阪神競馬場 芝1400mの特徴 – 阪神Cやフィリーズレビューで狙うべき馬の探し方

阪神競馬場の芝1400mの特徴を、統計情報を基に見ていきたいと思います。

阪神競馬場・芝1400mの馬番別実績

はじめに、枠順の有利・不利を見ていきたいと思います。

なお、馬番別実績は各馬番毎の勝率・連対率・3着内率に加えて、3着内率については期待値と実績の差分である「偏差」も掲載しています。そして、枠順の有利・不利はこの「偏差」がプラスかマイナスかで評価することになります。

なぜなら、単純に集計すると外枠の勝率・連対率・3着内率は内枠と比較して必ず成績が悪くなるためです。詳しくは こちら をご覧ください。

阪神競馬場・芝1400mの馬番別実績は下表の通りです。(集計対象は2006~2020年です。)

馬番勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
出走頭数偏差
[%]
017.615.621.3564-0.1
028.014.922.45621.1
038.014.223.75622.3
0410.017.226.15594.8
058.313.721.3563-0.1
066.815.123.55622.1
075.714.420.5557-0.9
087.014.722.55561.2
098.316.021.05430.3
106.713.118.8521-1.3
115.913.619.3492-0.3
123.78.915.9460-3.2
134.811.015.8417-2.7
145.711.917.8387-0.3
153.77.113.0354-4.8
163.610.416.3307-1.1
177.011.417.52280.6
187.011.916.4201-0.4

バラツキはありますが、全体的に内枠が有利、外枠が不利という傾向がありそうです。もっと言うと、最内よりもやや外目の枠が最も成績が良く、大外よりもやや内目の枠が最も成績が悪い、ということが見て取れます。

本コースで行われる重賞でも、2017年の阪神杯で2番枠・4番枠の馬で決まり馬連万馬券がさく裂したり、2018年の阪急カップで5番以内の枠の馬が上位を独占し大波乱を演出したりと、内枠の馬は人気に関係無く突っ込んでくることがあります。

枠順の有利・不利の傾向は、覚えておいて損は無いと思います。

阪神競馬場・芝1400mと相性の良いレースコース

次に、本コースと相性の良いレースコースを見ていきたいと思います。

ここでの相性の良さとは、どのようなレースコースで好走した馬が、阪神競馬場の芝1400mでも好走する確率が高いのか、という意味になります。

具体的には、過去3走以内に○○というレースコースで5着以内に入った馬が、阪神競馬場の芝1400mで走った場合に、勝率・連対率・3着内率が各々どのくらいかを見ていきたいと思います。

阪神競馬場の芝1400mと相性の良いレースコースは以下の通りとなります。(集計対象は2006~2020年です。)


◎◎◎阪神芝1400と相性の良いレースコース◎◎◎
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
中京芝1400
で5着以内に入った馬の成績
14.2%26.0%33.9%339
3走前までに
京都芝1600
で5着以内に入った馬の成績
12.6%26.1%36.8%310
3走前までに
阪神芝1600外
で5着以内に入った馬の成績
12.0%25.8%35.4%449
3走前までに
京都芝1600外
で5着以内に入った馬の成績
11.2%22.8%37.3%268

数字上、相性の良いレースコースは上記の4コースになります。

特に、京都競馬場のマイル戦は内回り、外回りに関係無く、本コースと好相性であることがわかります。と言っても、京都競馬場は長い間改装工事が続くので、しばらくこのデータは使えませんが。

ということで、当面の間注目すべきは、中京競馬場の芝1400m戦と、同じ阪神競馬場の芝1600m戦で好走した馬になります。そういえば、2019年・2020年の阪神カップはいずれも阪神芝1600mでGIを勝った馬(グランアレグリアとダノンファンタジー)が優勝していますので、そういった事実からも相性の良さが伺えますね。


スポンサーリンク


阪神競馬場・芝1400mと相性の悪いレースコース

続いて、本コースと相性の悪いレースコースを見ていきたいと思います。

ここではどのようなレースコースで好走した馬だと、逆に阪神競馬場の芝1400mで好走する確率が低いのか、言い換えると、好走歴があてにならないレースコースはどれか、という観点で情報を見ていきたいと思います。

阪神競馬場の芝1400mと相性の悪いレースコースは以下の通りです。(集計対象は2006~2020年です。)

×××阪神芝1400と相性の悪いレースコース×××
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
小倉芝1200
で5着以内に入った馬の成績
7.5%15.0%22.8%746
3走前までに
京都芝1200
で5着以内に入った馬の成績
9.3%19.7%26.7%356

ご覧の通り、相性が悪いレースコースは2つですね。特に小倉競馬場の芝1200mは相性が悪いようです。変則開催を除くと、小倉開催の後に阪神開催が始まるパターンは多いので、この傾向は意識しておくと良いかもしれません。

阪神競馬場・芝1400mの位置取り別実績

最後に、位置取りの有利・不利についても見ていきたいと思います。

本ブログでは、位置取り別の成績として残り600m地点での先頭との差毎の勝率・連対率・3着内率を掲載します。(集計対象は2006~2020年です。ただし、新馬・未勝利戦は除いています。)

阪神競馬場の芝1400mの位置取り別実績は下表の通りです。

残り600m地点での先頭との差勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
頭数
タイム差無し16.623.930.3373
半馬身〜2馬身8.316.624.8940
2馬身超〜4馬身7.315.624.61485
4馬身超〜6馬身6.213.418.7980
6馬身超〜8馬身2.96.810.8659
8馬身超〜10馬身1.84.210.2333
10馬身超1.02.93.8210

短距離のコースだけあり、残り600m地点で先頭ないしほぼ同じ位置にいる馬の成績が突出して良いのがわかります。

逆に、それより後ろの馬については6馬身差以内までであれば大差が無いようです。もっとも、6馬身よりも離されていると、一気に連対するのが厳しくなってくるようですが・・・。

とりあえず、迷ったら逃げ馬を軸馬にしてみるのも手かもしれません。

おわりに

以上、阪神競馬場の芝1400mについて特徴を見てきました。

阪神カップ、フィリーズレビュー、阪急杯と、例年難解な決着になり個人的にはあまり良い思い出の無い重賞が行われる舞台(本当にあくまで個人的な話ですが・・・)にはなりますが、迷ったら内枠のボックスを買って大穴狙いとかもアリかもしれませんね。

以上です。阪神競馬場の他のコースの特徴は阪神競馬場の特徴をご参照ください。


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です