京都記念2021の予想

JRAの騎手免許試験に女性が2名も合格したらしいですね。ジュリー・クローン、シャンタル・サザーランド、リサ・オールプレスのような、女性のGIジョッキーが誕生する日がいつか来るのかも?

さて、今週の日曜日に予定されている京都記念の予想を公開したいと思います。かつてはドバイに遠征する馬のプレップレースとして使われることもしばしばあったレースですが、近年は大阪杯の前哨戦となることの方が多いでしょうか。特に今年は阪神競馬場での開催になりますので、大阪杯だけでなく宝塚記念まで見据えて、例年以上に結果が気になるレースとなりそうです。

京都記念の予想

では京都記念の予想に入ります。
なお、本ブログでは独自の指数を使った予想を公開しています。

独自の指数についてはこちら
独自の指数は以下の表に挙げた要素を基に算出しています。なお、計算にあたっては、各要素をこれまた独自の方式で数値に変換した後、各々に重みづけをして合計値を算出しています。
着差 その馬が過去に出走したレースにおいて記録した着差。
レースレベル その馬が過去に出走したレースのレベル。レースレベルは独自の計算式によって算出。(計算結果と「そのレースの上位馬が次走に好走する確率」が比例するような計算式を、過去15年分のレース情報から導出して使用。)
レースクラス その馬が過去に出走したレースのクラス。
斤量 今回のレースにおける、その馬の斤量。
枠順 今回のレースコースにおける、その馬の枠順の有利・不利。
距離 その馬が過去に出走したレースの距離と、今回のレースの距離の相性。
競馬場 その馬が過去に出走したレースの競馬場と、今回のレースの競馬場の相性。
位置取り その馬の過去に出走したレースでの位置取りを基に導出した、今回のレースコースにおける有利・不利。
上がり3F その馬の過去に出走したレースでの上がり3F(絶対値ではなくレース内での相対的な速さ)を基に導出した、今回のレースコースにおける有利・不利。
レース数 その馬が過去1年間に出走したレース数。
レース間隔 その馬が過去に出走したレースと今回のレースの間隔。

京都記念出走各馬の独自の指数は下表の通りです。

1位 2 ステイフーリッシュ 68.6 7位 7 ワグネリアン 47.9
2位 9 ダンビュライト 62.7 8位 5 ダンスディライト 46.2
3位 10 ジナンボー 57.2 9位 3 ベストアプローチ 40.5
4位 4 ラヴズオンリーユー 55.9 10位 11 サトノルークス 36.9
5位 6 レイエンダ 51.0 11位 1 ハッピーグリン 35.1
6位 8 モズベッロ 48.1
1位 2 ステイフーリッシュ 68.6
2位 9 ダンビュライト 62.7
3位 10 ジナンボー 57.2
4位 4 ラヴズオンリーユー 55.9
5位 6 レイエンダ 51.0
6位 8 モズベッロ 48.1
7位 7 ワグネリアン 47.9
8位 5 ダンスディライト 46.2
9位 3 ベストアプローチ 40.5
10位 11 サトノルークス 36.9
11位 1 ハッピーグリン 35.1

ということで、指数1位はステイフーリッシュです。京都記念は過去に2着と3着が1回ずつあり、相性の良いレース。さらに、2200m戦では6戦して1勝・2着2回・3着2回・4着1回という抜群の安定感。得意な距離で久々の重賞勝利といきたいところです。

それに続く指数2位はダンビュライトです。近走は不振が続いていますが、一昨年の本レースの覇者であり、他にもAJCCに勝ったりオールカマーで3着に入ったりと、こちらも2200mは得意距離になりますので、一変に期待したいところ。

指数3位以降はジナンボー、ラヴズオンリーユーレイエンダが続きます。特にオークス馬・ラヴズオンリーユーは昨年に同舞台で行われたエリザベス女王杯で3着に入っており、ここでも好走する可能性は非常に高いでしょう。

なお、注目のワグネリアンは良くない枠(後述)に入ったこともあり、指数は低めです。今回はノド鳴りの手術明けとなり、手術の成果が出れば本来ならここでは格が違うはずですが、果たして・・・。(ディープインパクト産駒の6歳というのもちょっと気になります。まぁ、良くも悪くもこれまであまりレースを使われてこなかったので、使い減りはしていなさそうですが。)

