日経賞2021の予想

今週の土曜日に行われる日経賞の予想を公開します。

日経賞の予想

本ブログでは独自の指数を使った予想を公開しています。日経賞の出走各馬の指数は下表の通りです。

1位 2 ワールドプレミア 62.2 9位 14 ゴーフォザサミット 48.8
2位 7 カレンブーケドール 61.2 10位 5 ナイママ 48.6
3位 6 ウインキートス 60.4 11位 13 ラストドラフト 46.7
4位 10 ジャコマル 57.9 12位 1 ヒュミドール 46.5
5位 9 ムイトオブリガード 55.3 13位 3 アールスター 44.5
6位 12 ダンビュライト 51.1 14位 8 オセアグレイト 43.2
7位 4 ウインマリリン 49.6 15位 15 サトノルークス 32.7
8位 11 シークレットラン 49.0
1位 2 ワールドプレミア 62.2
2位 7 カレンブーケドール 61.2
3位 6 ウインキートス 60.4
4位 10 ジャコマル 57.9
5位 9 ムイトオブリガード 55.3
6位 12 ダンビュライト 51.1
7位 4 ウインマリリン 49.6
8位 11 シークレットラン 49.0
9位 14 ゴーフォザサミット 48.8
10位 5 ナイママ 48.6
11位 13 ラストドラフト 46.7
12位 1 ヒュミドール 46.5
13位 3 アールスター 44.5
14位 8 オセアグレイト 43.2
15位 15 サトノルークス 32.7

指数1位はワールドプレミアです。指数は前走の有馬記念が61.3、前々走のジャパンカップが63.1といずれも高評価です。まぁ両競走とも見た目の着順はともかく、勝負に参加していたかと言えばちょっと怪しいのは事実ですが、強豪が揃うレースでも大崩れしないのは実力があるからこそ。武豊からの乗り替わりが気になるのは確かですが、唯一のGI馬としてここでは格の違いを見せつけてくれることでしょう。

指数2位はカレンブーケドールです。直近3戦の指数は、有馬記念が61.3、ジャパンカップが65.0、オールカマーが57.3ということで、やはり三冠馬3頭と好勝負を演じたジャパンカップが高評価。この馬もひたすら安定している(勝てないけど)ので、今回も2着は堅いでしょう。(勝てるとは言っていない。)

上記の馬に続くのがウインキートス、ジャコマル、ムイトオブリガードといった馬たちです。特にジャコマルはあまり人気が無いかもしれませんが、3走前に今回と同じ舞台のグレイトフルステークスを軽快に逃げ切ってますので、マイペースで逃げられれば番狂わせがあるかもしれません。

