共同通信杯2021の予想

今週の京都記念に登録していたセンテリュオが、なんと電撃引退を発表しましたね。愛知杯でボクの馬券を粉々にしてくれましたが、まぁそういうタイミングにちょうど差し掛かったということなのでしょうね。兄にトーセンスターダムがいるという良血馬でもありますし、繁殖後の活躍に期待したいところです。

さて、今週の日曜日に開催予定の共同通信杯について予想を公開したいと思います。GI2着馬、連勝馬、魅惑の1勝馬等々、中々の好メンツが揃った本レース。皐月賞やその後のGIレースに繋がるような、重要なレースになりそうです。

共同通信杯の予想

では共同通信杯の予想に入ります。
なお、本ブログでは独自の指数を使った予想を公開しています。

独自の指数についてはこちら
独自の指数は以下の表に挙げた要素を基に算出しています。なお、計算にあたっては、各要素をこれまた独自の方式で数値に変換した後、各々に重みづけをして合計値を算出しています。
着差 その馬が過去に出走したレースにおいて記録した着差。
レースレベル その馬が過去に出走したレースのレベル。レースレベルは独自の計算式によって算出。(計算結果と「そのレースの上位馬が次走に好走する確率」が比例するような計算式を、過去15年分のレース情報から導出して使用。)
レースクラス その馬が過去に出走したレースのクラス。
斤量 今回のレースにおける、その馬の斤量。
枠順 今回のレースコースにおける、その馬の枠順の有利・不利。
距離 その馬が過去に出走したレースの距離と、今回のレースの距離の相性。
競馬場 その馬が過去に出走したレースの競馬場と、今回のレースの競馬場の相性。
位置取り その馬の過去に出走したレースでの位置取りを基に導出した、今回のレースコースにおける有利・不利。
上がり3F その馬の過去に出走したレースでの上がり3F(絶対値ではなくレース内での相対的な速さ)を基に導出した、今回のレースコースにおける有利・不利。
レース数 その馬が過去1年間に出走したレース数。
レース間隔 その馬が過去に出走したレースと今回のレースの間隔。

共同通信杯出走各馬の独自の指数は下表の通りです。

1位 11 シャフリヤール 67.5 7位 8 レフトゥバーズ 50.2
2位 3 ステラヴェローチェ 61.8 8位 9 ヴィクティファルス 46.6
3位 6 タイソウ 60.0 9位 4 プラチナトレジャー 44.3
4位 12 カイザーノヴァ 55.0 10位 10 ハートオブアシティ 41.5
5位 7 エフフォーリア 53.3 11位 1 ディオスバリエンテ 36.8
6位 2 キングストンボーイ 51.1 12位 5 ディープリッチ 31.9
1位 11 シャフリヤール 67.5
2位 3 ステラヴェローチェ 61.8
3位 6 タイソウ 60.0
4位 12 カイザーノヴァ 55.0
5位 7 エフフォーリア 53.3
6位 2 キングストンボーイ 51.1
7位 8 レフトゥバーズ 50.2
8位 9 ヴィクティファルス 46.6
9位 4 プラチナトレジャー 44.3
10位 10 ハートオブアシティ 41.5
11位 1 ディオスバリエンテ 36.8
12位 5 ディープリッチ 31.9

指数1位はシャフリヤールです。前走は、出世レースとしても有名な菊花賞当日の京都芝1800mの新馬戦で、後続を大きく引き離したヴィヴァンとの一騎打ちを制しています。1戦1勝馬は近年だとリアルスティールくらいしか勝っていないのは気になりますが、兄のアルアインに負けないくらいの強さをみせてほしいところ。ちなみに想定だと2番人気になりそうです。

指数2位はステラヴェローチェ。サウジアラビアロイヤルカップを圧勝し、朝日杯でも2着に入ったということで実績は最上位。クロノジェネシスと同じくバゴ産駒ということで、もしかしたら良馬場の東京はベストな舞台ではないという可能性もありますが、仮にそうだとしてもここは自力の違いで勝ち負けに持ってきそうです。

さらに続くのが、タイソウ、カイザーノヴァエフフォーリアといった面々。加えて、指数は若干低めですが新馬戦で一頭だけ次元が違う強さを見せたレフトゥバーズにも注目です。(ところでこの指数、モーリス産駒が高く出やすいのだろうか・・・。)

ちなみに想定3番人気のディオスバリエンテは指数的にはイマイチです。とはいえ新馬戦で下したボーデンが未勝利戦を圧勝していたりするので、侮れないんですよね・・・。(何よりも、このブログで指数的にはイマイチと紹介された馬は、よく来るんですよね・・・。)

