の成績
13.9%27.0%38.3%755
3走前までに
阪神芝1600外
で5着以内に入った馬の成績
13.2%27.2%36.0%522
3走前までに
東京芝1800
で5着以内に入った馬の成績
13.0%23.0%33.9%239
3走前までに
阪神芝2000
で5着以内に入った馬の成績
12.9%22.6%33.8%420
3走前までに
京都芝1600外
で5着以内に入った馬の成績
12.8%28.8%40.3%226
3走前までに
京都芝1800外
で5着以内に入った馬の成績
12.3%24.7%36.3%886
3走前までに
中京芝2000
で5着以内に入った馬の成績
12.1%23.8%35.0%206
3走前までに
東京芝2000
で5着以内に入った馬の成績
11.2%25.2%37.1%143

サンプル数が少ないものも含めると結構たくさんありますが、とりあえず阪神競馬場の芝1600m、芝1800m、芝2000mという近い距離(もしくは同コース)についてはいずれも相性が良いようです。阪神巧者が好走しやすいコースなのでしょうね。

その他、3着内率が40%を超えている京都競馬場の芝1600m(外回り)や、あるいは同じく京都競馬場の芝1800m、東京競馬場の芝1800mや芝2000mとの相性の良さは覚えておくと良いかもしれません。

たとえば毎日杯はきさらぎ賞組が好走することの多いレースだったりするので、このコースで行われるレースの予想の際には、各馬の臨戦過程に注目する必要がありそうです。


スポンサーリンク


阪神競馬場・芝1800mと相性の悪いレースコース

さらに、本コースと相性の悪いレースコースを見ていきたいと思います。

先程と真逆で、ここではどのようなレースコースで好走した馬が阪神競馬場の芝1800mだと好走する確率が低いのか、言い換えると、好走歴があてにならないレースコースはどれか、という観点で情報を見ていきたいと思います。

阪神競馬場の芝1800mと相性の悪いレースコースは以下の通りです。(集計対象は2006~2020年です。)

×××阪神芝1800外と相性の悪いレースコース×××
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
小倉芝2000
で5着以内に入った馬の成績
7.2%15.7%26.2%363
3走前までに
小倉芝1800
で5着以内に入った馬の成績
8.6%17.8%28.5%608
3走前までに
阪神芝1400
で5着以内に入った馬の成績
8.7%19.2%27.9%104

極端に成績が悪いというわけでもないのですが、小倉競馬場の芝1800mと芝2000mはあまり相性が良くないようです。夏競馬から秋の阪神開催に移る際には、少し意識をした方が良いのかもしれません。

阪神競馬場・芝1800mの位置取り別実績

最後に、位置取りの有利・不利についても見ていきたいと思います。

本ブログでは、位置取り別の成績として残り600m地点での先頭との差毎の勝率・連対率・3着内率を掲載します。(集計対象は2006~2020年です。ただし、新馬・未勝利戦は除いています。)

阪神競馬場の芝1800mの位置取り別実績は下表の通りです。

残り600m地点での先頭との差勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
頭数
タイム差無し10.520.732.6430
半馬身〜2馬身9.218.626.2952
2馬身超〜4馬身9.118.127.01372
4馬身超〜6馬身7.413.219.3796
6馬身超〜8馬身3.510.018.3458
8馬身超〜10馬身5.08.612.7221
10馬身超2.56.811.8237

直線の長い外回りコースだけあって、逃げ馬が圧倒的に有利というわけでもなさそうです。(内回りの芝2000mと比較してみるとわかりやすいですね。ちなみに芝2000mにおける残り600m地点で先頭~半馬身未満の位置にいる馬の成績は、勝率19.0%・連対率32.9%・3着内率42.7%です。)

連対を狙う上では残り600m地点で4馬身差以内であれば十分勝負になるようです。また、3着内率についてはどのポジションでも二桁あるので、紐についてはどの脚質の馬でも狙えると言ってよいでしょう。

おわりに

今回は阪神競馬場の芝1800mについて、その特徴を統計情報と併せて見てきました。

ローズステークスや毎日杯といった重賞が行われるコースになりますが、基本的には阪神巧者が活躍しやすい舞台だと言えそうです。あるいは京都競馬場や東京競馬場の近い距離のレースとも好相性なため、予想の際には各馬の臨戦過程に注目すると良いかもしれません。

以上です。阪神競馬場の他のコースの特徴は阪神競馬場の特徴をご参照ください。


スポンサーリンク