ということで、本ブログではワールドプレミアを軸に、カレンブーケドール、ウインキートス、ジャコマル、ムイトオブリガードを相手にした馬連流しを買い目とします。


スポンサーリンク


日経賞・過去5年の成績

次に、日経賞の過去5年の成績を見ていきましょう。

2020年 指数 馬連 馬単 三連複 三連単
1着 14 ミッキースワロー 1人気 51.8 (7位) 1,270円 2,410円 7,980円 33,160円
2着 10 モズベッロ 2人気 53.7 (6位)
3着 12 スティッフェリオ 9人気 60.6 (3位)
2019年 指数 馬連 馬単 三連複 三連単
1着 01 メイショウテッコン 3人気 55.9 (5位) 610円 1,330円 1,390円 6,940円
2着 07 エタリオウ 1人気 61.6 (1位)
3着 04 サクラアンプルール 4人気 56.9 (3位)
2018年 指数 馬連 馬単 三連複 三連単
1着 12 ガンコ 3人気 54.8 (6位) 5,880円 9,850円 23,270円 136,540円
2着 03 チェスナットコート 7人気 57.8 (3位)
3着 11 サクラアンプルール 6人気 56.0 (5位)
2017年 指数 馬連 馬単 三連複 三連単
1着 13 シャケトラ 4人気 60.9 (4位) 6,370円 12,200円 32,630円 167,310円
2着 11 ミライヘノツバサ 7人気 53.6 (8位)
3着 10 アドマイヤデウス 6人気 61.9 (2位)
2016年 指数 馬連 馬単 三連複 三連単
1着 09 ゴールドアクター 2人気 59.6 (2位) 370円 770円 530円 2,170円
2着 04 サウンズオブアース 1人気 56.0 (4位)
3着 02 マリアライト 4人気 60.2 (1位)
2020年 指数
1着 14 ミッキースワロー 1人気 51.8
(7位)
2着 10 モズベッロ 2人気 53.7
(6位)
3着 12 スティッフェリオ 9人気 60.6
(3位)
馬連:1,270円  馬単:2,410円
三連複: 7,980円  三連単: 33,160円
2019年 指数
1着 01 メイショウテッコン 3人気 55.9
(5位)
2着 07 エタリオウ 1人気 61.6
(1位)
3着 04 サクラアンプルール 4人気 56.9
(3位)
馬連:610円  馬単:1,330円
三連複: 1,390円  三連単: 6,940円
2018年 指数
1着 12 ガンコ 3人気 54.8
(6位)
2着 03 チェスナットコート 7人気 57.8
(3位)
3着 11 サクラアンプルール 6人気 56.0
(5位)
馬連:5,880円  馬単:9,850円
三連複: 23,270円  三連単: 136,540円
2017年 指数
1着 13 シャケトラ 4人気 60.9
(4位)
2着 11 ミライヘノツバサ 7人気 53.6
(8位)
3着 10 アドマイヤデウス 6人気 61.9
(2位)
馬連:6,370円  馬単:12,200円
三連複: 32,630円  三連単: 167,310円
2016年 指数
1着 09 ゴールドアクター 2人気 59.6
(2位)
2着 04 サウンズオブアース 1人気 56.0
(4位)
3着 02 マリアライト 4人気 60.2
(1位)
馬連:370円  馬単:770円
三連複: 530円  三連単: 2,170円

まぁ配当的には普通のレースですね。堅く決まることもあれば、そこそこ荒れることもあるという、普通の傾向です。

例年だと日経新春杯組が強かったりするのですが、今年は珍しく該当馬が一頭もいません。代わりと言ってはなんですが、AJCC組が好走することも多いので、ラストドラフトあたりには期待できそうでしょうか。

中山競馬場・芝2500mの特徴から見た推奨馬・危険な馬

最後に、中山競馬場の芝2500mの特徴から推奨馬や危険な馬を考えてみたいと思います。

馬番別実績で好成績を挙げているのは7番枠になります。今回この枠に入ったカレンブーケドールはますます期待してしまいますね。さすがに今回は勝ってしまうのでしょうか。(と思わせてまた2着になる可能性も高そうですが・・・。)

一方で、外枠が壊滅的な成績で有名な本コースですが、特に14番枠と15番枠はかなり数字が悪いです。ゴーフォザサミットとサトノルークスは無条件で切っても良いかもしれません。サトノルークスは特に厳しいですね。

また、中山競馬場の芝2500mはリピーターが活躍しやすい舞台でもあります。有馬記念で上位だったカレンブーケドールやワールドプレミアは当然として、グレイトフルステークス組のジャコマルウインキートスも好走の目がありそうです。

おわりに

日経賞の予想をご覧いただきありがとうございました。

中央競馬の重賞競走の詳しいデータを知りたい場合はこちらの本がオススメです。

中央競馬の全ての重賞について過去10年分のデータを基に、人気と配当の傾向、有力なステップレース、買える馬・買えない馬の特徴・・・等々がまとめられています。

とても参考になる(特に買えない馬のデータは参考になります)だけでなく、読み物としても面白い内容となっていますので、是非読んでみてください。


以上です。他の重賞予想は今週の競馬予想(重賞)をご参照ください。


スポンサーリンク