東京競馬場 芝1600mの特徴 – 安田記念、ヴィクトリアマイル、NHKマイルCで狙うべき馬の探し方

東京競馬場の芝1600mの特徴を、統計情報を基に見ていきたいと思います。

東京競馬場・芝1600mの馬番別実績

まず、本コースにおける枠順の有利・不利を確認してみたいと思います。

なお、馬番別実績は各馬番毎の勝率・連対率・3着内率に加えて、3着内率については期待値と実績の差分である「偏差」も掲載しています。そして、枠順の有利・不利はこの「偏差」がプラスかマイナスかで評価することになります。

なぜなら、単純に集計すると外枠の勝率・連対率・3着内率は内枠と比較して必ず成績が悪くなるためです。詳しくは こちら をご覧ください。

東京芝1600mの馬番別実績は下表の通りです。(集計対象は2004~2020年です。)

馬番勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
出走頭数偏差
[%]
016.712.219.51112-1.9
026.914.822.411091.0
035.913.821.11108-0.3
047.413.821.911100.5
058.014.521.611070.2
068.917.424.511073.1
076.412.919.61112-1.8
085.913.920.81104-0.5
097.814.921.310880.3
107.614.921.610441.2
118.615.622.19962.1
126.213.520.09100.6
133.610.316.7825-2.0
147.512.719.37610.9
154.08.715.2679-2.8
167.713.418.05830.4
173.27.914.0379-3.0
185.810.916.0312-0.7

ご覧の通り、偏差を見る限りでは、極端な内外の有利・不利の傾向が無い良コースと言うことができそうです。(強いて言えば、15番枠と17番枠は若干数字が悪い傾向にはある感じですね。)言い換えると、多頭数のレースでも枠順だけでは積極的に切れないので、予想難易度が高めのレースコースと言えるかもしれません。(確かに個人的に府中マイルのレースは全然当たらない印象がある・・・。)

東京競馬場・芝1600mと相性の良いレースコース

続いて、本コースと相性の良いレースコースを見ていきたいと思います。

相性の良さとは具体的にどういうことかという話になりますが、ここではどのようなレースコースで好走した馬が、東京競馬場の芝1600mでも好走する確率が高いのか、という観点で情報を見ていきたいと思います。

具体的には、過去3走以内に○○というレースコースで5着以内に入った馬が東京競馬場の芝1600mで走った場合の勝率・連対率・3着内率を見ていきたいと思います。

それでは、東京競馬場の芝1600mと相性の良いレースコースを見ていきましょう。(集計対象は2004~2020年です。)


◎◎◎東京芝1600と相性の良いレースコース◎◎◎
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
東京芝2000
で5着以内に入った馬の成績
14.9%26.6%34.4%241
3走前までに
阪神芝1600外
で5着以内に入った馬の成績
14.7%25.8%34.3%516
3走前までに
中山芝2000
で5着以内に入った馬の成績
13.4%26.4%34.8%276
3走前までに
東京芝1800
で5着以内に入った馬の成績
13.4%25.2%34.3%853
3走前までに
東京芝1600
で5着以内に入った馬の成績
11.4%23.6%34.2%2350
3走前までに
中山芝1800
で5着以内に入った馬の成績
11.3%23.2%34.0%577

まず目につくのは、同じ東京競馬場芝コースの1600m、1800m、2000m戦との相性の良さ。アーモンドアイのようにひたすら東京競馬場のレースを選んで出走する馬がいるように、東京競馬場を得意とする馬は、距離に関係無く好走する例が多いようです。(ただし後述の通り、1400m戦は除きます。)

その他、阪神競馬場の芝1600mや、中山競馬場の芝1800m、芝2000mとの相性が良いようです。たとえばNHKマイルカップで、桜花賞組や皐月賞組が好走することが多いのは、こういった相性の良さも一つの理由なのかもしれません。


スポンサーリンク


東京競馬場・芝1600mと相性の悪いレースコース

さらに、本コースと相性の悪いレースコースを見ていきたいと思います。

先程と真逆で、ここではどのようなレースコースで好走した馬が東京競馬場の芝1600mだと好走する確率が低いのか、言い換えると、好走歴があてにならないレースコースはどれか、という観点で情報を見ていきたいと思います。

東京競馬場の芝1600mと相性の悪いレースコースは以下の通りです。(集計対象は2004~2020年です。)

×××東京芝1600と相性の悪いレースコース×××
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
中山芝1200外
で5着以内に入った馬の成績
4.9%13.0%21.7%184
3走前までに
中京芝1400
で5着以内に入った馬の成績
7.6%13.4%23.5%119
3走前までに
阪神芝1400
で5着以内に入った馬の成績
7.7%15.0%23.5%234
3走前までに
東京芝1400
で5着以内に入った馬の成績
8.1%17.3%25.6%1064
3走前までに
新潟芝1400
で5着以内に入った馬の成績
8.6%17.2%25.3%360
3走前までに
新潟芝1600外
で5着以内に入った馬の成績
9.6%19.4%28.6%784

最も成績が冴えないのは中山競馬場の芝1200mで好走した馬。やはりスプリント戦とマイル戦は違うということなのかもしれません。ましてや、東京競馬場と中山競馬場はだいぶコース形態も異なりますしね。

その他全体的に1400m戦との相性がイマイチなようです。それは同じ東京競馬場の1400m戦も例外ではありません。他の距離が好相性であることを踏まえると、意外な結果ですね。

東京競馬場・芝1600mの位置取り別実績

続いて、位置取りの有利・不利について公開します。

本ブログでは、位置取り別の成績として残り600m地点での先頭との差毎の勝率・連対率・3着内率を掲載します。(集計対象は2004~2020年です。ただし、新馬・未勝利戦は除いています。)

東京競馬場の芝1600mの位置取り別実績は下表の通りです。

残り600m地点での先頭との差勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
頭数
タイム差無し10.018.226.9698
半馬身〜2馬身8.716.123.71407
2馬身超〜4馬身8.717.225.52470
4馬身超〜6馬身6.713.720.71770
6馬身超〜8馬身4.59.815.31258
8馬身超〜10馬身3.28.813.8658
10馬身超2.96.910.8684

他のレースコースと比較すると、前目のポジションの馬が極端に好成績というわけではないようです。(もっとも、前目の馬の方が成績が良いのは間違いないですが、他のレースコースと横並びで比較すると、相対的に差しや追い込みが決まりやすいとも言えます。)

勝率・連対率ともに、残り600m地点で6馬身差以内につけていれば十分勝負になる数字だと思われます。3着内率にいたっては10馬身差以上離れていても二桁ありますので、追い込み馬も紐なら十分買えるコースだと言えます。

ポジショニングも重要ですが、それ以上に馬の実力を重視した予想が必要かもしれません。

おわりに

競馬の基本でもあるマイルコースということで、GIや重賞も多く開催される東京芝1600mですが、枠順や位置取りによる有利・不利が抑えられた良コースと言えそうです。それだけに予想が難しいとも言えますが、たとえば前走に先行馬が有利なコースを走って惨敗した差し・追い込み馬を、敢えて狙ってみるのも面白いかもしれません。

以上です。東京競馬場の他のコースの特徴は東京競馬場の特徴をご参照ください。


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です