大阪杯2021の予想

今週の日曜日に行われる大阪杯の予想を公開します。

大阪杯の予想

本ブログでは独自の指数を使った予想を公開しています。大阪杯の出走各馬の指数は下表の通りです。

1位 12 グランアレグリア 57.9 8位 6 ワグネリアン 50.3
2位 9 クレッシェンドラヴ 57.4 9位 1 モズベッロ 48.0
3位 2 サリオス 55.8 10位 4 ブラヴァス 47.1
4位 7 コントレイル 54.7 11位 10 カデナ 47.1
5位 8 レイパパレ 53.7 12位 3 アーデントリー 35.3
6位 5 ペルシアンナイト 53.5 13位 11 ハッピーグリン 33.0
7位 13 アドマイヤビルゴ 50.6
1位 12 グランアレグリア 57.9
2位 9 クレッシェンドラヴ 57.4
3位 2 サリオス 55.8
4位 7 コントレイル 54.7
5位 8 レイパパレ 53.7
6位 5 ペルシアンナイト 53.5
7位 13 アドマイヤビルゴ 50.6
8位 6 ワグネリアン 50.3
9位 1 モズベッロ 48.0
10位 4 ブラヴァス 47.1
11位 10 カデナ 47.1
12位 3 アーデントリー 35.3
13位 11 ハッピーグリン 33.0

指数1位はグランアレグリアです。

直近3戦の指数は前走から順に、マイルチャンピオンシップが62.0、スプリンターズステークスが51.9、安田記念が59.9となります。

この馬については、初の2000mがどうなのか、ひとえにそこに尽きるでしょう。ギベオンやキセキが回避したため、今回はスローペースになるのが濃厚であり、折り合いの観点でも微妙なところ。

ただ、ポジティブにとらえればスプリンターズステークスのような極端な位置取りにはならないでしょう。マイル戦ではアーモンドアイに圧勝できるほどの凄まじい能力を持っている馬なので、前目のポジションでスムーズに運べれば、三冠馬にも負けないと思います。

指数2位はクレッシェンドラヴです。・・・え、本当に?本当です。

昨年の夏に七夕賞を勝ってから、超一流馬のローテーションを歩み始めた本馬。直近3戦の指数は前走から順に、有馬記念が59.6、ジャパンカップが57.6、オールカマーが55.0。(ジャパンカップはレースレベルが高すぎて惨敗でも高く出てるなこれ・・・。)

果敢なローテーションに結果が伴っているかと言えばそんなことはありませんが、もともと2000m戦を非常に得意としており(まぁほとんど福島競馬場のレースだけど)他にも選択肢はあった中で敢えて年明け初戦にここを選んできたということは、多少の勝算があるということでしょう。(知らんけど。)

とりあえず、指数上は堂々の2位なので、期待したいと思います。(本当に来たら凄い配当になるはずですし。)

上記の馬に続くのがサリオス、コントレイル、レイパパレといった馬たちです。

なお、コントレイルは4位ですが、ジャパンカップの64.4、菊花賞の61.6に対して、神戸新聞杯が38.0と大きく平均を下げているだけなので、実力が最上位なのは間違いありません。(ていうか平均で出さなきゃ良いだけなのでは・・・?)

