金鯱賞2021の予想

今週の日曜日に行われる金鯱賞の予想を公開します。

金鯱賞の予想

本ブログでは独自の指数を使った予想を公開しています。金鯱賞の出走各馬の指数は下表の通りです。

1位 4 グローリーヴェイズ 61.4 6位 3 ブラヴァス 51.3
2位 7 キセキ 60.1 7位 6 ジナンボー 50.9
3位 8 ペルシアンナイト 57.9 8位 10 ポタジェ 40.5
4位 1 デアリングタクト 56.0 9位 2 サンレイポケット 33.7
5位 9 サトノフラッグ 55.1 10位 5 ギベオン 33.1
1位 4 グローリーヴェイズ 61.4
2位 7 キセキ 60.1
3位 8 ペルシアンナイト 57.9
4位 1 デアリングタクト 56.0
5位 9 サトノフラッグ 55.1
6位 3 ブラヴァス 51.3
7位 6 ジナンボー 50.9
8位 10 ポタジェ 40.5
9位 2 サンレイポケット 33.7
10位 5 ギベオン 33.1

指数1位はグローリーヴェイズです。前走のジャパンカップは三冠馬3頭(とカレンブーケドール)には敗れましたが、見せ場ありの5着と善戦しており、実力は折り紙付きです。これまで主戦場としてきたレースから距離が結構短くなるのでそこが少々気になりますが、ここではデアリングタクト以外には負けられないでしょう。

指数2位はキセキです。昨秋のGI・3連戦は残念な結果に終わりましたが、距離的にはおそらく今回の2000mがベストでしょうし、左回りの成績も安定しています。実力は申し分ないのですが、年を重ねるごとに乗り難しくなってきている印象もあり、今回も位置取りや折り合いが鍵になりそうですね。

上記の馬に続くのがペルシアンナイト、デアリングタクト、サトノフラッグといった馬たちです。注目は何と言っても無敗の三冠牝馬・デアリングタクトですが、指数的には4位という意外な結果でした。とはいえ大きく崩れることはないでしょう。なお、4連勝中でこちらも注目を集めているポタジェですが、指数的にはイマイチです。

