葵ステークス2021の予想 – 指数を使った競馬予想

今週の土曜日に行われる葵ステークスの予想を公開します。

葵ステークスの予想

本ブログでは独自の指数を使った予想を公開しています。葵ステークスの出走各馬の指数は下表の通りです。

1位 5 モントライゼ 67.8 10位 6 ダディーズビビッド 47.0
2位 9 スンリ 57.7 11位 14 ファルヴォーレ 45.3
3位 11 サルビア 55.4 12位 7 レイハリア 42.1
4位 4 インフィナイト 54.5 13位 1 リンゴアメ 41.3
5位 8 オールアットワンス 53.2 14位 15 テイエムトッキュウ 39.8
6位 2 ヨカヨカ 53.1 15位 13 アスコルターレ 39.2
7位 17 マリーナ 52.2 16位 3 カンタベリーマッハ 36.8
8位 18 フォイアーロート 50.6 17位 10 ロングトレーン 33.0
9位 16 ロンギングバース 49.2 18位 12 リメス 32.1
1位 5 モントライゼ 67.8
2位 9 スンリ 57.7
3位 11 サルビア 55.4
4位 4 インフィナイト 54.5
5位 8 オールアットワンス 53.2
6位 2 ヨカヨカ 53.1
7位 17 マリーナ 52.2
8位 18 フォイアーロート 50.6
9位 16 ロンギングバース 49.2
10位 6 ダディーズビビッド 47.0
11位 14 ファルヴォーレ 45.3
12位 7 レイハリア 42.1
13位 1 リンゴアメ 41.3
14位 15 テイエムトッキュウ 39.8
15位 13 アスコルターレ 39.2
16位 3 カンタベリーマッハ 36.8
17位 10 ロングトレーン 33.0
18位 12 リメス 32.1

指数1位はモントライゼです。

直近4戦の指数は前走から順に、ファルコンステークスが59.9、朝日杯フューチュリティステークスが67.7、京王杯2歳ステークスが58.7、小倉2歳ステークスが84.9となっています。

朝日杯は惨敗しましたが、それ以外は安定した成績を残しています。特に芝の1200m戦では3戦1勝・2着2回という成績を残しており、本来はスプリンターの可能性もあります。

距離短縮の今回は、あらためて実力を発揮できると見ます。

指数2位はスンリです。

直近4戦の指数は前走から順に、3歳1勝クラスが53.7、3歳1勝クラスが50.2、アネモネステークスが62.1、エルフィンステークスが64.7となっています。

前走は上位5頭がタイム差無しという大接戦の中で辛くも逃げ切り勝ち。まぁ戦績的に特に推し材料はありませんが、指数上位なのだから仕方ない。

今回は人気も無さそうですが、4走前のエルフィンステークスで単勝200倍超えの低評価を覆して2着に来たように、また穴をあけてくれることに期待です。

上記の馬に続くのがサルビア、インフィナイト、オールアットワンスといった馬たちです。

前走のファルコンステークスでは本命のモントライゼと差の無かったサルビア、重賞実績のあるインフィナイトだけでなく、芝の1200m戦で4戦2勝・3着1回という成績を残しているオールアットワンスにも期待です。


スポンサーリンク


中京競馬場・芝1200mの特徴から見た推奨馬・危険な馬

最後に、中京競馬場の芝1200mの特徴から推奨馬や危険な馬を考えてみたいと思います。

中京競馬場の芝1200mは京都競馬場の芝1400mと好相性になります。5走前の話ではあるものの、そのコースで行われたりんどう賞に勝っているサルビアはやはり期待できそうです。

また、逃げ馬の成績がダントツで良いコースにもなります。今回はハナを切ってもおかしくない馬が多数いるので悩ましいですが、テイエムトッキュウ辺りは要注意でしょうか。(先行馬が多すぎるので、ハイペースになって前が壊滅する可能性も否めないのですが・・・。)

最後に、馬番別実績だと5番枠が好成績ですので、我が本命のモントライゼにとっては良いデータだと思われます。

おわりに

葵ステークスの予想をご覧いただきありがとうございました。

このレース、来年こそはG3に昇格できるのかよくわからない状況ではありますが、それはさておき、本ブログではモントライゼを軸に、スンリ、サルビア、インフィナイト、オールアットワンスを相手にした三連複流しを買い目とします。追加で検討するとすれば、テイエムトッキュウのような逃げ馬でしょうか。

以上です。他の重賞予想は今週の競馬予想(重賞)をご参照ください。


スポンサーリンク