新潟競馬場 芝1800mの特徴 – 弥彦特別や三面川特別で狙うべき馬の探し方

新潟競馬場の芝1800mの特徴を、統計情報を基に見ていきたいと思います。

重賞やオープン特別はおろか、3勝クラスのレースすらレギュラーでは組まれていないコースになりますが、その特徴を様々な観点からチェックしていきましょう。

新潟競馬場・芝1800mの馬番別実績

まず、本コースにおける枠順の有利・不利を確認してみたいと思います。

なお、馬番別実績は各馬番毎の勝率・連対率・3着内率に加えて、3着内率については期待値と実績の差分である「偏差」も掲載しています。そして、枠順の有利・不利はこの「偏差」がプラスかマイナスかで評価することになります。

なぜなら、単純に集計すると外枠の勝率・連対率・3着内率は内枠と比較して必ず成績が悪くなるためです。詳しくは こちら をご覧ください。

新潟競馬場の芝1800mの馬番別実績は下表の通りです。(集計対象は2004~2020年です。)

馬番勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
出走頭数偏差
[%]
014.79.815.5509-5.4
025.511.720.1513-0.8
036.114.119.8510-1.1
045.613.019.5514-1.4
057.514.221.75080.8
067.814.821.95121.1
076.913.421.75070.9
088.816.021.45130.6
096.315.323.15112.3
105.411.717.7497-2.7
117.914.922.44692.5
127.113.021.24381.9
138.414.018.94070.1
145.713.319.33680.9
157.713.519.13251.1
164.810.715.9270-1.6
177.011.819.81872.9
188.413.018.21541.4

特徴としては最内の1番枠だけ極端に成績が悪いということが挙げられます。連対率が2桁に届かないのはなかなかの成績の悪さです。

一方で、他の馬番はそれほど有利・不利の差が激しいわけではなさそうです。

ということで、枠順については最内枠に入った馬をチェックする感じでしょうか。

新潟競馬場・芝1800mと相性の良いレースコース

続いて、本コースと相性の良いレースコースを見ていきたいと思います。

相性の良さとは具体的にどういうことなのかですが、ここではどのようなレースコースで好走した馬が、新潟競馬場の芝1800mでも好走する確率が高いのか、という観点で情報を見ていきたいと思います。

具体的には、過去3走以内に○○というレースコースで5着以内に入った馬が新潟競馬場の芝1800mで走った場合の勝率・連対率・3着内率を見ていきたいと思います。

それでは、新潟競馬場の芝1800mと相性の良いレースコースを見ていきましょう。(集計対象は2005~2020年です。)


◎◎◎新潟芝1800外と相性の良いレースコース◎◎◎
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
阪神芝1800外
で5着以内に入った馬の成績
17.1%33.5%42.4%158
3走前までに
中山芝2000
で5着以内に入った馬の成績
15.9%31.3%41.8%182
3走前までに
新潟芝2000
で5着以内に入った馬の成績
14.9%26.7%35.6%101
3走前までに
京都芝1800外
で5着以内に入った馬の成績
14.3%27.7%40.3%119
3走前までに
東京芝1800
で5着以内に入った馬の成績
13.8%25.8%36.3%477
3走前までに
新潟芝1800外
で5着以内に入った馬の成績
12.0%22.8%34.4%619

最も好相性なのは阪神競馬場の芝1800mになります。次いで、中山競馬場の芝2000mもかなりの好相性ですね。夏競馬に入った時、あるいは秋の中山・阪神開催から新潟開催に移った際には、このデータが使えそうです。

その他、同じ新潟競馬場の芝2000m(ただし内回り)、京都競馬場の芝1800m、東京競馬場の芝1800mも好相性です。

また、新潟競馬場の芝1800mで好走した馬は、同じ舞台で再度好走する可能性も高いようです。

新潟競馬場・芝1800mと相性の悪いレースコース

さらに、本コースと相性の悪いレースコースを見ていきたいと思います。

先程と真逆で、ここではどのようなレースコースで好走した馬が新潟競馬場の芝1800mだと好走する確率が低いのか、言い換えると、好走歴があてにならないレースコースはどれか、という観点で情報を見ていきたいと思います。

新潟競馬場の芝1800mと相性の悪いレースコースは以下の通りです。(集計対象は2005~2020年です。)

×××新潟芝1800外と相性の悪いレースコース×××
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
福島芝2000
で5着以内に入った馬の成績
7.2%19.9%27.1%166
3走前までに
中山芝1600外
で5着以内に入った馬の成績
8.3%18.5%26.2%168
3走前までに
福島芝1800
で5着以内に入った馬の成績
8.6%17.9%26.6%290
3走前までに
新潟芝2000外
で5着以内に入った馬の成績
9.1%15.6%26.6%154

いずれも凄く数字が悪いというわけではありませんが、たとえば福島競馬場の芝1800mや芝2000mはあまり数字が冴えないようです。

また、同じ新潟競馬場の芝2000mでも、内回りは先程述べた通り好相性なのに対して、外回りは数字が良くないのも、少し面白い傾向です。(同じ外回りの方が相性が良さそうなのに、不思議なものです。)

新潟競馬場・芝1800mの位置取り別実績

最後に、位置取りの有利・不利についても見ていきたいと思います。

本ブログでは、位置取り別の成績として残り600m地点での先頭との差毎の勝率・連対率・3着内率を掲載します。(集計対象は2004~2020年です。ただし、新馬・未勝利戦は除いています。)

新潟競馬場の芝1800mの位置取り別実績は下表の通りです。

残り600m地点での先頭との差勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
頭数
タイム差無し10.319.326.5321
半馬身〜2馬身8.417.326.0643
2馬身超〜4馬身8.716.224.71090
4馬身超〜6馬身5.612.418.0643
6馬身超〜8馬身3.78.814.4432
8馬身超〜10馬身4.07.011.5227
10馬身超3.97.912.5304

やはり日本一直線の長い新潟競馬場の外回りコースということで、他の競馬場のコースと比較すると、逃げ馬の成績が冴えません。(もちろん相対的には良いのですが。)

とは言えなんだかんだで先行馬の成績の方が良く、データ的には残り600m地点で先頭から4馬身以内の位置にいるような馬を積極的に買いたいですね。

逆に、残り600m地点で連対率が6馬身を超えて離されていると連対率が悪化します。

おわりに

今回は新潟競馬場の芝1800mについて、その特徴を統計情報と併せて見てきました。

下級条件のレースが中心となるコースになりますが、大きな特徴として1番枠の馬の成績がかなり悪いことが挙げられます。

また、阪神競馬場の芝1800mや中山競馬場の芝2000mと好相性なので、そういったコースで好走歴のある馬を積極的に狙っていきたいところです。

以上です。新潟競馬場の他のコースの特徴は新潟競馬場の特徴をご参照ください。


スポンサーリンク