京都金杯の過去10年のデータ

京都金杯の過去10年の結果とデータをご紹介します。

京都金杯の過去10年の結果

まず、京都金杯の過去10年の結果を見ていきましょう。

※「前走」欄はJRAのレースに限定しています。地方競馬や海外競馬のレースは含まれていませんのでご注意ください。

2021年 前走 馬連 三連複 三連単
1着 02 ケイデンスコール 牡5 12人気 オーロ ⑥ 8,950円 135,900円 1,228,010円
2着 04 ピースワンパラディ 牡5 2人気 キャピ ①
3着 13 エントシャイデン 牡6 14人気 リゲル ⑩
2020年 前走 馬連 三連複 三連単
1着 03 サウンドキアラ 牝5 3人気 リゲル ③ 1,260円 21,910円 83,460円
2着 06 ダイアトニック 牡5 2人気 マイル ⑩
3着 07 ボンセルヴィーソ 牡6 14人気 渡月橋 ①
2019年 前走 馬連 三連複 三連単
1着 12 パクスアメリカーナ 牡4 1人気 リゲル ① 2,060円 34,980円 98,580円
2着 15 マイスタイル 牡5 5人気 中日新 ⑧
3着 07 ミエノサクシード 牝6 11人気 ターコ ⑨
2018年 前走 馬連 三連複 三連単
1着 09 ブラックムーン 牡6 4人気 リゲル ⑤ 2,000円 1,720円 11,480円
2着 13 クルーガー 牡6 3人気 マイル ⑦
3着 07 レッドアンシェル 牡4 1人気 リゲル ①
2017年 前走 馬連 三連複 三連単
1着 06 エアスピネル 牡4 1人気 菊花賞 ③ 1,120円 3,260円 11,040円
2着 01 ブラックスピネル 牡4 6人気 チャレ ⑤
3着 05 フィエロ 牡8 5人気 阪神C ③
2016年 前走 馬連 三連複 三連単
1着 07 ウインプリメーラ 牝6 3人気 リゲル ⑤ 15,400円 63,710円 347,310円
2着 14 テイエムタイホー 牡7 13人気 阪神C ⑯
3着 06 ミッキーラブソング 牡5 7人気 タンザ ②
2015年 前走 馬連 三連複 三連単
1着 04 ウインフルブルーム 牡4 5人気 チャレ ⑧ 2,390円 12,420円 69,520円
2着 01 エキストラエンド 牡6 4人気 マイル ⑤
3着 02 マイネルメリエンダ 牡4 7人気 キャピ ⑤
2014年 前走 馬連 三連複 三連単
1着 02 エキストラエンド 牡5 6人気 毎日王 ⑨ 2,470円 8,490円 55,260円
2着 06 オースミナイン 牡4 1人気 201 ①
3着 10 ガルボ 牡7 5人気 阪神C ②
2013年 前走 馬連 三連複 三連単
1着 01 ダノンシャーク 牡5 1人気 マイル ⑥ 2,150円 11,990円 62,550円
2着 03 トライアンフマーチ 牡7 6人気 チャレ ⑪
3着 08 ヤマニンウイスカー 牡7 7人気 キャピ ①
2012年 前走 馬連 三連複 三連単
1着 04 マイネルラクリマ 牡4 3人気 キャピ ③ 1,330円 14,380円 68,090円
2着 07 ダノンシャーク 牡4 2人気 逆瀬川 ①
3着 16 アスカトップレディ 牝5 10人気 愛知杯 ⑩
◆人気別の成績◆
人気成績3着内(率)
1番人気【3, 1, 1, 5】5回(50.0%)
2番人気【0, 3, 0, 7】3回(30.0%)
3番人気【3, 1, 0, 6】4回(40.0%)
4番人気【1, 1, 0, 8】2回(20.0%)
5番人気【1, 1, 2, 6】4回(40.0%)
6番人気 ~ 9番人気【1, 2, 3, 34】6回(15.0%)
10番人気 ~【1, 1, 4, 69】6回(8.0%)