ということで、本ブログではグローリーヴェイズを軸に、キセキ、ペルシアンナイト、デアリングタクト、サトノフラッグを相手にした馬連流しを買い目とします。


スポンサーリンク


金鯱賞・過去5年の成績

次に、金鯱賞の過去5年の成績を見ていきましょう。

2020年 指数 馬連 馬単 三連複 三連単
1着 06 サートゥルナーリア 1人気 71.5 (1位) 1,550円 1,710円 5,880円 14,440円
2着 08 サトノソルタス 8人気 44.4 (8位)
3着 04 ダイワキャグニー 6人気 53.5 (5位)
2019年 指数 馬連 馬単 三連複 三連単
1着 01 ダノンプレミアム 2人気 67.0 (1位) 1,700円 2,490円 1,880円 11,040円
2着 11 リスグラシュー 5人気 57.0 (4位)
3着 08 エアウィンザー 1人気 63.6 (2位)
2018年 指数 馬連 馬単 三連複 三連単
1着 09 スワーヴリチャード 1人気 68.0 (1位) 5,860円 7,380円 4,000円 24,410円
2着 04 サトノノブレス 8人気 41.4 (7位)
3着 05 サトノダイヤモンド 2人気 62.7 (2位)
2017年 指数 馬連 馬単 三連複 三連単
1着 06 ヤマカツエース 1人気 55.6 (7位) 3,800円 5,570円 56,390円 192,050円
2着 15 ロードヴァンドール 7人気 40.4 (13位)
3着 08 スズカデヴィアス 13人気 35.4 (15位)
2016年 指数 馬連 馬単 三連複 三連単
1着 13 ヤマカツエース 4人気 63.8 (2位) 9,250円 16,780円 16,080円 90,340円
2着 03 パドルウィール 9人気 42.4 (10位)
3着 05 シュンドルボン 6人気 53.4 (5位)
3着 07 サトノノブレス 2人気 56.3 (3位)
2020年 指数
1着 06 サートゥルナーリア 1人気 71.5
(1位)
2着 08 サトノソルタス 8人気 44.4
(8位)
3着 04 ダイワキャグニー 6人気 53.5
(5位)
馬連:1,550円  馬単:1,710円
三連複: 5,880円  三連単: 14,440円
2019年 指数
1着 01 ダノンプレミアム 2人気 67.0
(1位)
2着 11 リスグラシュー 5人気 57.0
(4位)
3着 08 エアウィンザー 1人気 63.6
(2位)
馬連:1,700円  馬単:2,490円
三連複: 1,880円  三連単: 11,040円
2018年 指数
1着 09 スワーヴリチャード 1人気 68.0
(1位)
2着 04 サトノノブレス 8人気 41.4
(7位)
3着 05 サトノダイヤモンド 2人気 62.7
(2位)
馬連:5,860円  馬単:7,380円
三連複: 4,000円  三連単: 24,410円
2017年 指数
1着 06 ヤマカツエース 1人気 55.6
(7位)
2着 15 ロードヴァンドール 7人気 40.4
(13位)
3着 08 スズカデヴィアス 13人気 35.4
(15位)
馬連:3,800円  馬単:5,570円
三連複: 56,390円  三連単: 192,050円
2016年 指数
1着 13 ヤマカツエース 4人気 63.8
(2位)
2着 03 パドルウィール 9人気 42.4
(10位)
3着 05 シュンドルボン 6人気 53.4
(5位)
3着 07 サトノノブレス 2人気 56.3
(3位)
馬連:9,250円  馬単:16,780円
三連複: 16,080円  三連単: 90,340円

春の開催に変わってからは強豪の出走が目立つようになってきたレースです。一方で、穴馬が馬券に絡むことが多いのも見逃せないポイント。ちなみに春季開催に変わった過去4年中、3回は前走が有馬記念だった馬が勝っています。今回で言えば、キセキやペルシアンナイトですね。

ちなみに、指数1位の馬が3年連続で勝っています。グローリーヴェイズにはあらためて期待したいところ。

中京競馬場・芝2000mの特徴から見た推奨馬・危険な馬

最後に、中京競馬場の芝2000mの特徴から推奨馬や危険な馬を考えてみたいと思います。

馬番別実績で最も成績が良いのは4番枠になります。過去5年の金鯱賞で見ても、ダイワキャグニーやサトノノブレスが4番枠から人気薄で馬券に絡んでいます。今回この枠に入ったのはグローリーヴェイズということで、ますます期待が高まりますね。

中京芝2000mと好相性なコースは阪神競馬場と京都競馬場の芝2000mになります。チャレンジカップで好走したブラヴァスや、秋華賞で牝馬三冠を達成したデアリングタクトは、今回も好走する可能性が高そうです。

位置取り別成績でいうと、1着を狙うのであれば残り600m地点で先頭から4馬身以内に入っていないと少々厳しいようです。デアリングタクトが今回どのくらいの位置取りで競馬をするのか、ちょっと気になるところですね。あまり後ろすぎると取りこぼす可能性もありそうです。

おわりに

金鯱賞の予想をご覧いただきありがとうございました。

中央競馬の重賞競走の詳しいデータを知りたい場合はこちらの本がオススメです。

中央競馬の全ての重賞について過去10年分のデータを基に、人気と配当の傾向、有力なステップレース、買える馬・買えない馬の特徴・・・等々がまとめられています。

とても参考になる(特に買えない馬のデータは参考になります)だけでなく、読み物としても面白い内容となっていますので、是非読んでみてください。


以上です。他の重賞予想は今週の競馬予想(重賞)をご参照ください。


スポンサーリンク