阪神競馬場 ダート2000mの特徴 – シリウスSや仁川Sで狙うべき馬の探し方

阪神競馬場のダート2000mの特徴を、統計情報を基に見ていきたいと思います。

シリウスステークスや仁川ステークスといったレースが開催されるコースになりますが、その特徴を様々な観点からチェックしていきましょう。

阪神競馬場・ダート2000mの馬番別実績

まず、本コースにおける枠順の有利・不利を確認してみたいと思います。

なお、馬番別実績は各馬番毎の勝率・連対率・3着内率に加えて、3着内率については期待値と実績の差分である「偏差」も掲載しています。そして、枠順の有利・不利はこの「偏差」がプラスかマイナスかで評価することになります。

なぜなら、単純に集計すると外枠の勝率・連対率・3着内率は内枠と比較して必ず成績が悪くなるためです。詳しくは こちら をご覧ください。

阪神競馬場のダート2000mの馬番別実績は下表の通りです。(集計対象は2006~2020年です。)

馬番勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
出走頭数偏差
[%]
014.88.614.8209-8.7
027.213.422.5209-1.0
036.715.422.1208-1.4
048.716.424.62071.2
056.716.827.92084.3
066.820.427.72064.2
0712.417.221.5209-2.0
086.814.122.9205-0.3
097.612.620.7198-2.0
109.017.622.31880.0
117.614.024.41723.0
128.915.825.91585.0
135.816.824.81374.6
147.714.521.41171.7
155.512.114.391-4.9
165.110.312.878-6.2

サンプル数が少ないという前提にはなりますが、枠順による有利・不利が激しいコースと言えそうです。グラフを見ると、M字型になっていますね。

まず、最内枠となる1番枠が非常に成績が悪いですね。連対率が二桁いかないというのは他でもあまり見ないレベルの成績の悪さです。(でも仁川ステークスは1番枠の馬が割と来るんですけどね。)

また、さらにサンプル数は少なくなりますが、大外枠となる16番枠やその隣の15番枠も非常に成績が良くありません。

一方で、勝率で見ると7番枠が突出して高い数字を残しています。もっとも、連対率や3着内率はそれほどでもない(むしろ悪いくらい)なので、扱いがやや難しいところはありますが。

その他、5番枠、6番枠や11番枠、12番枠、13番枠も好成績を残しています。

阪神競馬場・ダート2000mと相性の良いレースコース

続いて、本コースと相性の良いレースコースを見ていきたいと思います。

相性の良さとは具体的にどういうことなのかですが、ここではどのようなレースコースで好走した馬が、阪神競馬場のダート2000mでも好走する確率が高いのか、という観点で情報を見ていきたいと思います。

具体的には、過去3走以内に○○というレースコースで5着以内に入った馬が阪神競馬場のダート2000mで走った場合の勝率・連対率・3着内率を見ていきたいと思います。

それでは、阪神競馬場のダート2000mと相性の良いレースコースを見ていきましょう。(集計対象は2006~2020年です。)


◎◎◎阪神ダ2000と相性の良いレースコース◎◎◎
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
京都ダ1900
で5着以内に入った馬の成績
13.1%23.4%36.9%312
3走前までに
阪神ダ2000
で5着以内に入った馬の成績
12.5%24.0%35.4%288

好相性だと言えるコースは2つあります。

一つ目は、京都競馬場のダート1900mとなります。ただ、京都競馬場は現在改装工事中なので、このデータはしばらく使えないですね・・・。

二つ目は、同じ舞台、つまり阪神競馬場のダート2000mになります。このコースで好走した馬は、再度同じコースで好走する確率が高いようですね。

たとえばピオネロはシリウスステークスや仁川ステークスで度々好走していましたね。アングライフェンも仁川ステークスで好走した後、同じ年のシリウスステークスで人気薄で突っ込んできました。

阪神競馬場・ダート2000mと相性の悪いレースコース

さらに、本コースと相性の悪いレースコースを見ていきたいと思います。

先程と真逆で、ここではどのようなレースコースで好走した馬が阪神競馬場のダート2000mだと好走する確率が低いのか、言い換えると、好走歴があてにならないレースコースはどれか、という観点で情報を見ていきたいと思います。

阪神競馬場のダート2000mと相性の悪いレースコースは以下の通りです。(集計対象は2006~2020年です。)

×××阪神ダ2000と相性の悪いレースコース×××
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
函館ダ1700
で5着以内に入った馬の成績
4.3%8.7%17.4%46
3走前までに
中山ダ1800
で5着以内に入った馬の成績
5.9%15.6%28.1%135
3走前までに
中京ダ1800
で5着以内に入った馬の成績
9.0%17.2%29.9%134

サンプル数が非常に少ないのであくまで参考程度ですが、函館競馬場のダート1700mとは相性が悪いようですね。連対率が一桁というのは、中々の成績の悪さです。

その他、極端に成績が悪いわけではありませんが、中山競馬場や中京競馬場のダート1800mとの相性があまり良くないようです。

阪神競馬場・ダート2000mの位置取り別実績

最後に、位置取りの有利・不利についても見ていきたいと思います。

本ブログでは、位置取り別の成績として残り600m地点での先頭との差毎の勝率・連対率・3着内率を掲載します。(集計対象は2006~2020年です。ただし、新馬・未勝利戦は除いています。)

阪神競馬場のダート2000mの位置取り別実績は下表の通りです。

残り600m地点での先頭との差勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
頭数
タイム差無し11.621.329.8225
半馬身〜2馬身13.828.038.1465
2馬身超〜4馬身8.716.725.4714
4馬身超〜6馬身3.08.314.6460
6馬身超〜8馬身5.18.814.6294
8馬身超〜10馬身0.61.95.8154
10馬身超0.91.84.6109

基本的には前目のポジションの馬ほど好成績を残しているようです。

一方で、ダートにしては距離が長いこともあるのか他のダートコースとは異なり、残り600m地点で先頭にいるよりも、そこから半馬身~二馬身程度後ろにいる馬が最も好成績を残しています。

他のダートコースは大抵残り600m地点で先頭かそこから半馬身未満の位置にいる馬が最も好成績なので、少し特徴が異なるようです。

一方で、連対を狙おうとすると残り600m地点で4馬身以内の位置にいるか、そうでないかで極端に成績が変わってくるのも特徴です。また、8馬身を超えて離されていると、3着に入るのも苦しくなってくるようです。

要すれば、先行馬を狙いたいコースですね。

おわりに

今回は阪神競馬場のダート2000mについて、その特徴を統計情報と併せて見てきました。

シリウスステークスや仁川ステークスといったレースが多く行われるコースになりますが、大きな特徴として枠順による有利・不利が激しいことが挙げられます。

また、先行馬を積極的に狙っていきたいコースでもあります。理想は逃げ馬よりも少し後ろ目のポジションをキープできるような馬ですね。

以上です。阪神競馬場の他のコースの特徴は阪神競馬場の特徴をご参照ください。


スポンサーリンク