2021年 前走
1着 02 ケイデンスコール 牡5 12人気 オーロ ⑥
2着 04 ピースワンパラディ 牡5 2人気 キャピ ①
3着 13 エントシャイデン 牡6 14人気 リゲル ⑩
馬連:8,950円 三連複:135,900円 三連単:1,228,010円
2020年 前走
1着 03 サウンドキアラ 牝5 3人気 リゲル ③
2着 06 ダイアトニック 牡5 2人気 マイル ⑩
3着 07 ボンセルヴィーソ 牡6 14人気 渡月橋 ①
馬連:1,260円 三連複:21,910円 三連単:83,460円
2019年 前走
1着 12 パクスアメリカーナ 牡4 1人気 リゲル ①
2着 15 マイスタイル 牡5 5人気 中日新 ⑧
3着 07 ミエノサクシード 牝6 11人気 ターコ ⑨
馬連:2,060円 三連複:34,980円 三連単:98,580円
2018年 前走
1着 09 ブラックムーン 牡6 4人気 リゲル ⑤
2着 13 クルーガー 牡6 3人気 マイル ⑦
3着 07 レッドアンシェル 牡4 1人気 リゲル ①
馬連:2,000円 三連複:1,720円 三連単:11,480円
2017年 前走
1着 06 エアスピネル 牡4 1人気 菊花賞 ③
2着 01 ブラックスピネル 牡4 6人気 チャレ ⑤
3着 05 フィエロ 牡8 5人気 阪神C ③
馬連:1,120円 三連複:3,260円 三連単:11,040円
2016年 前走
1着 07 ウインプリメーラ 牝6 3人気 リゲル ⑤
2着 14 テイエムタイホー 牡7 13人気 阪神C ⑯
3着 06 ミッキーラブソング 牡5 7人気 タンザ ②
馬連:15,400円 三連複:63,710円 三連単:347,310円
2015年 前走
1着 04 ウインフルブルーム 牡4 5人気 チャレ ⑧
2着 01 エキストラエンド 牡6 4人気 マイル ⑤
3着 02 マイネルメリエンダ 牡4 7人気 キャピ ⑤
馬連:2,390円 三連複:12,420円 三連単:69,520円
2014年 前走
1着 02 エキストラエンド 牡5 6人気 毎日王 ⑨
2着 06 オースミナイン 牡4 1人気 201 ①
3着 10 ガルボ 牡7 5人気 阪神C ②
馬連:2,470円 三連複:8,490円 三連単:55,260円
2013年 前走
1着 01 ダノンシャーク 牡5 1人気 マイル ⑥
2着 03 トライアンフマーチ 牡7 6人気 チャレ ⑪
3着 08 ヤマニンウイスカー 牡7 7人気 キャピ ①
馬連:2,150円 三連複:11,990円 三連単:62,550円
2012年 前走
1着 04 マイネルラクリマ 牡4 3人気 キャピ ③
2着 07 ダノンシャーク 牡4 2人気 逆瀬川 ①
3着 16 アスカトップレディ 牝5 10人気 愛知杯 ⑩
馬連:1,330円 三連複:14,380円 三連単:68,090円
◆人気別の成績◆
人気成績3着内(率)
1番人気【3, 1, 1, 5】5回(50.0%)
2番人気【0, 3, 0, 7】3回(30.0%)
3番人気【3, 1, 0, 6】4回(40.0%)
4番人気【1, 1, 0, 8】2回(20.0%)
5番人気【1, 1, 2, 6】4回(40.0%)
6番人気 ~ 9番人気【1, 2, 3, 34】6回(15.0%)
10番人気 ~【1, 1, 4, 69】6回(8.0%)