また、展開の利で一発を狙ってほしいのはレイパパレですね。

ということで、本ブログではグランアレグリアを軸に、クレッシェンドラヴ、サリオス、コントレイル、レイパパレを相手にした馬連流しを買い目とします。


スポンサーリンク


大阪杯・過去4年の成績

続いて、大阪杯の過去4年(GI昇格後以降)の成績を見ていきましょう。

2020年 指数 馬連 馬単 三連複 三連単
1着 05 ラッキーライラック 2人気 59.8 (4位) 1,110円 1,970円 1,350円 7,810円
2着 12 クロノジェネシス 4人気 65.8 (1位)
3着 08 ダノンキングリー 1人気 57.5 (5位)
2019年 指数 馬連 馬単 三連複 三連単
1着 03 アルアイン 9人気 55.1 (4位) 3,680円 10,940円 10,740円 93,560円
2着 06 キセキ 2人気 64.8 (2位)
3着 02 ワグネリアン 4人気 47.7 (10位)
2018年 指数 馬連 馬単 三連複 三連単
1着 15 スワーヴリチャード 1人気 60.5 (3位) 2,930円 3,750円 2,780円 17,450円
2着 05 ペルシアンナイト 6人気 58.8 (5位)
3着 08 アルアイン 2人気 62.3 (2位)
2017年 指数 馬連 馬単 三連複 三連単
1着 05 キタサンブラック 1人気 67.4 (2位) 2,320円 3,390円 4,830円 23,910円
2着 04 ステファノス 7人気 49.2 (7位)
3着 13 ヤマカツエース 4人気 58.1 (3位)
2020年 指数
1着 05 ラッキーライラック 2人気 59.8
(4位)
2着 12 クロノジェネシス 4人気 65.8
(1位)
3着 08 ダノンキングリー 1人気 57.5
(5位)
馬連:1,110円  馬単:1,970円
三連複: 1,350円  三連単: 7,810円
2019年 指数
1着 03 アルアイン 9人気 55.1
(4位)
2着 06 キセキ 2人気 64.8
(2位)
3着 02 ワグネリアン 4人気 47.7
(10位)
馬連:3,680円  馬単:10,940円
三連複: 10,740円  三連単: 93,560円
2018年 指数
1着 15 スワーヴリチャード 1人気 60.5
(3位)
2着 05 ペルシアンナイト 6人気 58.8
(5位)
3着 08 アルアイン 2人気 62.3
(2位)
馬連:2,930円  馬単:3,750円
三連複: 2,780円  三連単: 17,450円
2017年 指数
1着 05 キタサンブラック 1人気 67.4
(2位)
2着 04 ステファノス 7人気 49.2
(7位)
3着 13 ヤマカツエース 4人気 58.1
(3位)
馬連:2,320円  馬単:3,390円
三連複: 4,830円  三連単: 23,910円

例年は金鯱賞か中山記念のどちらかを前哨戦として使ってきた馬が圧倒的に好成績なレースです。

ただ、今年はどちらのレースの上位馬も出走を回避しています。ヒシイグアスは香港を選んでしまったのか・・・。(まぁ賢い選択な気はしますけど。)

代わりと言ってはなんですが、あくまでひと叩き組に期待するのであれば、京都記念を叩いてきたワグネリアンとかは結構狙い目なのかもしれません。

阪神競馬場・芝2000mの特徴から見た推奨馬・危険な馬

最後に、阪神競馬場の芝2000mの特徴から推奨馬や危険な馬を考えてみたいと思います。

馬番別実績で最も好成績なのは7番枠になります。今回この枠を引いたのは、なんとコントレイル。うーん、ちょっとお手上げかもなぁ・・・。

逆に、成績が悪いのは9番枠や10番枠になります。我が対抗のクレッシェンドラヴや、昨年4着のカデナはちょっとピンチかも。

また、阪神競馬場の芝2000mは、阪神巧者が好走しやすいコースでもあります。アドマイヤビルゴブラヴァスあたりは、もしかしたら・・・。

そして、直線の短い内回りコースになりますので、残り600m地点で先頭にいる馬がかなりの好成績です。その意味で、レイパパレには非常に期待したいところ。

おわりに

大阪杯の予想をご覧いただきありがとうございました。

中央競馬の重賞競走の詳しいデータを知りたい場合はこちらの本がオススメです。

中央競馬の全ての重賞について過去10年分のデータを基に、人気と配当の傾向、有力なステップレース、買える馬・買えない馬の特徴・・・等々がまとめられています。

とても参考になる(特に買えない馬のデータは参考になります)だけでなく、読み物としても面白い内容となっていますので、是非読んでみてください。


以上です。他の重賞予想は今週の競馬予想(重賞)をご参照ください。


スポンサーリンク