釜山ステークス 予想 2021 – データと指数を使った競馬予想

8月28日(土)に行われる釜山ステークスの予想を公開します。

釜山ステークスの予想

本ブログでは独自の指数を使った予想を公開しています。釜山ステークスの出走各馬の指数は下表の通りです。

1位 フリード 78.7 7位 メイショウヒバリ 42.7
2位 アオイツヤヒメ 70.2 8位 ジャスパーイーグル 42.1
3位 シンシティ 52.5 9位 アスタースウィング 41.0
4位 ヘルメット 51.4 10位 グラナリー 37.9
5位 ラホーヤノキセキ 51.2 11位 カバジェーロ 26.1
6位 ジョーフォレスト 47.7 12位 アスカノダイチ 19.0
1位 フリード 78.7
2位 アオイツヤヒメ 70.2
3位 シンシティ 52.5
4位 ヘルメット 51.4
5位 ラホーヤノキセキ 51.2
6位 ジョーフォレスト 47.7
7位 メイショウヒバリ 42.7
8位 ジャスパーイーグル 42.1
9位 アスタースウィング 41.0
10位 グラナリー 37.9
11位 カバジェーロ 26.1
12位 アスカノダイチ 19.0

指数1位はフリードです。

直近2戦の指数は前走から順に、3歳上1勝クラスが73.8、3歳上1勝クラスが83.6となっています。

芝では重賞に何度も出走するなど果敢な挑戦を続けていましたが頭打ち。ということでダートに転戦したところ、2走目の前走は2着に0.9秒差をつける圧倒的な強さで快勝しました。

とは言え今回は昇級初戦どころか格上挑戦。さすがに1勝クラスとは次元の違う相手との対戦になるので、正直なところ苦しいとは思いますが、まぁ指数通り頑張ってほしいところです。

指数2位はアオイツヤヒメです。

直近2戦の指数は前走から順に、花のみちステークスが69.9、3歳上2勝クラスが70.5となっています。

前走は昇級初戦ながら見事な逃げで2着に善戦。このクラスでも十分やれることを示しました。

あまり飛ばしすぎずマイペースに逃げられれば、今回も上位争いをしてくれそうです。

上記の馬に続くのがシンシティ、ヘルメット、ラホーヤノキセキ、ジョーフォレストといった馬たちです。

実績的には、前走に今回と同じ舞台で行われた西部日刊スポーツ杯で僅差の2着だったラホーヤノキセキに期待でしょうか。

あるいは1着と着外を交互に繰り返しており、順番通りなら今回は1着のシンシティにもひそかに注目したいところです。

小倉ダート1000mの特徴から見た推奨馬

続いて、小倉競馬場のダート1000mの特徴から推奨馬を見ていきましょう。

小倉競馬場のダート1000mと相性の良いレースコースは下表の通りです。


◎◎◎小倉ダ1000と相性の良いレースコース◎◎◎
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
中京ダ1200
で5着以内に入った馬の成績
18.6%32.5%45.6%274
3走前までに
阪神ダ1200
で5着以内に入った馬の成績
13.5%26.8%39.6%512
3走前までに
新潟ダ1200
で5着以内に入った馬の成績
12.2%25.9%36.3%278
3走前までに
小倉ダ1000
で5着以内に入った馬の成績
13.6%26.5%38.2%1437

ということで小倉競馬場のダート1000mは中京競馬場のダート1200mと好相性なようですので、前々走にそのコースで行われた2勝クラスのレースを勝っているラホーヤノキセキには期待できそうです。

あるいは阪神競馬場のダート1200mとも相性が良さそうですので、前走に花のみちステークスで2着だったアオイツヤヒメはやはり有力候補の一角と言えるでしょう。

また、新潟競馬場のダート1200mで好走した馬の成績も良いので、前々走に角田浜特別で勝っているシンシティや、越後ステークスで2着だったアスタースウィングにも注目です。

おわりに

釜山ステークスの予想をご覧いただきありがとうございました。

本ブログではフリードを軸に、アオイツヤヒメ、シンシティ、ヘルメット、ラホーヤノキセキ、ジョーフォレストを相手にした三連複流しを買い目とします。

以以上です。よろしければ他の小倉11レースの予想今週のJRA重賞の予想も併せてご覧ください。


スポンサーリンク