越後ステークス2021の予想 – データと指数を使った競馬予想

今週の土曜日に行われる越後ステークスの予想を公開します。

越後ステークスの予想

本ブログでは独自の指数を使った予想を公開しています。越後ステークスの出走各馬の指数は下表の通りです。

1位 4 シンシティ 64.6 8位 1 クーファピーカブー 36.0
2位 9 エアコンヴィーナ 63.2 9位 8 フォルツァエフ 35.1
3位 12 ラフィンクロンヌ 61.3 10位 7 アスタースウィング 34.3
4位 5 ナイトブリーズ 50.4 11位 14 マラードザレコード 31.3
5位 11 フィルストバーン 49.4 12位 3 イッシン 21.0
6位 10 サウンドワイズ 47.1 13位 6 カフェクラウン 20.3
7位 2 メイショウラビエ 39.7 14位 13 サヴォワールエメ
1位 4 シンシティ 64.6
2位 9 エアコンヴィーナ 63.2
3位 12 ラフィンクロンヌ 61.3
4位 5 ナイトブリーズ 50.4
5位 11 フィルストバーン 49.4
6位 10 サウンドワイズ 47.1
7位 2 メイショウラビエ 39.7
8位 1 クーファピーカブー 36.0
9位 8 フォルツァエフ 35.1
10位 7 アスタースウィング 34.3
11位 14 マラードザレコード 31.3
12位 3 イッシン 21.0
13位 6 カフェクラウン 20.3
14位 13 サヴォワールエメ

指数1位はシンシティです。

直近3戦の指数は前走から順に、角田浜特別が67.3、4歳上2勝クラスが69.3、4歳上1勝クラスが57.1となっています。

これまで1着と4着を交互に繰り返してきており、順番通りなら今回は4着ですが・・・。

という見方もありつつ別の見方をすると、逃げられた時は勝って、逃げられない時は負けるという成績の馬でもあります。

今回は他にマラードザレコードといった逃げ馬がいるので、この馬が逃げられるかはかなり微妙ですが、まぁ指数通りに頑張ってほしいところ。

シンシティに続くのがエアコンヴィーナ、ラフィンクロンヌ、ナイトブリーズ、フィルストバーン、サウンドワイズといった馬たちです。

ラフィンクロンヌは昇級初戦にはなりますが、ダートに転戦してからはこれまで連対を一度も外していないという圧倒的な安定感を見せています。今回も期待できるはず。

ナイトブリーズもダートの1200m戦では5戦3勝・3着1回という好成績を残しています。準オープンクラスでも3着・5着と善戦しており、今回のメンバーにおいては実績最上位と言えるでしょう。

新潟競馬場・ダート1200mの特徴から見た推奨馬

続いて、新潟競馬場のダート1200mの特徴から推奨馬を見ていきましょう。

新潟競馬場のダート1200mと好相性なレースコースは下表の通りです。


◎◎◎新潟ダ1200と相性の良いレースコース◎◎◎
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
中京ダ1400
で5着以内に入った馬の成績
17.3%31.1%41.8%196
3走前までに
阪神ダ1200
で5着以内に入った馬の成績
12.9%24.6%34.1%630
3走前までに
新潟ダ1200
で5着以内に入った馬の成績
13.2%26.1%36.6%2418

新潟競馬場のダート1200mは、中京競馬場のダート1400mと相性が良いようです。ここ2走はボロボロですが、3走前に鳴海特別に勝っているカフェクラウンが思わぬ激走を見せる可能性も・・・多少はあるかもしれません。

また、阪神競馬場のダート1200mとも好相性になりますので、前走に花のみちステークスで5着だったナイトブリーズにとってはプラス材料になるでしょう。

なお、新潟競馬場のダート1200mで好走した馬は、同じ舞台で再度好走する可能性が高い傾向にあるようなので、前走に角田浜特別に勝利しているシンシティはやはり期待したいところです。

おわりに

越後ステークスの予想をご覧いただきありがとうございました。

本ブログではシンシティを軸に、エアコンヴィーナ、ラフィンクロンヌ、ナイトブリーズ、フィルストバーン、サウンドワイズを相手にした三連複流しを買い目とします。

以上です。他のレースの予想はこちらをご参照ください。


★今週の注目情報★

秋華賞の過去10年と予想 2021

府中牝馬ステークスの過去10年と予想 2021

オクトーバーステークスの過去の結果と予想 2021

信越ステークスの過去の結果と予想 2021


スポンサーリンク