阪神競馬場 芝1200mの特徴 – セントウルSやマーガレットSで狙うべき馬の探し方

阪神競馬場の芝1200mの特徴を、統計情報を基に見ていきたいと思います。

セントウルステークスやマーガレットステークスといったレースが行われるこのコースですが、その特徴を様々な観点からチェックしていきましょう。

阪神競馬場・芝1200mの馬番別実績

まず、本コースにおける枠順の有利・不利を確認してみたいと思います。

なお、馬番別実績は各馬番毎の勝率・連対率・3着内率に加えて、3着内率については期待値と実績の差分である「偏差」も掲載しています。そして、枠順の有利・不利はこの「偏差」がプラスかマイナスかで評価することになります。

なぜなら、単純に集計すると外枠の勝率・連対率・3着内率は内枠と比較して必ず成績が悪くなるためです。詳しくは こちら をご覧ください。

阪神競馬場の芝1200mの馬番別実績は下表の通りです。(集計対象は2006~2020年です。)

馬番勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
出走頭数偏差
[%]
017.116.523.83400.7
029.017.528.03324.9
038.918.024.03380.9
0410.017.124.83391.7
059.217.224.33371.3
065.314.820.7338-2.4
079.215.224.73361.8
087.313.021.5331-1.2
096.213.419.4320-2.7
108.513.820.7305-0.9
114.513.219.9287-1.1
126.311.919.0269-1.6
135.113.619.1236-0.8
148.213.519.2208-0.2
151.77.815.6180-3.6
166.912.521.51442.7

全体的に内枠有利・外枠不利なコースと言えそうです。

好成績を挙げているのは、勝率・連対率基準だと2番枠~5番枠あたりでしょうか。また、3着内率は2番枠がかなり良いですね。ちなみに、マーガレットステークスは2018年~2020年に5番枠の馬が3連覇を果たすという偉業(?)を成し遂げています。(このレースはどういうわけか1400m時代も含めると5番枠と6番枠の馬がめっちゃ来るレースです。)

逆に、成績が悪いのは9番枠や15番枠になります。特に、15番枠の勝率1.7%や連帯率7.8%というのは記録的な数字の悪さですね。サンプル数が少ないとは言え、他頭数の場合は意識しておいた方が良さそうです。

阪神競馬場・芝1200mと相性の良いレースコース

続いて、本コースと相性の良いレースコースを見ていきたいと思います。

相性の良さとは具体的にどういうことなのかですが、ここではどのようなレースコースで好走した馬が、阪神競馬場の芝1200mでも好走する確率が高いのか、という観点で情報を見ていきたいと思います。

具体的には、過去3走以内に○○というレースコースで5着以内に入った馬が阪神競馬場の芝1200mで走った場合の勝率・連対率・3着内率を見ていきたいと思います。

それでは、阪神競馬場の芝1200mと相性の良いレースコースを見ていきましょう。(集計対象は2006~2020年です。)


◎◎◎阪神芝1200と相性の良いレースコース◎◎◎
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
東京芝1400
で5着以内に入った馬の成績
15.9%28.0%34.1%82
3走前までに
阪神芝1400
で5着以内に入った馬の成績
14.1%30.8%41.9%234

サンプル数からすると実用的なデータは同じ阪神競馬場の芝1400mとの相性の良さでしょうか。連対率は30%超、3着内率は40%超と、数字上は抜群の相性なので、この傾向は頭に入れておいた方が良さそうです。


スポンサーリンク


阪神競馬場・芝1200mと相性の悪いレースコース

さらに、本コースと相性の悪いレースコースを見ていきたいと思います。

先程と真逆で、ここではどのようなレースコースで好走した馬が阪神競馬場の芝1200mだと好走する確率が低いのか、言い換えると、好走歴があてにならないレースコースはどれか、という観点で情報を見ていきたいと思います。

阪神競馬場の芝1200mと相性の悪いレースコースは以下の通りです。(集計対象は2006~2020年です。)

×××阪神芝1200と相性の悪いレースコース×××
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
函館芝1200
で5着以内に入った馬の成績
7.6%14.1%18.5%92
3走前までに
中山芝1200外
で5着以内に入った馬の成績
9.1%19.3%27.8%176

まず、函館競馬場の芝1200m戦との相性の悪さが挙げられます。サンプル数は少ないのであくまで参考程度ではありますが、たとえば函館スプリントステークスを経てセントウルステークスに出走してくる馬はそれなりにいますので、その時に少し意識する感じでしょうか。

その他、極端に成績が悪いわけではないですが、中山競馬場の芝1200mで好走してから本コースのレースに出走してきた馬の成績は、あまり冴えないようです。

阪神競馬場・芝1200mの位置取り別実績

最後に、位置取りの有利・不利についても見ていきたいと思います。

本ブログでは、位置取り別の成績として残り600m地点での先頭との差毎の勝率・連対率・3着内率を掲載します。(集計対象は2006~2020年です。ただし、新馬・未勝利戦は除いています。)

阪神競馬場の芝1200mの位置取り別実績は下表の通りです。

残り600m地点での先頭との差勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
頭数
タイム差無し19.529.940.7241
半馬身〜2馬身10.922.232.0532
2馬身超〜4馬身8.315.923.5830
4馬身超〜6馬身3.89.515.2580
6馬身超〜8馬身2.17.113.6425
8馬身超〜10馬身1.75.99.3237
10馬身超1.01.02.1195

やはりスプリント戦になりますので、前目のポジションの馬ほど好成績を残しているようです。

特に、残り600m地点で先頭やそこから半馬身未満の位置にいる馬の成績が凄いですね。逆に、連対を狙うのであれば残り600m地点で先頭から4馬身以内の位置にいないと少々厳しくなってくるようです。勝率についてはその傾向が顕著です。

他の多くの短距離コースと同様に、迷ったら基本的には前目の位置で競馬をする馬を優先するのが良さそうです。

おわりに

今回は阪神競馬場の芝1200mについて、その特徴を統計情報と併せて見てきました。

セントウルステークスやマーガレットステークスといったレースが行われるコースになりますが、全体的な傾向としては内枠有利・外枠不利と言うことができそうです。(ただ、セントウルステークスは例年あまりその傾向が見られませんが・・・。)その他、ポジショニングが重要なコースになりますので、原則として前目の位置取りで競馬をする馬を優先してチョイスしていくのが良いのかもしれません。

以上です。阪神競馬場の他のコースの特徴は阪神競馬場の特徴をご参照ください。


スポンサーリンク