東京競馬場 ダート2100mの特徴 – ブラジルCやブリリアントSで狙うべき馬の探し方

東京競馬場のダート2100mの特徴を、統計情報を基に見ていきたいと思います。

ブラジルカップやブリリアントステークスといったレースが行われるコースになりますが、その特徴を様々な観点からチェックしていきましょう。

東京競馬場・ダート2100mの馬番別実績

まず、本コースにおける枠順の有利・不利を確認してみたいと思います。

なお、馬番別実績は各馬番毎の勝率・連対率・3着内率に加えて、3着内率については期待値と実績の差分である「偏差」も掲載しています。そして、枠順の有利・不利はこの「偏差」がプラスかマイナスかで評価することになります。

なぜなら、単純に集計すると外枠の勝率・連対率・3着内率は内枠と比較して必ず成績が悪くなるためです。詳しくは こちら をご覧ください。

東京競馬場のダート2100mの馬番別実績は下表の通りです。(集計対象は2004~2020年です。)

馬番勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
出走頭数偏差
[%]
014.111.017.4483-4.1
025.210.618.9481-2.5
038.314.721.1483-0.3
048.117.725.24813.7
057.915.824.44803.0
068.716.125.14833.6
075.612.319.1481-2.3
086.815.824.14822.7
097.615.423.44742.2
107.915.019.7468-1.3
117.012.419.6445-0.9
128.316.724.54204.5
137.012.916.8388-2.9
145.912.716.6355-2.7
158.211.719.93170.8
163.78.611.9269-7.0

馬番毎の有利・不利の差が激しいレースコースとなります。基本的には、内枠と外枠が両方とも成績が良くありません。

好成績なのは4~6番枠、あるいは12番枠となります。実際、ブラジルカップもブリリアントステークスもこれらの馬番の馬は頻繁に馬券に絡みます。

逆に1番枠、2番枠、13番枠、14番枠、16番枠は成績が芳しくありません。特に大外の16番枠に入った馬は相当な割引が必要そうです。

東京競馬場・ダート2100mと相性の良いレースコース

続いて、本コースと相性の良いレースコースを見ていきたいと思います。

相性の良さとは具体的にどういうことなのかですが、ここではどのようなレースコースで好走した馬が、東京競馬場のダート2100mでも好走する確率が高いのか、という観点で情報を見ていきたいと思います。

具体的には、過去3走以内に○○というレースコースで5着以内に入った馬が東京競馬場のダート2100mで走った場合の勝率・連対率・3着内率を見ていきたいと思います。

それでは、東京競馬場のダート2100mと相性の良いレースコースを見ていきましょう。(集計対象は2004~2020年です。)


◎◎◎東京ダ2100と相性の良いレースコース◎◎◎
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
阪神ダ2000
で5着以内に入った馬の成績
14.4%24.2%33.9%236
3走前までに
京都ダ1800
で5着以内に入った馬の成績
11.7%22.8%33.9%307

相性が良いレースコースは2つだけです。

一つ目は阪神競馬場のダート2000mとなります。距離も近いことから、ある意味わかりやすい傾向かと思います。

二つ目は京都競馬場のダート1800mとなりますが、残念ながら京都競馬場は現在改装工事中のため、このデータはしばらく使えないですね・・・。


スポンサーリンク


東京競馬場・ダート2100mと相性の悪いレースコース

さらに、本コースと相性の悪いレースコースを見ていきたいと思います。

先程と真逆で、ここではどのようなレースコースで好走した馬が東京競馬場のダート2100mだと好走する確率が低いのか、言い換えると、好走歴があてにならないレースコースはどれか、という観点で情報を見ていきたいと思います。

東京競馬場のダート2100mと相性の悪いレースコースは以下の通りです。(集計対象は2004~2020年です。)

×××東京ダ2100と相性の悪いレースコース×××
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
新潟ダ1800
で5着以内に入った馬の成績
8.5%16.9%24.9%515
3走前までに
中山ダ2400
で5着以内に入った馬の成績
9.2%18.4%28.6%500

相性が悪いレースコースも2つになります。

一つ目は新潟競馬場のダート1800mとなります。同じ左回りとはいえ、数字上はあまり相性が良くないので、注意が必要です。

二つ目の中山競馬場のダート2400mはものすごく数字が悪いというわけではありませんが、まぁ参考程度に。

東京競馬場・ダート2100mの位置取り別実績

最後に、位置取りの有利・不利についても見ていきたいと思います。

本ブログでは、位置取り別の成績として残り600m地点での先頭との差毎の勝率・連対率・3着内率を掲載します。(集計対象は2004~2020年です。ただし、新馬・未勝利戦は除いています。)

東京競馬場のダート2100mの位置取り別実績は下表の通りです。

残り600m地点での先頭との差勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
頭数
タイム差無し14.725.236.6448
半馬身〜2馬身12.222.531.8930
2馬身超〜4馬身6.915.523.21351
4馬身超〜6馬身4.88.815.0918
6馬身超〜8馬身2.16.411.5564
8馬身超〜10馬身2.46.09.2336
10馬身超2.75.67.4339

距離も直線も長かったりするわけですが、やはりダートコースなので前目のポジションの馬はかなりの好成績を残しています。

勝率や連対率基準で見ると、残り600m地点で先頭から2馬身以内にいる馬が他と比べて非常に良い数字となっています。

逆に、4馬身を超えて離されていると連対率も3着内率も急激に悪化しますので、差し・追い込み馬を過度に信用するのは避けた方が良さそうです。

おわりに

今回は東京競馬場のダート2100mについて、その特徴を統計情報と併せて見てきました。

重賞は無く、ブラジルカップ、ブリリアントステークスといったリステッド競走が代表的なレースとなるコースになりますが、枠順による有利・不利が激しいコースとなるので、予想の際には注意が必要そうです。

また、なんだかんだで先行馬の成績が非常に良いコースとなりますので、前目の位置で競馬ができる馬を積極的に狙っていくと良いでしょう。

以上です。東京競馬場の他のコースの特徴は東京競馬場の特徴をご参照ください。


スポンサーリンク