東京競馬場 芝2400mの特徴 – ダービー、オークス、JCで狙うべき馬の探し方

東京競馬場の芝2400mの特徴を、統計情報を基に見ていきたいと思います。

ダービー、オークス、ジャパンカップといった日本を代表するレースが行われるコースになりますが、その特徴を様々な観点からチェックしていきましょう。

東京競馬場・芝2400mの馬番別実績

まず、本コースにおける枠順の有利・不利を確認してみたいと思います。

なお、馬番別実績は各馬番毎の勝率・連対率・3着内率に加えて、3着内率については期待値と実績の差分である「偏差」も掲載しています。そして、枠順の有利・不利はこの「偏差」がプラスかマイナスかで評価することになります。

なぜなら、単純に集計すると外枠の勝率・連対率・3着内率は内枠と比較して必ず成績が悪くなるためです。詳しくは こちら をご覧ください。

東京競馬場の芝2400mの馬番別実績は下表の通りです。(集計対象は2004~2020年です。)

馬番勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
出走頭数偏差
[%]
019.819.426.54082.4
0211.716.726.74122.6
039.318.126.94092.8
048.917.224.44060.3
059.815.424.94100.8
069.416.025.64061.5
076.715.825.04041.2
087.315.420.7396-2.6
095.113.620.8375-1.7
107.514.423.33481.6
115.611.916.6319-4.3
126.115.521.92781.9
133.312.821.42432.2
144.29.815.4214-3.2
155.08.313.3181-4.9
164.010.712.8149-4.9
174.18.214.398-2.8
184.18.112.274-4.7

イメージ通り、内枠有利・外枠不利の傾向があるコースだと言えます。

1番枠~3番枠を中心に、内枠は好成績を残しています。とは言えダービーの印象ほど1番枠の成績がずば抜けているわけではないので、そこは注意が必要かもしれません。時期やコース(A~D)にもよって変わるようなので、一定の考慮が必要そうです。

そして、内枠の好成績以上にインパクトが強いのが外枠の凄まじい成績の悪さです。具体的には、14番枠(連対率基準で言えば13番枠)から外の馬番の数字は非常に悪いです。連対率が10%を切っている馬番がこれほど多いコースは他にあまりありません。

まぁ、迷ったら内枠を買うというよりは、外枠を切るようなイメージでしょうか。

東京競馬場・芝2400mと相性の良いレースコース

続いて、本コースと相性の良いレースコースを見ていきたいと思います。

相性の良さとは具体的にどういうことなのかですが、ここではどのようなレースコースで好走した馬が、東京競馬場の芝2400mでも好走する確率が高いのか、という観点で情報を見ていきたいと思います。

具体的には、過去3走以内に○○というレースコースで5着以内に入った馬が東京競馬場の芝2400mで走った場合の勝率・連対率・3着内率を見ていきたいと思います。

それでは、東京競馬場の芝2400mと相性の良いレースコースを見ていきましょう。(集計対象は2004~2020年です。)


◎◎◎東京芝2400と相性の良いレースコース◎◎◎
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
東京芝2300
で5着以内に入った馬の成績
17.7%27.2%37.4%147
3走前までに
阪神芝2200
で5着以内に入った馬の成績
15.1%26.4%36.8%106
3走前までに
中京芝2200
で5着以内に入った馬の成績
14.6%28.5%41.6%137
3走前までに
中山芝2200外
で5着以内に入った馬の成績
13.7%26.9%37.7%416
3走前までに
新潟芝2000外
で5着以内に入った馬の成績
12.7%23.8%38.1%126

サンプル数が少ないものばかりなので参考程度でしょうが、上記の5つのレースコースと好相性なようです。

唯一、サンプル数がそれなりに多い中山競馬場の芝2200mについては実用的なデータと言えるかもしれません。


スポンサーリンク


東京競馬場・芝2400mと相性の悪いレースコース

さらに、本コースと相性の悪いレースコースを見ていきたいと思います。

先程と真逆で、ここではどのようなレースコースで好走した馬が東京競馬場の芝2400mだと好走する確率が低いのか、言い換えると、好走歴があてにならないレースコースはどれか、という観点で情報を見ていきたいと思います。

東京競馬場の芝2400mと相性の悪いレースコースは以下の通りです。(集計対象は2004~2020年です。)

×××東京芝2400と相性の悪いレースコース×××
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
中山芝1600外
で5着以内に入った馬の成績
1.9%8.7%11.5%104
3走前までに
福島芝2600
で5着以内に入った馬の成績
5.8%8.7%17.5%103
3走前までに
中山芝1800
で5着以内に入った馬の成績
8.0%18.9%24.5%212
3走前までに
新潟芝2400
で5着以内に入った馬の成績
9.0%18.6%27.6%145
3走前までに
東京芝1600
で5着以内に入った馬の成績
9.1%19.7%29.5%132
3走前までに
新潟芝2200
で5着以内に入った馬の成績
9.2%19.5%29.7%195

まず圧倒的に相性が悪いのは中山競馬場の芝1600mですが、サンプル数の少なさが示す通りそもそもこの条件に該当する馬自体が少ないので、まぁ参考程度に。

他のレースコースについてもサンプル数が多くないのですが、強いて言えば中山競馬場の芝1800mとの相性の悪さについては、覚えておくと良いかもしれません。

東京競馬場・芝2400mの位置取り別実績

最後に、位置取りの有利・不利についても見ていきたいと思います。

本ブログでは、位置取り別の成績として残り600m地点での先頭との差毎の勝率・連対率・3着内率を掲載します。(集計対象は2004~2020年です。ただし、新馬・未勝利戦は除いています。)

東京競馬場の芝2400mの位置取り別実績は下表の通りです。

残り600m地点での先頭との差勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
頭数
タイム差無し11.621.229.2415
半馬身〜2馬身8.417.826.7853
2馬身超〜4馬身9.117.827.01320
4馬身超〜6馬身6.413.921.8777
6馬身超〜8馬身5.39.516.7473
8馬身超〜10馬身5.89.911.3274
10馬身超3.98.512.9412

直線の長い東京競馬場のクラシックディスタンスということで差しや追い込みがバンバン決まっているのかと思いきや、他のレースコースと同様になんだかんだで先行馬の成績が相対的に良いことがわかります。

具体的には、残り600m地点で先頭から4馬身以内の位置にいるのが望ましいと言えます。

逆に、残り600m地点で先頭から6馬身を超えて離されていると、連対するのが厳しくなってくるようです。

3着内率はどのポジションだったとしても二桁あるので、紐については脚質に関係無く選んで問題無いかもしれませんが、軸馬はなるべく前目の位置で競馬をする馬を選ぶのが無難だと言えるでしょう。

おわりに

今回は東京競馬場の芝2400mについて、その特徴を統計情報と併せて見てきました。

ダービー、オークス、ジャパンカップといった大レースが多く行われるコースになりますが、まず大きな特徴として内枠が有利と言うか、外枠が壊滅的に不利だということが挙げられます。

また、他のレースコースと同様に、結局は先行馬の方が有利なコースでもあるので、その点は忘れないようにしたいところ。直線が長いからと言って、差し・追い込み馬に過度な期待をするのは避けた方が良さそうです。

以上です。東京競馬場の他のコースの特徴は東京競馬場の特徴をご参照ください。


スポンサーリンク