阪神競馬場 ダート1400mの特徴 – コーラルSやギャラクシーSで狙うべき馬の探し方

阪神競馬場のダート1400mの特徴を、統計情報を基に見ていきたいと思います。

コーラルステークスやギャラクシーステークスといった、リステッド競走、オープン特別競争が開催されるコースになりますが、その特徴を様々な観点からチェックしていきましょう。

阪神競馬場・ダート1400mの馬番別実績

まず、本コースにおける枠順の有利・不利を確認してみたいと思います。

なお、馬番別実績は各馬番毎の勝率・連対率・3着内率に加えて、3着内率については期待値と実績の差分である「偏差」も掲載しています。そして、枠順の有利・不利はこの「偏差」がプラスかマイナスかで評価することになります。

なぜなら、単純に集計すると外枠の勝率・連対率・3着内率は内枠と比較して必ず成績が悪くなるためです。詳しくは こちら をご覧ください。

阪神競馬場のダート1400mの馬番別実績は下表の通りです。(集計対象は2006~2020年です。)

馬番勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
出走頭数偏差
[%]
015.210.917.31027-2.8
026.011.718.11027-2.0
035.711.418.71031-1.4
046.513.621.010310.8
057.714.320.310250.2
065.712.019.41027-0.7
075.312.818.51026-1.6
086.213.419.01029-1.1
097.714.120.01027-0.1
108.115.022.410182.4
116.612.617.81003-2.0
126.915.222.19802.5
136.915.023.19403.7
148.815.022.28982.9
155.812.318.7838-0.3
167.212.719.77320.8

芝スタートのダートコースに一般的な、内枠不利・外枠有利の傾向が見て取れますね。

そんなわけで1番枠~3番枠は成績が良くありません。特に、コーラルステークスは阪神競馬場の改修以降、つまり2007年以降で1番枠の馬が馬券内に来たのは1回しかありません。(2009年のアンクルリーサムの3着のみ。)

一方で、好成績なのは10番枠、12番枠、13番枠、14番枠あたりになります。まぁ迷ったら外枠の馬を優先するのが良さそうなコースですね。

阪神競馬場・ダート1400mと相性の良いレースコース

続いて、本コースと相性の良いレースコースを見ていきたいと思います。

相性の良さとは具体的にどういうことなのかですが、ここではどのようなレースコースで好走した馬が、阪神競馬場のダート1400mでも好走する確率が高いのか、という観点で情報を見ていきたいと思います。

具体的には、過去3走以内に○○というレースコースで5着以内に入った馬が阪神競馬場のダート1400mで走った場合の勝率・連対率・3着内率を見ていきたいと思います。

それでは、阪神競馬場のダート1400mと相性の良いレースコースを見ていきましょう。(集計対象は2006~2020年です。)


◎◎◎阪神ダ1400と相性の良いレースコース◎◎◎
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
東京ダ1600
で5着以内に入った馬の成績
16.4%27.5%37.6%335
3走前までに
京都芝1600
で5着以内に入った馬の成績
15.1%28.1%40.4%146
3走前までに
京都ダ1400
で5着以内に入った馬の成績
13.2%24.0%34.3%2707
3走前までに
中京ダ1400
で5着以内に入った馬の成績
12.8%24.2%33.6%611
3走前までに
阪神ダ1400
で5着以内に入った馬の成績
12.7%25.3%36.8%2521
3走前までに
小倉ダ1700
で5着以内に入った馬の成績
11.9%24.4%34.0%430

好成績の筆頭は東京競馬場のダート1600mになります。距離も近く、同じ芝スタートという共通点のあるコースになります。特に関東馬が阪神競馬場に遠征してきた際には、東京ダート1600mの好走歴が無いかに注目すると良いかもしれません。

その他、同じ阪神競馬場だけでなく、京都競馬場、中京競馬場のダート1400mと好相性なようです。つまるところ、1400m巧者を狙えということですね。(ただ、京都競馬場は現在改装工事中なので直近では使えないデータですが・・・。)

また、意外ですが京都競馬場の芝1600m(ただし内回り)とも好相性なようです。


スポンサーリンク


阪神競馬場・ダート1400mと相性の悪いレースコース

さらに、本コースと相性の悪いレースコースを見ていきたいと思います。

先程と真逆で、ここではどのようなレースコースで好走した馬が阪神競馬場のダート1400mだと好走する確率が低いのか、言い換えると、好走歴があてにならないレースコースはどれか、という観点で情報を見ていきたいと思います。

阪神競馬場のダート1400mと相性の悪いレースコースは以下の通りです。(集計対象は2006~2020年です。)

×××阪神ダ1400と相性の悪いレースコース×××
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
小倉ダ1000
で5着以内に入った馬の成績
5.6%15.1%17.3%179
3走前までに
中山ダ1200
で5着以内に入った馬の成績
6.6%12.9%18.5%303
3走前までに
中京ダ1200
で5着以内に入った馬の成績
8.8%15.9%24.2%182
3走前までに
京都ダ1200
で5着以内に入った馬の成績
9.2%17.7%27.9%980

まず、小倉競馬場のダート1000mと、中山競馬場のダート1200mとの相性がかなり良くないようです。特に中山競馬場は同じ芝スタートのコースだったりもするわけですが、それはあまり関係が無いみたいですね。

また、中京競馬場と京都競馬場のダート1200mもあまり相性が良くないようです。両競馬場ともダート1400mは好相性なだけに、200mの違いでここまで差が出るのは少々驚きですね。

阪神競馬場・ダート1400mの位置取り別実績

最後に、位置取りの有利・不利についても見ていきたいと思います。

本ブログでは、位置取り別の成績として残り600m地点での先頭との差毎の勝率・連対率・3着内率を掲載します。(集計対象は2006~2020年です。ただし、新馬・未勝利戦は除いています。)

阪神競馬場のダート1400mの位置取り別実績は下表の通りです。

残り600m地点での先頭との差勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
頭数
タイム差無し13.724.632.8634
半馬身〜2馬身12.923.732.81376
2馬身超〜4馬身7.214.422.22192
4馬身超〜6馬身4.910.716.61519
6馬身超〜8馬身3.27.612.61255
8馬身超〜10馬身1.95.510.7835
10馬身超1.43.25.8709

やはりダートコースの短距離ということで、前目のポジションの馬ほど好成績なのは間違いありません。

具体的には、残り600m地点で先頭から2馬身以内の位置にいるような馬を積極的に買いたいコースになります。

逆に、残り600m地点で6馬身以内の位置にはいないと、連対するのがかなり厳しくなってくるようです。それでも差し・追い込み馬を買いたいのであれば、展開が向くかどうか等もよく考えたいところですね。

おわりに

今回は阪神競馬場のダート1400mについて、その特徴を統計情報と併せて見てきました。

コーラルステークス、ギャラクシーステークス、エニフステークス、ポラリスステークス、天保山ステークスと、リステッド競走を含むオープン特別のレースが多く行われるコースになりますが、基本的にはダート1400m巧者を狙うのが良さそうです。

また、芝スタートだけあって内枠不利・外枠有利の傾向があることも意識しておきたいですね。加えて、迷ったら逃げ・先行馬を優先して買い目に入れるのが良さそうです。

以上です。阪神競馬場の他のコースの特徴は阪神競馬場の特徴をご参照ください。


スポンサーリンク