東京競馬場 ダート1600mの特徴 – フェブラリーSやユニコーンSで狙うべき馬の探し方

東京競馬場のダート1600mの特徴を、統計情報を基に見ていきたいと思います。

東京競馬場・ダート1600mの馬番別実績

最初に、本コースの枠順の有利・不利を見ていきたいと思います。

なお、馬番別実績は各馬番毎の勝率・連対率・3着内率に加えて、3着内率については期待値と実績の差分である「偏差」も掲載しています。そして、枠順の有利・不利はこの「偏差」がプラスかマイナスかで評価することになります。

なぜなら、単純に集計すると外枠の勝率・連対率・3着内率は内枠と比較して必ず成績が悪くなるためです。詳しくは こちら をご覧ください。

東京競馬場のダート1600mの馬番別実績は下表の通りです。(集計対象は2004~2020年です。)

馬番勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
出走頭数偏差
[%]
014.79.314.21670-6.3
025.611.617.31685-3.2
035.811.819.91676-0.6
046.212.620.01678-0.6
055.711.718.21678-2.4
067.514.522.116801.6
077.114.220.716750.1
086.613.020.816810.3
097.014.220.616660.2
108.116.023.416593.1
117.915.222.016191.9
127.114.820.915571.0
136.913.319.714850.2
146.414.320.613911.3
158.114.621.312652.3
167.615.522.611133.7

ご覧の通り、全体的に外枠の成績が良いコースとなります。これは芝スタートの影響によるものと考えられます。そしてこちらも有名な通り、最内の方の枠はかなり悪い成績となっています。特に1番枠は鬼門と言ってよいレベルです。

ということで、迷ったら外枠の馬を買うのが良さそうです。

東京競馬場・ダート1600mと相性の良いレースコース

続いて、本コースと相性の良いレースコースを見ていきたいと思います。

相性の良さと一口に言っても色々と考え方がありますが、ここではどのようなレースコースで好走した馬が、東京競馬場のダート1600mでも好走する確率が高いのか、という観点で情報を見ていきたいと思います。

具体的には、過去3走以内(ただし1年以内)に○○というレースコースで5着以内に入った馬が東京競馬場のダート1600mで走った場合の勝率・連対率・3着内率を見ていきたいと思います。

以上を前提として、東京競馬場のダート1600mと相性の良いレースコースは以下の通りです。(集計対象は2004~2020年です。)


◎◎◎東京ダ1600と相性の良いレースコース◎◎◎
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
中山芝2000
で5着以内に入った馬の成績
18.1%29.9%36.1%144
3走前までに
東京芝1800
で5着以内に入った馬の成績
16.4%24.2%35.8%165
3走前までに
東京芝1600
で5着以内に入った馬の成績
14.2%25.6%36.0%289
3走前までに
京都ダ1800
で5着以内に入った馬の成績
12.5%24.9%37.1%574
3走前までに
東京ダ1600
で5着以内に入った馬の成績
12.2%23.7%34.2%5301

意外にも勝率のトップ3は芝のレースコースが占めています。特に中山競馬場の芝2000mという、一見すると何も関係が無さそうなレースで好走した馬は、本コースでも好走する確率が高いのは、かなり驚きですね。

また、同じ東京競馬場の芝1800mや芝1600mも好相性なようです。オープンや準オープンなどではそもそもあまりこういった馬が出てきませんが、下級条件のレースでは覚えておいて損の無い特徴だと思われます。

同じダートコースだと、京都競馬場の1800mと、東京競馬場の1600mが好相性です。もっとも、京都競馬場は現在改装中なので、しばらくは使えないデータになってしまいますが・・・。そのため、やはり同じ舞台で好走した馬を素直に頼りにするのが良さそうです。


