東京競馬場 芝1400mの特徴 – 京王杯SCや京王杯2歳Sで狙うべき馬の探し方

東京競馬場の芝1400mの特徴を、統計情報を基に見ていきたいと思います。

京王杯スプリングカップ、京王杯2歳ステークスといったレースが行われるコースになりますが、その特徴を様々な観点からチェックしていきましょう。

東京競馬場・芝1400mの馬番別実績

まず、本コースにおける枠順の有利・不利を確認してみたいと思います。

なお、馬番別実績は各馬番毎の勝率・連対率・3着内率に加えて、3着内率については期待値と実績の差分である「偏差」も掲載しています。そして、枠順の有利・不利はこの「偏差」がプラスかマイナスかで評価することになります。

なぜなら、単純に集計すると外枠の勝率・連対率・3着内率は内枠と比較して必ず成績が悪くなるためです。詳しくは こちら をご覧ください。

東京競馬場の芝1400mの馬番別実績は下表の通りです。(集計対象は2004~2020年です。)

馬番勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
出走頭数偏差
[%]
018.116.923.39722.9
027.915.324.29673.9
036.313.020.1971-0.2
047.013.521.39681.0
057.314.921.79731.4
068.315.623.19662.8
077.112.719.3970-1.1
086.613.920.1968-0.1
095.611.819.1961-1.1
106.312.818.4948-1.6
115.911.717.9904-1.6
126.813.319.18590.0
136.913.918.78010.1
144.59.515.4719-2.7
153.89.214.4652-3.4
165.29.515.6578-1.9
173.89.613.5416-3.5
186.811.518.23401.5

概ね内枠有利・外枠不利のコースと言うことができそうです。

好成績なのは1番枠、2番枠、そして6番枠になります。京王杯スプリングカップも京王杯2歳ステークスも、この辺りの馬番の馬が頻繁に馬券に絡むので、覚えておいて損は無いでしょう。

一方で、14番枠以降の成績は大外の18番枠を除いて良くありません。外枠の馬は基本的には割り引いて考える必要がありそうです。

東京競馬場・芝1400mと相性の良いレースコース

続いて、本コースと相性の良いレースコースを見ていきたいと思います。

相性の良さとは具体的にどういうことなのかですが、ここではどのようなレースコースで好走した馬が、東京競馬場の芝1400mでも好走する確率が高いのか、という観点で情報を見ていきたいと思います。

具体的には、過去3走以内に○○というレースコースで5着以内に入った馬が東京競馬場の芝1400mで走った場合の勝率・連対率・3着内率を見ていきたいと思います。

それでは、東京競馬場の芝1400mと相性の良いレースコースを見ていきましょう。(集計対象は2004~2020年です。)


◎◎◎東京芝1400と相性の良いレースコース◎◎◎
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
京都芝1600外
で5着以内に入った馬の成績
17.0%24.4%37.8%135
3走前までに
阪神芝1600外
で5着以内に入った馬の成績
16.6%29.8%37.1%151
3走前までに
東京芝1600
で5着以内に入った馬の成績
16.0%28.4%39.6%863
3走前までに
阪神芝1400
で5着以内に入った馬の成績
15.5%26.8%33.5%373
3走前までに
新潟芝1600外
で5着以内に入った馬の成績
14.2%28.2%37.2%358
3走前までに
中山芝1600外
で5着以内に入った馬の成績
13.3%25.3%35.9%1215
3走前までに
中山芝1800
で5着以内に入った馬の成績
12.8%23.9%36.7%109
3走前までに
中京芝1400
で5着以内に入った馬の成績
12.2%22.9%35.1%262

けっこう多くのレースコースと相性が良いようです。

中でもサンプル数が多くて信頼できそうなのは、同じ東京競馬場や中山競馬場の芝1600m戦になります。確かに京王杯スプリングカップは、同じ年の東京新聞杯やダービー卿チャレンジトロフィーに出走した馬がよく馬券内に来ます。

また、阪神競馬場の芝1400mや、新潟競馬場の芝1600mで好走した実績がある馬も、積極的に狙っていくのが良さそうです。


スポンサーリンク


東京競馬場・芝1400mと相性の悪いレースコース

さらに、本コースと相性の悪いレースコースを見ていきたいと思います。

先程と真逆で、ここではどのようなレースコースで好走した馬が東京競馬場の芝1400mだと好走する確率が低いのか、言い換えると、好走歴があてにならないレースコースはどれか、という観点で情報を見ていきたいと思います。

東京競馬場の芝1400mと相性の悪いレースコースは以下の通りです。(集計対象は2004~2020年です。)

×××東京芝1400と相性の悪いレースコース×××
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
新潟芝1000
で5着以内に入った馬の成績
2.3%6.8%9.1%132
3走前までに
新潟芝1200
で5着以内に入った馬の成績
3.9%10.5%17.6%306
3走前までに
福島芝1200
で5着以内に入った馬の成績
5.6%11.1%17.8%342
3走前までに
中山芝1200外
で5着以内に入った馬の成績
5.7%12.5%19.0%865
3走前までに
小倉芝1200
で5着以内に入った馬の成績
5.7%10.3%15.3%261
3走前までに
京都芝1200
で5着以内に入った馬の成績
6.8%11.3%20.3%133
3走前までに
函館芝1200
で5着以内に入った馬の成績
7.4%14.7%20.3%217

まず、新潟競馬場の芝1000m戦とは圧倒的に相性が悪いです。3着内率でさえ一桁と言うのは中々珍しいと言えます。

その他、各競馬場の芝1200m戦とは軒並み相性が悪いようです。200mしか距離が変わらないのに少々意外ではありますが、この傾向は覚えておいた方が良いと思われます。

東京競馬場・芝1400mの位置取り別実績

最後に、位置取りの有利・不利についても見ていきたいと思います。

本ブログでは、位置取り別の成績として残り600m地点での先頭との差毎の勝率・連対率・3着内率を掲載します。(集計対象は2004~2020年です。ただし、新馬・未勝利戦は除いています。)

東京競馬場の芝1400mの位置取り別実績は下表の通りです。

残り600m地点での先頭との差勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
頭数
タイム差無し14.023.833.1634
半馬身〜2馬身8.919.128.41220
2馬身超〜4馬身8.115.723.52266
4馬身超〜6馬身6.012.318.01604
6馬身超〜8馬身4.08.313.41258
8馬身超〜10馬身3.07.911.7796
10馬身超2.14.48.5826

直線が長い東京競馬場とは言え、短距離戦だけあってやはり前目の位置で競馬をする馬ほど好成績を残しています。

基本的には残り600m地点で先頭から2馬身以内の位置にいるような馬を積極的に買いたいコースとなります。

逆に、6馬身を超えて離されていると、連対率が急激に悪化します。差し・追い込み馬に対する過度な信用は禁物かもしれません。

おわりに

今回は東京競馬場の芝1400mについて、その特徴を統計情報と併せて見てきました。

京王杯スプリングカップや京王杯2歳ステークスが行われるコースになりますが、内枠有利・外枠不利のコースとなるので、特に多頭数の場合、外枠の馬は割り引いて考えた方が良さそうです。

また、好相性なレースコースが多く存在する一方で、各競馬場のスプリントコースとは軒並み相性が良くないため、スプリンターよりもマイラーを重視した予想の組み立てが必要になると思われます。

以上です。東京競馬場の他のコースの特徴は東京競馬場の特徴をご参照ください。


スポンサーリンク