ということで、本ブログではステイフーリッシュを軸に、ダンビュライト、ジナンボー、ラヴズオンリーユー、レイエンダを相手にした馬連流しを買い目とします。


スポンサーリンク


京都記念・過去5年の成績

続いて、京都記念の過去5年の成績を見てみます。成績というのは、独自の指数があてになるかという観点です。

2020年 指数 馬連 馬単 三連複 三連単
1着 07 クロノジェネシス 1人気 65.9 (2位) 400円 780円 400円 1,770円
2着 01 カレンブーケドール 2人気 70.3 (1位)
3着 05 ステイフーリッシュ 3人気 47.6 (3位)
2019年 指数 馬連 馬単 三連複 三連単
1着 08 ダンビュライト 6人気 60.6 (1位) 1,510円 3,540円 2,190円 17,060円
2着 10 ステイフーリッシュ 1人気 57.4 (3位)
3着 12 マカヒキ 2人気 49.9 (8位)
2018年 指数 馬連 馬単 三連複 三連単
1着 04 クリンチャー 4人気 53.6 (4位) 2,830円 6,760円 1,260円 16,450円
2着 10 アルアイン 3人気 58.8 (3位)
3着 06 レイデオロ 1人気 63.5 (1位)
2017年 指数 馬連 馬単 三連複 三連単
1着 06 サトノクラウン 3人気 57.0 (3位) 3,620円 6,090円 1,880円 16,070円
2着 04 スマートレイアー 5人気 68.9 (1位)
3着 03 マカヒキ 1人気 55.1 (5位)
2016年 指数 馬連 馬単 三連複 三連単
1着 07 サトノクラウン 6人気 59.3 (3位) 2,880円 5,690円 8,020円 45,480円
2着 06 タッチングスピーチ 3人気 62.3 (2位)
3着 02 アドマイヤデウス 4人気 56.6 (6位)
2020年 指数
1着 07 クロノジェネシス 1人気 65.9
(2位)
2着 01 カレンブーケドール 2人気 70.3
(1位)
3着 05 ステイフーリッシュ 3人気 47.6
(3位)
馬連:400円  馬単:780円
三連複: 400円  三連単: 1,770円
2019年 指数
1着 08 ダンビュライト 6人気 60.6
(1位)
2着 10 ステイフーリッシュ 1人気 57.4
(3位)
3着 12 マカヒキ 2人気 49.9
(8位)
馬連:1,510円  馬単:3,540円
三連複: 2,190円  三連単: 17,060円
2018年 指数
1着 04 クリンチャー 4人気 53.6
(4位)
2着 10 アルアイン 3人気 58.8
(3位)
3着 06 レイデオロ 1人気 63.5
(1位)
馬連:2,830円  馬単:6,760円
三連複: 1,260円  三連単: 16,450円
2017年 指数
1着 06 サトノクラウン 3人気 57.0
(3位)
2着 04 スマートレイアー 5人気 68.9
(1位)
3着 03 マカヒキ 1人気 55.1
(5位)
馬連:3,620円  馬単:6,090円
三連複: 1,880円  三連単: 16,070円
2016年 指数
1着 07 サトノクラウン 6人気 59.3
(3位)
2着 06 タッチングスピーチ 3人気 62.3
(2位)
3着 02 アドマイヤデウス 4人気 56.6
(6位)
馬連:2,880円  馬単:5,690円
三連複: 8,020円  三連単: 45,480円

例年あまり荒れない重賞ということもあり、指数上位の馬の決着になることが多いようです。まぁ、今年は阪神競馬場での開催になりますので、傾向が変わる可能性ももちろんあるわけですが・・・。いずれにしても、ステイフーリッシュやダンビュライトには期待したいところです。

阪神芝2200mの馬番別実績

京都競馬場が改修中の影響で、今年の京都記念は阪神芝2200mでの開催となります。京都記念の予想のついでに、阪神芝2200mの馬番別実績を確認してみたいと思います。

なお、馬番別実績は各馬番毎の勝率・連対率・3着内率に加えて、3着内率については期待値と実績の差分である「偏差」も掲載しています。そして、枠順の有利・不利はこの「偏差」がプラスかマイナスかで評価することになります。

なぜなら、単純に集計すると外枠の勝率・連対率・3着内率は内枠と比較して必ず成績が悪くなるためです。詳しくは こちら をご覧ください。

阪神芝2200mの馬番別実績は下表の通りです。

馬番勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
出走頭数偏差
[%]
0110.117.727.81582.8
0212.022.232.91587.8
036.816.124.8161-0.5
0411.320.128.91593.7
058.818.927.01591.8
067.516.926.91601.7
078.312.719.1157-5.8
084.69.918.4152-5.9
097.616.021.5144-2.0
107.814.020.9129-1.2
115.314.222.11131.1
129.014.022.01001.8
134.814.321.4842.2
140.05.69.971-8.6
155.18.513.659-4.3
166.010.014.050-3.4
172.613.213.238-3.8
1813.323.323.3306.5

サンプル数があまり多くないという前提ではありますが、枠順の有利・不利が著しいレースコースであると言えます。特に外枠がかなり良くない(大外18番枠だけかなり好成績ですが、サンプル数が少ないので鵜呑みにはできないでしょう)のですが、今回の京都記念は12頭立てになりそうなので参考外ですね。一方で、7番枠・8番枠も成績が芳しくなかったりするので、迷ったら内枠の馬を狙っていくのが良さそうです。

阪神芝2200mの位置取り別実績

馬番別実績に続いて、阪神芝2200mの位置取り別実績を確認してみたいと思います。

なお、本ブログでは、位置取りといっても道中の番手ではなく、独自に算出した「位置取りスコア」毎の成績を算出しています。また、「位置取りスコア」は他のレースコースと横並び比較した場合の偏差値も掲載しています。詳しくは こちら をご覧ください。

阪神芝2200mの「位置取りスコア」別実績は下表の通りです。

位置取り
スコア
3着内率
[%]
頭数他のコースと横並び比較した
場合におけるこの位置取りの
3着内率の偏差値
60 ~
(かなり前目)
37.124548.8
55 ~ 60
(前目)
34.123254.4
50 ~ 55
(真ん中より少し前)
28.725851.0
45 ~ 50
(真ん中より少し後ろ)
21.825746.2
40 ~ 45
(後ろ目)
19.722355.3
~ 40
(かなり後方)
10.224545.0

枠順の有利・不利が激しい本コースですが、位置取り別の実績は他のレースコースと横並びで比較すると、どれも平均的な値です。つまり、基本的には前目で競馬をする馬が有利で、後ろから行く馬は少々辛いという、オーソドックスなレースコースと言うことができます。京都記念も、迷ったら前目で勝負する馬を買うと良いかもしれません。

以上です。他の重賞予想は今週の競馬予想(重賞)をご参照ください。


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です