スポンサーリンク


東京競馬場・ダート1600mと相性の悪いレースコース

続いて、本コースと相性の悪いレースコースを見ていきたいと思います。

先程と真逆で、ここではどのようなレースコースで好走した馬が東京競馬場のダート1600mで好走する確率が低いのか、言い換えると、好走歴があてにならないレースコースはどれか、という観点で情報を見ていきたいと思います。

東京競馬場のダート1600mと相性の悪いレースコースは以下の通りです。(集計対象は2004~2020年です。)

×××東京ダ1600と相性の悪いレースコース×××
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
京都ダ1200
で5着以内に入った馬の成績
5.7%10.5%15.2%105
3走前までに
新潟ダ1200
で5着以内に入った馬の成績
6.6%14.6%21.6%213
3走前までに
中山ダ1200
で5着以内に入った馬の成績
6.8%14.9%21.6%736
3走前までに
函館ダ1700
で5着以内に入った馬の成績
6.9%15.6%23.9%218
3走前までに
札幌ダ1700
で5着以内に入った馬の成績
8.4%17.3%25.2%226
3走前までに
福島ダ1700
で5着以内に入った馬の成績
8.5%16.8%28.6%650
3走前までに
東京ダ1400
で5着以内に入った馬の成績
8.8%18.2%28.7%1717
3走前までに
新潟ダ1800
で5着以内に入った馬の成績
9.7%19.6%28.2%1179
3走前までに
東京ダ2100
で5着以内に入った馬の成績
9.8%19.3%25.0%244

まず目につくのが京都、新潟、中山のダート1200m戦との相性の悪さです。特に、中山競馬場のダート1200mを好走した後に、本コースのレースに出走してくる馬は結構多いわけですが、そういった馬はあまり信用しない方が良さそうです。

他には函館、札幌、福島のダート1700m戦との相性も悪いようです。距離も近いので相性もそこそこかと思いきや、やはりローカルと東京ではちょっとレベルが違うのかもしれません。

最後に特筆すべきは、同じ東京競馬場のダート1400mとの相性です。ものすごく悪いというわけでもありませんが、かなり近しい条件だと思えることを踏まえると、この成績は冴えないの一言です。やはり芝スタートと、ダートスタートでは少々違うのかもしれません。

いずれにしても、ここに掲載されているレースコースで好走した馬に、過剰な信頼を置くのは少し考えた方が良さそうです。

東京競馬場・ダート1600mの位置取り別実績

最後に、位置取りの有利・不利についても見ていきたいと思います。

本ブログでは、位置取り別の成績として残り600m地点での先頭との差毎の勝率・連対率・3着内率を掲載します。(集計対象は2004~2020年です。ただし、新馬・未勝利戦は除いています。)

東京競馬場のダート1600mの位置取り別実績は下表の通りです。

残り600m地点での先頭との差勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
頭数
タイム差無し11.120.829.01177
半馬身〜2馬身11.621.630.12525
2馬身超〜4馬身7.514.822.93802
4馬身超〜6馬身4.510.817.02694
6馬身超〜8馬身3.98.312.81962
8馬身超〜10馬身2.66.210.11069
10馬身超2.24.68.41008

やはりダートコースのため、基本的には前目で競馬をする馬の成績が良いようですね。

残り600m地点で先頭から2馬身以内につけているか、それ以上離されているかで、勝率・連対率・3着内率のいずれも大きな差が生じていることがわかります。そのため、軸馬は先行馬を選ぶのが良さそうです。紐についても極端な追い込み馬は敬遠した方が無難かもしれません。

おわりに

さて、東京競馬場・ダート1600mの特徴を統計情報から見てきましたが、いかがだったでしょうか。

本コースはフェブラリーステークスやユニコーンステークスの舞台でもあり、JRAのダート路線の王道のような位置づけにも思えますが、枠順の有利・不利が結構あったりするので、純粋に馬の実力重視で馬券を買うと、苦戦することもありそうです。

以上です。東京競馬場の他のコースの特徴は東京競馬場の特徴をご参照ください。


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です