昨年は100万馬券がさく裂したように、高配当が出ることもままあるレースになります。

人気別で見ると、1番人気と3番人気が3勝ずつ挙げている一方で、2番人気はどういうわけか未勝利と不振です。

また、10番人気以下の馬が馬券に絡むこともままありますので、穴党にとってはやりがいのあるレースと言えそうです。

京都金杯の過去10年のデータ:前走別

次に、京都金杯の過去10年の結果について、前走別という切り口で様々なデータを見ていきましょう。

※ここでの「前走」はJRAのレースに限定しています。地方競馬や海外競馬のレースは含まれていませんのでご注意ください。

◆前走クラス別の成績◆
クラス成績3着内(率)
GI【2, 3, 0, 21】5回(19.2%)
GII【1, 1, 2, 20】4回(16.7%)
GIII【1, 3, 2, 30】6回(16.7%)
オープン【6, 1, 5, 51】12回(19.0%)
3勝クラス【0, 2, 1, 13】3回(18.8%)
◆前走距離別の成績◆
距離成績3着内(率)
芝1200m【0, 0, 0, 3】0回(0.0%)
芝1400m【1, 1, 4, 24】6回(20.0%)
芝1600m【6, 5, 5, 72】16回(18.2%)
芝1800m【2, 3, 0, 19】5回(20.8%)
芝2000m【0, 1, 1, 14】2回(12.5%)
芝3000m【1, 0, 0, 1】1回(50.0%)
芝3600m【0, 0, 0, 1】0回(0.0%)
◆前走レース別の成績◆
レース名成績3着内(率)
リゲルS【4, 0, 2, 20】6回(23.1%)
マイルチャンピオンシ【1, 3, 0, 19】4回(17.4%)
キャピタルS【1, 1, 2, 13】4回(23.5%)
阪神C【0, 1, 2, 9】3回(25.0%)
チャレンジC【1, 2, 0, 15】3回(16.7%)
タンザナイトS【0, 0, 1, 5】1回(16.7%)


◆前走クラス別の成績◆
クラス成績3着内(率)
GI【2, 3, 0, 21】5回(19.2%)
GII【1, 1, 2, 20】4回(16.7%)
GIII【1, 3, 2, 30】6回(16.7%)
オープン【6, 1, 5, 51】12回(19.0%)
3勝クラス【0, 2, 1, 13】3回(18.8%)
◆前走距離別の成績◆
距離成績3着内(率)
芝1200m【0, 0, 0, 3】0回(0.0%)
芝1400m【1, 1, 4, 24】6回(20.0%)
芝1600m【6, 5, 5, 72】16回(18.2%)
芝1800m【2, 3, 0, 19】5回(20.8%)
芝2000m【0, 1, 1, 14】2回(12.5%)
芝3000m【1, 0, 0, 1】1回(50.0%)
芝3600m【0, 0, 0, 1】0回(0.0%)
◆前走レース別の成績◆
レース名成績3着内(率)
リゲルS【4, 0, 2, 20】6回(23.1%)
マイルチャンピオンシ【1, 3, 0, 19】4回(17.4%)
キャピタルS【1, 1, 2, 13】4回(23.5%)
阪神C【0, 1, 2, 9】3回(25.0%)
チャレンジC【1, 2, 0, 15】3回(16.7%)
タンザナイトS【0, 0, 1, 5】1回(16.7%)


前走のクラス別で見る限り、オープン特別のレースから参戦する馬が非常に多く、それだけに過去10年で6勝を挙げていますので、ローテーションには注目すべきでしょう。

距離別で見ると、当然ながら前走がマイル戦だった馬の好走が絶対数としては多いのですが、前走が1400m戦または1800m戦だった馬についても好走率自体は差がありませんので、距離短縮・延長については200m以内なら意識する必要は無さそうです。

