競馬 七夕賞2021の予想 – 指数を使った競馬予想

今週の日曜日に行われる七夕賞の予想を公開します。

七夕賞の予想

本ブログでは独自の指数を使った予想を公開しています。七夕賞の出走各馬の指数は下表の通りです。

1位 9 クレッシェンドラヴ 79.9 9位 14 ワーケア 51.0
2位 5 ブラックマジック 74.8 10位 13 プレシャスブルー 49.2
3位 8 アールスター 61.3 11位 2 ロザムール 48.1
4位 4 トーラスジェミニ 58.7 12位 1 マウントゴールド 45.0
5位 7 カウディーリョ 57.9 13位 16 ヴァンケドミンゴ 43.8
6位 3 ワンダープチュック 56.6 14位 6 ショウナンバルディ 37.3
7位 10 クラージュゲリエ 55.9 15位 11 スカーフェイス 34.2
8位 15 トラストケンシン 51.1 16位 12 ツーエムアロンソ 24.9
1位 9 クレッシェンドラヴ 79.9
2位 5 ブラックマジック 74.8
3位 8 アールスター 61.3
4位 4 トーラスジェミニ 58.7
5位 7 カウディーリョ 57.9
6位 3 ワンダープチュック 56.6
7位 10 クラージュゲリエ 55.9
8位 15 トラストケンシン 51.1
9位 14 ワーケア 51.0
10位 13 プレシャスブルー 49.2
11位 2 ロザムール 48.1
12位 1 マウントゴールド 45.0
13位 16 ヴァンケドミンゴ 43.8
14位 6 ショウナンバルディ 37.3
15位 11 スカーフェイス 34.2
16位 12 ツーエムアロンソ 24.9

指数1位はクレッシェンドラヴです。

直近3戦の指数は前走から順に、大阪杯が81.5、有馬記念が88.4、ジャパンカップが69.8となっています。

昨年の秋から前走まで超一流馬のローテを歩んできましたが、さすがにキツかったようで結果は出ませんでした。

ということで、昨年制したこの舞台であらためて仕切り直しになりますが、まぁここなら実力上位なのは間違いないでしょう。

福島競馬場の芝コースではこれまで5戦2勝・2着3回という実績を残していますし、今回も勝ち負けでしょう。

指数2位はブラックマジックです。

直近3戦の指数は前走から順に、ダイヤモンドステークスが68.0、迎春ステークスが83.8、グレイトフルステークスが72.4となっています。

前走はさすがに距離が長かったのか惨敗に終わりましたが、これまで右回りのコースでは4戦2勝・2着1回・3着1回という成績を残しており、巻き返しが期待されます。

前々走の迎春ステークスではその後に目黒記念を勝ったウインキートスに完勝していますので、実力面でも重賞でやれておかしくないと思われます。

上記の馬に続くのがアールスター、トーラスジェミニ、カウディーリョ、ワンダープチュックといった馬たちです。

まぁここはやはり安田記念で5着と大健闘したトーラスジェミニに期待がかかりますね。

福島競馬場・芝2000mの特徴から見た推奨馬

続いて、福島競馬場の芝2000mの特徴から見た推奨馬を考えてみたいと思います。

福島競馬場の芝2000mと相性が良いレースコースは下表の通りです。


◎◎◎福島芝2000と相性の良いレースコース◎◎◎
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
中山芝2200外
で5着以内に入った馬の成績
20.3%31.6%44.3%79
3走前までに
中京芝2000
で5着以内に入った馬の成績
13.3%25.9%34.8%135
3走前までに
東京芝1800
で5着以内に入った馬の成績
11.6%23.8%34.1%164

まず、中山競馬場の芝2200mと好相性なようですので、前々走に迎春ステークスで勝ち上がっているブラックマジックはこの点が高評価になるでしょう。

また、中京競馬場の芝2000mとも相性が良さそうですので、前走の鳴尾記念で2着だったショウナンバルディや、都大路ステークスに勝ち上がっているマウントゴールドにも期待できそうです。

最後に、東京競馬場の芝1800mで好走した馬も良い成績を残していますので、前々走にメイステークスで4着だったワンダープチュックはこれが多少強調材料になるでしょうか。

おわりに

七夕賞の予想をご覧いただきありがとうございました。

本ブログではクレッシェンドラヴを軸に、ブラックマジック、アールスター、トーラスジェミニ、カウディーリョ、ワンダープチュックを相手にした三連複流しを買い目とします。

以上です。他の重賞予想は今週の競馬予想(重賞)をご参照ください。


スポンサーリンク