小金井特別2021の予想 – 指数を使った競馬予想

今週の日曜日に行われる小金井特別の予想を公開します。

小金井特別の予想

本ブログでは独自の指数を使った予想を公開しています。小金井特別の出走各馬の指数は下表の通りです。

1位 7 グランパラディーゾ 71.0 9位 3 ヘライア 42.4
2位 14 メイショウマサヒメ 56.9 10位 13 クレデンザ 41.3
3位 6 ブッチーニ 56.3 11位 4 スズカクローカス 39.4
4位 2 フォークテイル 50.6 12位 8 カシマフウリン 36.0
5位 10 ラフリッグフェル 50.6 13位 16 ラブリーエンジェル 33.9
6位 9 ラヴィンフォール 48.4 14位 1 デンコウハピネス 33.4
7位 5 チュウワフライヤー 46.5 15位 15 シャルロッテミノル 30.8
8位 11 スピードオブラブ 44.2 16位 12 ガチコ 28.5
1位 7 グランパラディーゾ 71.0
2位 14 メイショウマサヒメ 56.9
3位 6 ブッチーニ 56.3
4位 2 フォークテイル 50.6
5位 10 ラフリッグフェル 50.6
6位 9 ラヴィンフォール 48.4
7位 5 チュウワフライヤー 46.5
8位 11 スピードオブラブ 44.2
9位 3 ヘライア 42.4
10位 13 クレデンザ 41.3
11位 4 スズカクローカス 39.4
12位 8 カシマフウリン 36.0
13位 16 ラブリーエンジェル 33.9
14位 1 デンコウハピネス 33.4
15位 15 シャルロッテミノル 30.8
16位 12 ガチコ 28.5

指数1位はグランパラディーゾです。

直近2戦の指数は前走から順に、3歳1勝クラスが75.0、3歳未勝利が67.0となっています。

芝からダートに舞台を変えて以降、無傷の2連勝中で勢いに乗る3歳馬。

1ハロン延長、初の古馬との対戦、さらにダートは一つクラスが上がるだけでレベルが相当変わってくる・・・と不安材料だらけではあります。

ただ、ダントツの指数が示す通り実力は確かなはずですので、ここでも上位争いが可能だと見ます。

指数2位はメイショウマサヒメです。

直近4戦の指数は前走から順に、4歳上2勝クラス(前走)が52.2、4歳上2勝クラス(2走前)が33.3、4歳上2勝クラス(3走前)が69.9、3歳上1勝クラスが72.0となっています。

ここ2戦は凡走が続いていますが、左回りのコースでは2戦して1勝・2着1回という成績を残していますから、サウスポーの可能性もあります。

牝馬特有の低迷期に入っていないことを祈り、巻き返しに期待です。

上記の馬に続くのがブッチーニ、フォークテイル、ラフリッグフェルといった馬たちです。

どの馬も見た目の成績上は推し材料に乏しいですが、だからこそ指数を信用したいと思います・・・。

東京競馬場・ダート1600mの特徴から見た推奨馬・危険な馬

次に、東京競馬場のダート1600mの特徴から見た推奨馬や危険な馬を考えてみたいと思います。

なんだかんだで同じコースで好走した馬の成績が良い傾向にありますので、直近に東京競馬場のダート1600m戦で好走している、フォークテイル、ヘライア、クレデンザ、あたりは期待できそうです。

なお、馬番別実績だと1番枠の成績が非常に悪いコースになりますので、この枠に入ったデンコウハピネスは、割引が必要そうです。

おわりに

小金井特別の予想をご覧いただきありがとうございました。

この週から3歳馬と古馬の戦いが始まりますが、本ブログではグランパラディーゾを軸に、メイショウマサヒメ、ブッチーニ、フォークテイル、ラフリッグフェルを相手にした三連複流しを買い目とします。

以上です。他のレースの予想は今週の競馬予想をご参照ください。


スポンサーリンク