弥生賞2021の予想

今週の土曜日に行われる弥生賞ディープインパクト記念の予想を公開したいと思います。

弥生賞の予想

本ブログでは独自の指数を使った予想を公開しています。弥生賞の出走各馬の指数は下表の通りです。

1位 2 ダノンザキッド 67.4 6位 4 タイトルホルダー 48.1
2位 5 ホウオウサンデー 61.6 7位 8 ソーヴァリアント 46.7
3位 7 タイムトゥヘヴン 56.6 8位 3 テンバガー 42.7
4位 10 シュネルマイスター 55.5 9位 1 ゴールデンシロップ 40.9
5位 9 タイセイドリーマー 48.7 10位 6 ワンデイモア 31.6
1位 2 ダノンザキッド 67.4
2位 5 ホウオウサンデー 61.6
3位 7 タイムトゥヘヴン 56.6
4位 10 シュネルマイスター 55.5
5位 9 タイセイドリーマー 48.7
6位 4 タイトルホルダー 48.1
7位 8 ソーヴァリアント 46.7
8位 3 テンバガー 42.7
9位 1 ゴールデンシロップ 40.9
10位 6 ワンデイモア 31.6

指数1位はやはりダノンザキッドです。前走はGIのホープフルステークスを快勝し、デビュー以来無敗の3連勝中です。もちろんここは皐月賞・ダービーへのたたき台ではあるのでしょうが、相手関係からしても崩れるのは考えづらいですね。(むしろ気になるのは、最近のトレンド的にホープフルステークスを勝った馬は皐月賞に直行することが多いので、わざわざここを使う理由ですかね・・・。)

指数2位はなんとホウオウサンデーです。中山芝2000mの新馬戦を勝っただけの1戦1勝馬という不気味な存在です。とはいえ2019年のシュヴァルツリーゼのような例もありますので、侮れない一頭かもしれません。

さらに続くのが、タイムトゥヘヴン、シュネルマイスター、タイセイドリーマーといった馬たちになります。特にシュネルマイスターは前走のひいらぎ賞を上がり最速で圧勝しており、まだまだ底を見せていない一頭。距離延長が鍵になりますが、今回ダノンザキッドを負かす可能性があるとしたらこの馬くらいかもしれません。

ということで、本ブログではダノンザキッドを軸に、ホウオウサンデー、タイムトゥヘヴン、シュネルマイスター、タイセイドリーマーを相手にした馬連流しを買い目とします。

弥生賞・過去5年の成績

次に、弥生賞の過去5年の成績を見ていきましょう。

2020年 指数 馬連 馬単 三連複 三連単
1着 01 サトノフラッグ 2人気 61.5 (2位) 370円 690円 420円 1,510円
2着 08 ワーケア 1人気 61.3 (3位)
3着 10 オーソリティ 3人気 53.4 (6位)
2019年 指数 馬連 馬単 三連複 三連単
1着 10 メイショウテンゲン 8人気 46.9 (8位) 32,600円 69,140円 38,960円 457,370円
2着 05 シュヴァルツリーゼ 6人気 25.0 (10位)
3着 08 ブレイキングドーン 4人気 52.6 (5位)
2018年 指数 馬連 馬単 三連複 三連単
1着 09 ダノンプレミアム 1人気 68.3 (1位) 300円 450円 500円 1,320円
2着 08 ワグネリアン 2人気 57.6 (2位)
3着 03 ジャンダルム 4人気 44.8 (5位)
2017年 指数 馬連 馬単 三連複 三連単
1着 11 カデナ 1人気 65.1 (1位) 4,360円 5,480円 9,480円 46,720円
2着 10 マイスタイル 8人気 56.0 (3位)
3着 04 ダンビュライト 5人気 47.6 (9位)
2016年 指数 馬連 馬単 三連複 三連単
1着 11 マカヒキ 2人気 57.0 (3位) 220円 440円 190円 830円
2着 10 リオンディーズ 1人気 54.6 (5位)
3着 04 エアスピネル 3人気 65.7 (1位)
2020年 指数
1着 01 サトノフラッグ 2人気 61.5
(2位)
2着 08 ワーケア 1人気 61.3
(3位)
3着 10 オーソリティ 3人気 53.4
(6位)
馬連:370円  馬単:690円
三連複: 420円  三連単: 1,510円
2019年 指数
1着 10 メイショウテンゲン 8人気 46.9
(8位)
2着 05 シュヴァルツリーゼ 6人気 25.0
(10位)
3着 08 ブレイキングドーン 4人気 52.6
(5位)
馬連:32,600円  馬単:69,140円
三連複: 38,960円  三連単: 457,370円
2018年 指数
1着 09 ダノンプレミアム 1人気 68.3
(1位)
2着 08 ワグネリアン 2人気 57.6
(2位)
3着 03 ジャンダルム 4人気 44.8
(5位)
馬連:300円  馬単:450円
三連複: 500円  三連単: 1,320円
2017年 指数
1着 11 カデナ 1人気 65.1
(1位)
2着 10 マイスタイル 8人気 56.0
(3位)
3着 04 ダンビュライト 5人気 47.6
(9位)
馬連:4,360円  馬単:5,480円
三連複: 9,480円  三連単: 46,720円
2016年 指数
1着 11 マカヒキ 2人気 57.0
(3位)
2着 10 リオンディーズ 1人気 54.6
(5位)
3着 04 エアスピネル 3人気 65.7
(1位)
馬連:220円  馬単:440円
三連複: 190円  三連単: 830円

たまに荒れる年がありますが、基本的にはガチガチの本命決着が多いレースです。波乱になった2019年を除けば、1番人気は必ず連対しています。特に今年は2019年のような重馬場にもならないでしょうし、ここはダノンザキッドで仕方ないかもしれません。

ちなみに指数については、まぁまぁ信用できる感じでしょうか。


スポンサーリンク


中山競馬場・芝2000mの特徴から見た推奨馬・危険な馬

中山競馬場の芝2000mの特徴は以下のリンク先をご参照ください。

中山競馬場の芝2000mの特徴

馬番別実績で、最も好成績なのは2番枠になります。今回その枠を引いたのはダノンザキッド・・・ということで、ますます逆らいづらい状況です。まぁここ最近の弥生賞についてはそれほどこの枠が有利なわけでもない(2015年くらいまでは頻繁に2番枠の馬が来ていましたが)のですが、プラス材料ではあるでしょう。

中山競馬場の芝2000mと好相性なのは、同じ中山競馬場の芝2200mや、東京競馬場の芝2000mが挙げられます。これらのコースで勝ち上がっているソーヴァリアントワンデイモアは、ここでも期待できるかもしれません。

逆に、中山競馬場の芝マイル戦との相性は今一つだったりするので、シュネルマイスターはそれがどう出るかは少々気になります。(まぁ前走の勝ちっぷりから、あまり関係なさそうですが。)

以上です。他の重賞予想は今週の競馬予想(重賞)をご参照ください。


スポンサーリンク