秋風ステークス 予想 2021 – データと指数を使った競馬予想

10月2日(土)に行われる秋風ステークスの予想を公開します。

秋風ステークスの予想

本ブログでは独自の指数を使った予想を公開しています。秋風ステークスの出走各馬の指数は下表の通りです。

1位 オパールシャルム 66.9 8位 フォワードアゲン 46.6
2位 ハイアーグラウンド 64.2 9位 シャチ 45.5
3位 アールクインダム 55.5 10位 シャワークライム 45.5
4位 ハーモニーマゼラン 53.0 11位 ラインハイト 45.4
5位 ボーダーオブライフ 49.3 12位 インテンスライト 43.9
6位 レッドフラヴィア 48.4 13位 ミエノウインウイン 31.7
7位 カルリーノ 46.9
1位 オパールシャルム 66.9
2位 ハイアーグラウンド 64.2
3位 アールクインダム 55.5
4位 ハーモニーマゼラン 53.0
5位 ボーダーオブライフ 49.3
6位 レッドフラヴィア 48.4
7位 カルリーノ 46.9
8位 フォワードアゲン 46.6
9位 シャチ 45.5
10位 シャワークライム 45.5
11位 ラインハイト 45.4
12位 インテンスライト 43.9
13位 ミエノウインウイン 31.7

指数1位はオパールシャルムです。

直近3戦の指数は前走から順に、高尾特別が59.6、邁進特別が48.8、3歳上1勝クラスが92.8となっています。

ダートで1勝クラスを勝ち上がったかと思いきや、その2走後には芝で2勝クラスを勝ち上がるという、マルチな活躍を見せている4歳牝馬になります。

前走の高尾特別では2番手を追走しながら上がり3ハロンを2位でまとめ、強い競馬を見せました。

昇級初戦でどこまでやれるかは未知数ですが、何とか上位争いに食い込んでほしいところです。

指数2位はハイアーグラウンドです。

直近3戦の指数は前走から順に、佐渡ステークスが52.8、むらさき賞が70.3、湘南ステークスが62.1となっています。

うーん、近走成績からはこれといって推し材料は見当たらないのですが、それでも指数2位なので買うしかないですね・・・。

芝の1600m戦ではこれまで2勝を挙げており、最も実力が発揮できる舞台なのは間違いなさそうです。

課題の折り合いが解決すれば、もしかしたらもしかするかもしれないので、配当妙味も込みで好走に期待したいと思います。

上記の馬に続くのがアールクインダム、ハーモニーマゼランといった馬たちです。

アールクインダムは2走続けて惨敗が続いていますが、距離短縮で見直したいと思います。中山の芝コースではこれまで2勝を挙げていますし、まだまだ見限れないかと。

ハーモニーマゼランは中山の芝コースでこれまで8戦3勝・2着2回・3着2回というかなりの好成績を残しています。前走は凡走に終わりましたが、中山の今回は巻き返す可能性が高いでしょう。

中山芝1600mの特徴から見た推奨馬

続いて、中山競馬場の芝1600mの特徴から推奨馬を見ていきましょう。

中山競馬場の芝1600mと相性の良いレースコースは下表の通りです。


◎中山芝1600外と相性の良いレースコース◎
条件勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
頭数
3走前までに
東京芝1600
で5着以内に入った馬
13.424.834.61606
3走前までに
中山芝1800
で5着以内に入った馬
11.523.536.4434
集計期間:2005年〜2020年

ということで中山競馬場の芝1600mは、東京競馬場の芝1600mと好相性なようですので、3走前に湘南ステークスで4着だったハイアーグラウンドや、前走の芦ノ湖特別に勝っているラインハイトには期待できそうです。

また、中山競馬場の芝1800mとも相性が良さそうですので、3走前にスピカステークスで好走しているアールクインダムやとってはプラス材料でしょうか。

おわりに

秋風ステークスの予想をご覧いただきありがとうございました。

本ブログの買い目はオパールシャルム、ハイアーグラウンド、アールクインダム、ハーモニーマゼランのワイド4頭ボックスです。

ちなみにこのワイドボックスは統計的に、だいたい50%くらいの確率で当たる・・・はずです。言い換えると、この4頭を外して買った三連系の馬券は半分くらい外れる・・・かもしれません。

以上です。皆さんの予想と組み合わせて、三連系の馬券をゲットしてください!


★今週の注目情報★

秋華賞の過去10年と予想 2021

府中牝馬ステークスの過去10年と予想 2021

オクトーバーステークスの過去の結果と予想 2021

信越ステークスの過去の結果と予想 2021


スポンサーリンク