小倉競馬場 芝1800mの特徴 – 小倉大賞典や小倉日経オープンで狙うべき馬の探し方

小倉競馬場の芝1800mの特徴を、統計情報を基に見ていきたいと思います。

小倉競馬場・芝1800mの馬番別実績

はじめに、枠順の有利・不利を見ていきたいと思います。

なお、馬番別実績は各馬番毎の勝率・連対率・3着内率に加えて、3着内率については期待値と実績の差分である「偏差」も掲載しています。そして、枠順の有利・不利はこの「偏差」がプラスかマイナスかで評価することになります。

なぜなら、単純に集計すると外枠の勝率・連対率・3着内率は内枠と比較して必ず成績が悪くなるためです。詳しくは こちら をご覧ください。

小倉競馬場の芝1800mの馬番別実績は下表の通りです。(集計対象は2004~2020年です。)

馬番勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
出走頭数偏差
[%]
018.216.624.66622.4
029.517.725.76623.5
036.512.419.9662-2.2
048.917.924.56652.3
056.615.623.06620.8
066.814.622.0663-0.2
077.513.721.5664-0.6
087.115.223.16591.0
097.413.420.2647-1.6
107.414.121.76180.5
115.913.620.4573-0.2
127.214.319.7538-0.4
135.110.216.1492-3.5
145.811.819.34500.0
156.812.617.4414-1.7
164.68.915.6347-3.3

内枠から外枠にいくに従って、緩やかではありますが成績が下降していくのが見てとれます。典型的な内枠有利、外枠不利なある意味オーソドックスなレースコースと言えそうです。

最も成績が良いのは2番枠、次いで1番枠となります。ちなみに、本コースでの代表的なレースである小倉大賞典では、2015年に1番枠・2番枠の馬が2着・3着(しかも6番人気と11番人気!)に入り、さらに翌2016年には1番枠・2番枠の馬でワンツーフィニッシュを決めています。また、2019年にシンガリ人気ながら3着に来たサイモンラムセスも1番枠でした。

といった具体で、迷ったら内枠の馬を買うのがオススメなコースです。

小倉競馬場・芝1800mと相性の良いレースコース

次に、本コースと相性の良いレースコースを見ていきたいと思います。

なお、ここでの相性の良さとは、どのようなレースコースで好走した馬が、小倉競馬場の芝1800mでも好走する確率が高いのか、という観点になります。

具体的には、過去3走以内に○○というレースコースで5着以内に入った馬が、小倉競馬場の芝1800mで走った場合における、勝率・連対率・3着内率を見ていきたいと思います。

小倉競馬場の芝1800mと相性の良いレースコースは以下の通りとなります。(集計対象は2004~2020年です。)


◎◎◎小倉芝1800と相性の良いレースコース◎◎◎
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
阪神芝1400
で5着以内に入った馬の成績
19.6%33.9%48.2%112
3走前までに
京都芝2000
で5着以内に入った馬の成績
19.2%30.2%39.2%265
3走前までに
中京芝1600
で5着以内に入った馬の成績
17.0%32.2%39.1%230
3走前までに
東京芝1800
で5着以内に入った馬の成績
16.3%32.7%38.5%104
3走前までに
阪神芝2000
で5着以内に入った馬の成績
15.4%25.1%37.1%175
3走前までに
京都芝1600
で5着以内に入った馬の成績
14.9%29.5%43.3%275
3走前までに
阪神芝1800外
で5着以内に入った馬の成績
14.2%28.4%38.2%380
3走前までに
京都芝1800外
で5着以内に入った馬の成績
13.5%23.8%35.1%453
3走前までに
中京芝2000
で5着以内に入った馬の成績
12.6%29.4%39.3%214
3走前までに
阪神芝1600外
で5着以内に入った馬の成績
12.0%26.2%39.5%332
3走前までに
小倉芝1800
で5着以内に入った馬の成績
12.0%23.2%34.1%1015
3走前までに
東京芝1600
で5着以内に入った馬の成績
11.4%23.8%38.1%105

ということで、けっこう多くのレースコースと相性が良いことがわかりました。

中でも筆頭は阪神競馬場の芝1400mとなりますが、これは意外な結果ですね。一見するとあまり関係が無さそうな両コースですし、ともすれば阪神芝1400mの実績なんて軽視してしまいそうですが、実のところ3着内率は5割近いことがわかりました。阪神芝1400mで好走歴がある馬が出走してきた時は要チェックですね。

また、東京、京都、阪神、中京の近い距離(芝1600m~2000m)とは全体的に相性が良いようです。この辺りで好走した馬が本コースのレースに出走することはそれなりに多いはずですから、ぜひ積極的に狙っていきたいところです。

そしてやはり、同コース、つまり小倉芝1800mで実績のある馬も狙っていくのが良さそうです。


スポンサーリンク


小倉競馬場・芝1800mと相性の悪いレースコース

続いて、本コースと相性の悪いレースコースを見ていきたいと思います。

ここではどのようなレースコースで好走した馬だと、逆に小倉競馬場の芝1800mで好走する確率が低いのか、言い換えると、好走歴があてにならないレースコースはどれか、という観点で情報を見ていきたいと思います。

小倉競馬場の芝1800mと相性の悪いレースコースは以下の通りです。(集計対象は2004~2020年です。)

×××小倉芝1800と相性の悪いレースコース×××
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
小倉芝2000
で5着以内に入った馬の成績
8.9%18.8%28.3%473

ということで、一つだけでした。

しかもそれは、同じ小倉競馬場でかつかなり近い条件だと思われる、芝の2000mです。これは意外ですね。まぁ極端に相性が悪いというほどではありませんが、前記の通り東京、京都、阪神、中京といった他の競馬場の近い距離と比較すると、かなり成績が落ちるのは事実です。距離が200mしか変わらないのに、不思議ですね。

1800m戦を予想する上では、ついつい2000m戦の実績も重視してしまいそうですが、ちょっと注意しておいた方が良さそうです。

小倉競馬場・芝1800mの位置取り別実績

最後に、位置取りの有利・不利についても見ていきたいと思います。

本ブログでは、位置取り別の成績として残り600m地点での先頭との差毎の勝率・連対率・3着内率を掲載します。(集計対象は2004~2020年です。ただし、新馬・未勝利戦は除いています。)

小倉競馬場の芝1800mの位置取り別実績は下表の通りです。

残り600m地点での先頭との差勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
頭数
タイム差無し13.821.833.0412
半馬身〜2馬身10.121.029.1904
2馬身超〜4馬身6.814.923.71407
4馬身超〜6馬身7.314.219.7851
6馬身超〜8馬身4.17.913.7466
8馬身超〜10馬身3.47.212.3235
10馬身超2.04.17.3246

小回りで直線も短いので、残り600m地点で前目につけている馬であればあるほど好成績なのは間違いないようです。

といっても、差し馬の成績が極端に悪いわけではありません。残り600m地点で6馬身差以内につけていれば、十分勝負になるようです。逆にそれ以上離されてしまうと成績が急降下していくので、追い込み馬を買う時は注意が必要です。

おわりに

ということで、小倉競馬場の芝1800mの統計情報や特徴をご紹介してきました。

やはりローカルの小回りコースということで、特に枠順には要注意だということがよくわかったかと思います。本コースで行われる重賞の小倉大賞典の過去の結果を振り返ってみても、それは明らかですね。とりあえず、迷ったら内枠を買うのが吉でしょう。

以上です。小倉競馬場の他のコースの特徴は小倉競馬場の特徴をご参照ください。


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です