新潟競馬場 芝2000m外回りの特徴 – 新潟記念や新潟大賞典で狙うべき馬の探し方

新潟競馬場の芝2000m外回りの特徴を、統計情報を基に見ていきたいと思います。なお、新潟競馬場の芝2000mには内回りコースもあるのでご注意ください。

新潟記念や新潟大賞典といった、新潟競馬場の主要レースが行われるコースになりますが、その特徴を様々な観点からチェックしていきましょう。

新潟競馬場・芝2000m外回りの馬番別実績

まず、本コースにおける枠順の有利・不利を確認してみたいと思います。

なお、馬番別実績は各馬番毎の勝率・連対率・3着内率に加えて、3着内率については期待値と実績の差分である「偏差」も掲載しています。そして、枠順の有利・不利はこの「偏差」がプラスかマイナスかで評価することになります。

なぜなら、単純に集計すると外枠の勝率・連対率・3着内率は内枠と比較して必ず成績が悪くなるためです。詳しくは こちら をご覧ください。

新潟競馬場の芝2000m外回りの馬番別実績は下表の通りです。(集計対象は2004~2020年です。)

馬番勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
出走頭数偏差
[%]
0111.416.924.42540.5
028.112.818.2258-5.7
035.514.123.8256-0.1
048.117.825.62581.7
058.916.727.92584.0
067.416.326.02582.1
077.016.325.22581.3
0810.019.125.12511.6
096.612.418.7241-4.3
104.813.518.7230-3.7
114.414.320.2203-1.2
127.216.127.21806.6
138.412.919.4155-0.5
147.311.415.4123-3.6
1510.019.026.01007.6
165.17.715.478-2.6
175.48.18.137-8.9
183.77.411.127-5.6

サンプル数が少ないのである意味仕方ないのですが、枠順による有利・不利が激しいコースとなっています。

基本的には内枠がそれなりに有利だと言えそうですが、2番枠だけは例外なので注意。勝率はまずますですが、連対率や3着内率で見ると非常に成績が悪いです。

また、16番枠以降の馬番は成績がかなり悪いです。サンプル数が少ないので信頼度についてはイマイチかもしれませんが、まぁそれでも積極的には買えないと思われます。

新潟競馬場・芝2000m外回りと相性の良いレースコース

続いて、本コースと相性の良いレースコースを見ていきたいと思います。

相性の良さとは具体的にどういうことなのかですが、ここではどのようなレースコースで好走した馬が、新潟競馬場の芝2000m外回りでも好走する確率が高いのか、という観点で情報を見ていきたいと思います。

具体的には、過去3走以内に○○というレースコースで5着以内に入った馬が新潟競馬場の芝2000m外回りで走った場合の勝率・連対率・3着内率を見ていきたいと思います。

それでは、新潟競馬場の芝2000m外回りと相性の良いレースコースを見ていきましょう。(集計対象は2004~2020年です。)


◎◎◎新潟芝2000外と相性の良いレースコース◎◎◎
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
京都芝1800外
で5着以内に入った馬の成績
19.0%38.0%43.0%79
3走前までに
京都芝2400外
で5着以内に入った馬の成績
15.8%29.8%35.1%57
3走前までに
新潟芝2000外
で5着以内に入った馬の成績
14.4%23.0%34.4%291
3走前までに
中京芝2000
で5着以内に入った馬の成績
13.8%29.7%37.7%138
3走前までに
東京芝2400
で5着以内に入った馬の成績
13.5%29.8%38.5%104
3走前までに
中山芝2000
で5着以内に入った馬の成績
12.0%23.9%33.7%184
3走前までに
中山芝1800
で5着以内に入った馬の成績
11.8%25.5%40.9%110
3走前までに
阪神芝1800外
で5着以内に入った馬の成績
11.6%27.4%40.0%95

こちらもまた全体的にサンプル数が少ないのであくまで参考程度ということにはなると思いますが、その前提で最も好相性なのは京都競馬場の芝1800mになります。もっとも、京都競馬場は改装工事中なのでこのデータはしばらく使えませんが・・・。

それ以外で言うと、中京競馬場の芝2000m、東京競馬場の芝2400m、中山競馬場の芝1800mや芝2000mあたりが好相性なようです。

そして、同じコース(つまり新潟競馬場の芝2000m外回り)で好走した馬も積極的に狙うのが良さそうだと思われます。


スポンサーリンク


新潟競馬場・芝2000m外回りと相性の悪いレースコース

さらに、本コースと相性の悪いレースコースを見ていきたいと思います。

先程と真逆で、ここではどのようなレースコースで好走した馬が新潟競馬場の芝2000m外回りだと好走する確率が低いのか、言い換えると、好走歴があてにならないレースコースはどれか、という観点で情報を見ていきたいと思います。

新潟競馬場の芝2000m外回りと相性の悪いレースコースは以下の通りです。(集計対象は2004~2020年です。)

×××新潟芝2000外と相性の悪いレースコース×××
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
福島芝2000
で5着以内に入った馬の成績
7.0%14.6%26.9%171
3走前までに
福島芝1800
で5着以内に入った馬の成績
8.2%17.6%29.4%85

サンプル数が少ないのであくまで参考程度ですが、福島競馬場の芝1800mや芝2000mとは相性が良くないようです。

直線の長い本コースと、小回りの福島競馬場では求められる能力が異なるのだと思われます。

新潟競馬場・芝2000m外回りの位置取り別実績

最後に、位置取りの有利・不利についても見ていきたいと思います。

本ブログでは、位置取り別の成績として残り600m地点での先頭との差毎の勝率・連対率・3着内率を掲載します。(集計対象は2004~2020年です。ただし、新馬・未勝利戦は除いています。)

新潟競馬場の芝2000m外回りの位置取り別実績は下表の通りです。

残り600m地点での先頭との差勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
頭数
タイム差無し8.818.625.8318
半馬身〜2馬身8.718.827.4642
2馬身超〜4馬身8.717.425.61043
4馬身超〜6馬身7.112.521.0606
6馬身超〜8馬身6.311.516.7366
8馬身超〜10馬身4.58.414.0179
10馬身超3.38.113.3271

直線が日本一長い新潟競馬場の芝の外回りコースだけあり、他のレースコースと比較すると逃げ・先行馬の成績がそれほど良くはありません。(もちろん相対的には良いのですが。)

言い換えると、差し・追い込み馬を狙いやすいコースと言えます。

1着を狙うにあたっては、残り600m地点で先頭から8馬身以内の位置にいれば十分勝負になるようです。

3着内率についてはどのポジションであっても二桁ありますので、紐であればなおさらどの脚質の馬から選んでも問題は無さそうです。

おわりに

今回は新潟競馬場の芝2000m外回りについて、その特徴を統計情報と併せて見てきました。

新潟記念や新潟大賞典といったレースが行われるコースになりますが、多頭数の場合だと大外枠付近に入った馬は割り引いて考えた方が良さそうです。

一方で、直線の長さから想像されるように、差し・追い込み馬が他のレースコースと比較して馬券によく絡むコースになりますので、他のレースコースでイマイチだった差し・追い込み馬を敢えて狙ってみるのもアリかもしれません。

以上です。新潟競馬場の他のコースの特徴は新潟競馬場の特徴をご参照ください。


スポンサーリンク