具体的なレースで見ていくと、兎にも角にもリゲルステークスが最重要のステップレースなのは間違いなさそうですので、必然的に該当馬が予想の中心になると思われます。

一方で、マイルチャンピオンシップ組は好走率で見るとそれほど良くありません。GIに参戦するレベルの馬だったとしても、過度な期待はしない方が良さそうです。

京都金杯の過去10年のデータ:その他

続いて、その他のデータを見ていきましょう。

◆枠別の成績◆
成績3着内(率)
1枠【3, 2, 1, 13】6回(31.6%)
2枠【3, 2, 0, 14】5回(26.3%)
3枠【1, 2, 2, 14】5回(26.3%)
4枠【1, 1, 3, 15】5回(25.0%)
5枠【0, 0, 2, 18】2回(10.0%)
6枠【2, 0, 0, 18】2回(10.0%)
7枠【0, 1, 1, 21】2回(8.7%)
8枠【0, 2, 1, 22】3回(12.0%)
◆馬齢別の成績◆
馬齢成績3着内(率)
4歳【4, 3, 2, 32】9回(22.0%)
5歳【4, 3, 2, 27】9回(25.0%)
6歳【2, 2, 3, 35】7回(16.7%)
7歳【0, 2, 2, 27】4回(12.9%)
8歳【0, 0, 1, 5】1回(16.7%)
9歳以上【0, 0, 0, 9】0回(0.0%)
◆過去1年で好走したレース別の成績◆
レース名成績3着内(率)
中京記念
で3着以内
【1, 1, 1, 8】3回(27.3%)
リゲルS
で3着以内
【2, 0, 1, 4】3回(42.9%)
キャピタルS
で3着以内
【1, 1, 1, 8】3回(27.3%)
武庫川S
で3着以内
【1, 1, 0, 3】2回(40.0%)
安土城S
で3着以内
【0, 1, 1, 3】2回(40.0%)
六甲S
で3着以内
【0, 1, 1, 5】2回(28.6%)
京都金杯
で3着以内
【1, 1, 0, 5】2回(28.6%)
ポートアイランドS
で3着以内
【0, 1, 1, 6】2回(25.0%)
アーリントンC
で3着以内
【1, 0, 1, 3】2回(40.0%)
錦S
で3着以内
【1, 0, 0, 6】1回(14.3%)
米子S
で3着以内
【1, 0, 0, 5】1回(16.7%)
スワンS
で3着以内
【0, 1, 0, 4】1回(20.0%)
カシオペアS
で3着以内
【1, 0, 0, 6】1回(14.3%)
関屋記念
で3着以内
【0, 0, 0, 5】0回(0.0%)
都大路S
で3着以内
【0, 0, 0, 7】0回(0.0%)
小倉日経オープン
で3着以内
【0, 0, 0, 5】0回(0.0%)
チャレンジC
で3着以内
【0, 0, 0, 5】0回(0.0%)
ダービー卿チャレンジ
で3着以内
【0, 0, 0, 5】0回(0.0%)
◆芝1600m持ち時計別の成績◆
持ち時計成績3着内(率)
~ 1:31.9【2, 3, 2, 10】7回(41.2%)
1:32.0 ~ 1:32.4【1, 0, 2, 26】3回(10.3%)
1:32.5 ~ 1:32.9【2, 2, 3, 28】7回(20.0%)
1:33.0 ~ 1:33.4【2, 2, 2, 29】6回(17.1%)
1:33.5 ~ 1:33.9【1, 1, 0, 14】2回(12.5%)
1:34.0 ~ 1:34.4【0, 1, 1, 14】2回(12.5%)
1:34.5 ~ 1:34.9【1, 0, 0, 4】1回(20.0%)
1:35.0 ~ 1:35.4【0, 0, 0, 5】0回(0.0%)
1:35.5 ~ 1:35.9【0, 0, 0, 1】0回(0.0%)
1:36.0 ~【0, 1, 0, 1】1回(50.0%)


