内房ステークスと桶狭間ステークスの予想 2021 – データと指数を使った競馬予想

9月26日(日)に行われる内房ステークスと桶狭間ステークスの予想を公開します。

内房ステークスの予想

本ブログでは独自の指数を使った予想を公開しています。内房ステークスの出走各馬の指数は下表の通りです。

1位 ノーブルシルエット 88.1 9位 アルーフクライ 59.8
2位 キタノインディ 77.7 10位 モダスオペランディ 58.7
3位 モルタル 73.2 11位 スズカパンサー 54.5
4位 プリティーチャンス 71.0 12位 ペイシャキュウ 54.4
5位 クリノフラッシュ 67.5 13位 デルマオニキス 48.4
6位 バンブトンハート 66.5 14位 ララメダイユドール 38.4
7位 フルデプスリーダー 62.0 15位 イルマタル
8位 ショウリノカンパイ 61.7 16位 シャレード
1位 ノーブルシルエット 88.1
2位 キタノインディ 77.7
3位 モルタル 73.2
4位 プリティーチャンス 71.0
5位 クリノフラッシュ 67.5
6位 バンブトンハート 66.5
7位 フルデプスリーダー 62.0
8位 ショウリノカンパイ 61.7
9位 アルーフクライ 59.8
10位 モダスオペランディ 58.7
11位 スズカパンサー 54.5
12位 ペイシャキュウ 54.4
13位 デルマオニキス 48.4
14位 ララメダイユドール 38.4
15位 イルマタル
16位 シャレード

また、中山競馬場のダート1800mと相性の良いレースコースは下表の通りです。


◎◎◎中山ダ1800と相性の良いレースコース◎◎◎
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
東京ダ2100
で5着以内に入った馬の成績
12.4%22.9%33.4%863
3走前までに
東京ダ1600
で5着以内に入った馬の成績
12.3%24.8%35.1%3531
3走前までに
中山ダ1800
で5着以内に入った馬の成績
12.4%24.1%34.5%7144

指数1位はノーブルシルエットです。

直近3戦の指数は前走から順に、浦佐特別が100.1、3歳上1勝クラスが98.9、3歳1勝クラスが65.4となっています。

デビュー戦を除いてこれまで全てのレースで馬券内に来ており、現在も連勝中と将来が楽しみな3歳牝馬です。

中山競馬場のダート1800mと相性の良い東京競馬場のダート1600mで行われた1勝クラスのレースを前々走に快勝しているのもプラス材料です。

指数上も抜けていますので、勝ち負けに期待したいと思います。

指数2位はキタノインディです。

直近3戦の指数は前走から順に、麒麟山特別が76.3、3歳上1勝クラスが72.0、3歳1勝クラスが84.8となっています。

こちらも現在連勝中と勢いに乗る3歳牡馬です。春までは1勝クラスのレースで惨敗が続いていましたが、夏に入って逃げ戦法を取るようになってからは馬が変わったように好調です。

とは言え今回は準オープンクラスに上がって相手も強くなりますし、これまでのようにそもそも逃げられるのかという問題がありますので、過度な期待はできないかもしれません。が、指数通り何とか上位争いに食い込んでほしいところ。

上記の馬に続くのがモルタル、プリティーチャンス、クリノフラッシュ、バンブトンハートといった馬たちです。

前記の通り中山競馬場のダート1800mは東京競馬場のダート2100mと好相性なようですので、前走の丹沢ステークスで4着と好走しているモルタルは特に注目ですね。

桶狭間ステークスの予想

桶狭間ステークスの出走各馬の指数は下表の通りです。

1位 レディバグ 83.7 9位 タイガーサイレンス 49.9
2位 スカーレットスカイ 72.5 10位 カフジキング 46.5
3位 サンライズラポール 70.5 11位 フィールザファラオ 46.3
4位 アイムポッシブル 61.9 12位 ププッピドゥ 45.3
5位 アサカディオネ 59.2 13位 プロヴィデンス 38.5
6位 アーバンイェーガー 54.2 14位 ミスズフリオーソ 37.1
7位 タガノプレトリア 51.0 15位 アメリカンファクト 24.3
8位 ディモールト 50.9 16位 ワイドカント 15.1
1位 レディバグ 83.7
2位 スカーレットスカイ 72.5
3位 サンライズラポール 70.5
4位 アイムポッシブル 61.9
5位 アサカディオネ 59.2
6位 アーバンイェーガー 54.2
7位 タガノプレトリア 51.0
8位 ディモールト 50.9
9位 タイガーサイレンス 49.9
10位 カフジキング 46.5
11位 フィールザファラオ 46.3
12位 ププッピドゥ 45.3
13位 プロヴィデンス 38.5
14位 ミスズフリオーソ 37.1
15位 アメリカンファクト 24.3
16位 ワイドカント 15.1

指数1位はレディバグです。

直近3戦の指数は前走から順に、日野特別が89.9、青竜ステークスが61.4、端午ステークスが99.7となっています。

3歳牝馬ながら前走の日野特別では古馬を相手に後続を離して快勝しました。

青竜ステークスと端午ステークスという(世代限定戦ですが)オープン特別でも2着に好走しており、準オープンクラスでも上位争いは十分に可能でしょう。

指数も圧倒的な1位となりますので、ここはしっかり勝ってほしいところ。

指数2位はスカーレットスカイです。

直近3戦の指数は前走から順に、3歳上2勝クラスが74.9、3歳1勝クラスが70.8、3歳1勝クラスが71.8となっています。

ダート戦では現在2連勝中の3歳牝馬となります。(前々走に試しに出走した芝のレースでは全然ダメでしたが。まぁ血統的にもダート馬なんでしょうね。)

しかも前走の2勝クラスのレースでは古馬や牡馬たちを相手に後続を4馬身突き放しての快勝。まだまだ上を狙える実力がありそうですので、ここでも勝ち負けに加わってくることでしょう。

上記の馬に続くのがサンライズラポール、アイムポッシブル、アサカディオネ、アーバンイェーガーといった馬たちです。

特にダートの1400m戦ではこれまで5戦2勝・2着3回とパーフェクト連対をしているサンライズラポールは昇級初戦とはいえ期待せずにはいられません。

おわりに

内房ステークスと桶狭間ステークスの予想をご覧いただきありがとうございました。

内房ステークスではノーブルシルエットを軸に、キタノインディ、モルタル、プリティーチャンス、クリノフラッシュ、バンブトンハートを相手にした三連複流しを買い目とします。

桶狭間ステークスではレディバグを軸に、スカーレットスカイ、サンライズラポール、アイムポッシブル、アサカディオネ、アーバンイェーガーを相手にした三連複流しを買い目とします。

よろしければ神戸新聞杯の予想オールカマーの予想もあわせてご覧ください。


★今週の注目情報★

秋華賞の過去10年と予想 2021

府中牝馬ステークスの過去10年と予想 2021

オクトーバーステークスの過去の結果と予想 2021

信越ステークスの過去の結果と予想 2021


スポンサーリンク