ということで、本ブログではシャフリヤールを軸に、ステラヴェローチェ、タイソウ、カイザーノヴァ、エフフォーリアを相手にした馬連流しを買い目とします。


スポンサーリンク


共同通信杯・過去5年の成績

続いて、共同通信杯の過去5年の成績を見てみます。成績というのは、独自の指数があてになるかという観点です。

2020年 指数 馬連 馬単 三連複 三連単
1着 06 ダーリントンホール 3人気 63.3 (1位) 2,580円 4,540円 2,460円 16,600円
2着 02 ビターエンダー 4人気 49.2 (5位)
3着 07 フィリオアレグロ 2人気 58.4 (2位)
2019年 指数 馬連 馬単 三連複 三連単
1着 01 ダノンキングリー 3人気 63.5 (1位) 330円 800円 390円 2,170円
2着 04 アドマイヤマーズ 1人気 61.6 (2位)
3着 06 クラージュゲリエ 4人気 52.4 (4位)
2018年 指数 馬連 馬単 三連複 三連単
1着 06 オウケンムーン 6人気 50.7 (6位) 5,080円 13,620円 77,670円 566,290円
2着 01 サトノソルタス 3人気 39.6 (11位)
3着 04 エイムアンドエンド 10人気 55.0 (4位)
2017年 指数 馬連 馬単 三連複 三連単
1着 01 スワーヴリチャード 2人気 52.1 (6位) 3,410円 4,860円 2,260円 16,620円
2着 08 エトルディーニュ 6人気 52.3 (5位)
3着 04 ムーヴザワールド 1人気 55.7 (3位)
2016年 指数 馬連 馬単 三連複 三連単
1着 04 ディーマジェスティ 6人気 63.5 (1位) 9,650円 22,270円 10,020円 98,880円
2着 09 イモータル 5人気 56.7 (2位)
3着 06 メートルダール 3人気 56.3 (3位)
2020年 指数
1着 06 ダーリントンホール 3人気 63.3
(1位)
2着 02 ビターエンダー 4人気 49.2
(5位)
3着 07 フィリオアレグロ 2人気 58.4
(2位)
馬連:2,580円  馬単:4,540円
三連複: 2,460円  三連単: 16,600円
2019年 指数
1着 01 ダノンキングリー 3人気 63.5
(1位)
2着 04 アドマイヤマーズ 1人気 61.6
(2位)
3着 06 クラージュゲリエ 4人気 52.4
(4位)
馬連:330円  馬単:800円
三連複: 390円  三連単: 2,170円
2018年 指数
1着 06 オウケンムーン 6人気 50.7
(6位)
2着 01 サトノソルタス 3人気 39.6
(11位)
3着 04 エイムアンドエンド 10人気 55.0
(4位)
馬連:5,080円  馬単:13,620円
三連複: 77,670円  三連単: 566,290円
2017年 指数
1着 01 スワーヴリチャード 2人気 52.1
(6位)
2着 08 エトルディーニュ 6人気 52.3
(5位)
3着 04 ムーヴザワールド 1人気 55.7
(3位)
馬連:3,410円  馬単:4,860円
三連複: 2,260円  三連単: 16,620円
2016年 指数
1着 04 ディーマジェスティ 6人気 63.5
(1位)
2着 09 イモータル 5人気 56.7
(2位)
3着 06 メートルダール 3人気 56.3
(3位)
馬連:9,650円  馬単:22,270円
三連複: 10,020円  三連単: 98,880円

ご覧の通り、指数1位が3勝してますね。特に2016年は指数1位、2位、3位で見事に上位を独占しており、素晴らしい成績!2017年と2018年は見なかったことにしておきましょう。あらためて、シャフリヤールには期待大です。

東京芝1800mの馬番別実績

共同通信杯の予想のついでに、本レースの舞台である、東京芝1800mの馬番別実績を確認してみたいと思います。

なお、馬番別実績は各馬番毎の勝率・連対率・3着内率に加えて、3着内率については期待値と実績の差分である「偏差」も掲載しています。そして、枠順の有利・不利はこの「偏差」がプラスかマイナスかで評価することになります。

なぜなら、単純に集計すると外枠の勝率・連対率・3着内率は内枠と比較して必ず成績が悪くなるためです。詳しくは こちら をご覧ください。

東京芝1800mの馬番別実績は下表の通りです。

馬番勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
出走頭数偏差
[%]
018.714.723.69010.5
028.816.524.59011.4
039.617.425.29032.1
0411.219.326.59013.4
056.414.923.79020.6
067.817.326.49023.2
076.815.123.78990.6
087.013.520.1890-2.8
097.014.222.78530.4
105.913.619.0801-2.7
115.913.619.9740-1.0
126.513.120.36500.3
134.811.917.8579-1.5
147.011.916.9503-1.8
154.410.916.6433-1.6
165.910.714.9375-3.1
173.47.411.9176-5.0
185.07.99.3140-7.5

ご覧の通り、16番枠以降から成績が急降下するコースになりますが、共同通信杯はそもそも出走予定馬が13頭なので参考外ですね。基本的には内枠が有利ですが極端な差ではないので、そこまで過剰に意識する必要は無さそうです。

東京芝1800mの位置取り別実績

馬番別実績に続いて、東京芝1800mの位置取り別実績を確認してみたいと思います。

なお、本ブログでは、位置取りといっても道中の番手ではなく、独自に算出した「位置取りスコア」毎の成績を算出しています。また、「位置取りスコア」は他のレースコースと横並び比較した場合の偏差値も掲載しています。詳しくは こちら をご覧ください。

東京芝1800mの「位置取りスコア」別実績は下表の通りです。

位置取り
スコア
3着内率
[%]
頭数他のコースと横並び比較した
場合におけるこの位置取りの
3着内率の偏差値
60 ~
(かなり前目)
27.9120640.4
55 ~ 60
(前目)
28.999845.5
50 ~ 55
(真ん中より少し前)
28.3117558.2
45 ~ 50
(真ん中より少し後ろ)
24.6122359.2
40 ~ 45
(後ろ目)
17.4107255.1
~ 40
(かなり後方)
10.5119554.9

3着内率自体は前の方から真ん中近辺までであまり差がありません。一方で、他のレースコースと比較して相対的に考えると、中段や少し後ろから競馬をする馬でもかなりチャンスがあるレースコースとも言えます。この傾向は2000mとも共通しています。東京競馬場は直線が長いため、この傾向が強いですね。皆さんの感覚とも一致するのではないでしょうか。

以上です。他の重賞予想は今週の競馬予想(重賞)をご参照ください。


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です