◆枠別の成績◆
成績3着内(率)
1枠【3, 2, 1, 13】6回(31.6%)
2枠【3, 2, 0, 14】5回(26.3%)
3枠【1, 2, 2, 14】5回(26.3%)
4枠【1, 1, 3, 15】5回(25.0%)
5枠【0, 0, 2, 18】2回(10.0%)
6枠【2, 0, 0, 18】2回(10.0%)
7枠【0, 1, 1, 21】2回(8.7%)
8枠【0, 2, 1, 22】3回(12.0%)
◆馬齢別の成績◆
馬齢成績3着内(率)
4歳【4, 3, 2, 32】9回(22.0%)
5歳【4, 3, 2, 27】9回(25.0%)
6歳【2, 2, 3, 35】7回(16.7%)
7歳【0, 2, 2, 27】4回(12.9%)
8歳【0, 0, 1, 5】1回(16.7%)
9歳以上【0, 0, 0, 9】0回(0.0%)
◆過去1年で好走したレース別の成績◆
レース名成績3着内(率)
中京記念
で3着以内
【1, 1, 1, 8】3回(27.3%)
リゲルS
で3着以内
【2, 0, 1, 4】3回(42.9%)
キャピタルS
で3着以内
【1, 1, 1, 8】3回(27.3%)
武庫川S
で3着以内
【1, 1, 0, 3】2回(40.0%)
安土城S
で3着以内
【0, 1, 1, 3】2回(40.0%)
六甲S
で3着以内
【0, 1, 1, 5】2回(28.6%)
京都金杯
で3着以内
【1, 1, 0, 5】2回(28.6%)
ポートアイランドS
で3着以内
【0, 1, 1, 6】2回(25.0%)
アーリントンC
で3着以内
【1, 0, 1, 3】2回(40.0%)
錦S
で3着以内
【1, 0, 0, 6】1回(14.3%)
米子S
で3着以内
【1, 0, 0, 5】1回(16.7%)
スワンS
で3着以内
【0, 1, 0, 4】1回(20.0%)
カシオペアS
で3着以内
【1, 0, 0, 6】1回(14.3%)
関屋記念
で3着以内
【0, 0, 0, 5】0回(0.0%)
都大路S
で3着以内
【0, 0, 0, 7】0回(0.0%)
小倉日経オープン
で3着以内
【0, 0, 0, 5】0回(0.0%)
チャレンジC
で3着以内
【0, 0, 0, 5】0回(0.0%)
ダービー卿チャレンジ
で3着以内
【0, 0, 0, 5】0回(0.0%)
◆芝1600m持ち時計別の成績◆
持ち時計成績3着内(率)
~ 1:31.9【2, 3, 2, 10】7回(41.2%)
1:32.0 ~ 1:32.4【1, 0, 2, 26】3回(10.3%)
1:32.5 ~ 1:32.9【2, 2, 3, 28】7回(20.0%)
1:33.0 ~ 1:33.4【2, 2, 2, 29】6回(17.1%)
1:33.5 ~ 1:33.9【1, 1, 0, 14】2回(12.5%)
1:34.0 ~ 1:34.4【0, 1, 1, 14】2回(12.5%)
1:34.5 ~ 1:34.9【1, 0, 0, 4】1回(20.0%)
1:35.0 ~ 1:35.4【0, 0, 0, 5】0回(0.0%)
1:35.5 ~ 1:35.9【0, 0, 0, 1】0回(0.0%)
1:36.0 ~【0, 1, 0, 1】1回(50.0%)


中京開催だった昨年も含めて、基本的には内枠の馬がかなり有利なレースとなります。そのため、5枠以降の馬は割引が必要そうです。

馬齢別で見ると、4歳馬と5歳馬がほぼ互角の好成績を残しており、予想の中心になってくると思われます。また、現実的に買えるのは7歳馬までのようです。

過去1年の好走歴で見ると、まず前年のリゲルステークスで3着以内だった馬は積極的に買いたいところです。

一方で、前年の関谷記念、ダービー卿チャレンジトロフィーといったマイル重賞で上位だった馬は過去10年で全滅していますので注意が必要です。また、中山金杯とは異なり、リピーターもそれほど好成績ではありません。

芝1600mの持ち時計別で見ると、少なくとも1分33秒台前半はないと厳しそうですね。なお、1分31秒台の持ち時計がある馬は好成績を残していますので、該当馬は要注目です。

おわりに

京都金杯の過去の結果とデータを見ていただきありがとうございました。

中山金杯と同じく、その年の最初の中央競馬開催に行われる名物レースになります。中山金杯とこちらのどちらかは(できれば両方とも)的中させて、幸先の良い一年のスタートを切りたいところですね。

ポイントとしては、まず内枠が有利な傾向がありますので、枠順をしっかりと考慮して予想を組み立てたいところです。また、芝のマイル戦で速い持ち時計を持っている馬にも注目です。

これらのデータが皆さんの予想に少しでも役立てば嬉しいです。

以上です。その他のレースのデータはレース別データのページをご覧ください。