九州スポーツ杯2021の予想 – 指数を使った競馬予想

今週の土曜日に行われる九州スポーツ杯の予想を公開します。

九州スポーツ杯の予想

本ブログでは独自の指数を使った予想を公開しています。九州スポーツ杯の出走各馬の指数は下表の通りです。

1位 15 ゴールドパラディン 77.2 9位 14 オンザロックス 58.6
2位 1 マックス 67.5 10位 3 サンライズナイト 55.0
3位 5 アルコレーヌ 66.0 11位 16 カフジキング 54.1
4位 2 クリノフラッシュ 64.9 12位 4 ソルトイブキ 50.5
5位 10 ディモールト 64.7 13位 13 パレニア 46.8
6位 7 エクレアスパークル 64.7 14位 12 テンザワールド 45.2
7位 6 スマートランウェイ 62.6 15位 9 エスト 38.9
8位 11 ホウオウライジン 59.8 16位 8 ピッツィカート
1位 15 ゴールドパラディン 77.2
2位 1 マックス 67.5
3位 5 アルコレーヌ 66.0
4位 2 クリノフラッシュ 64.9
5位 10 ディモールト 64.7
6位 7 エクレアスパークル 64.7
7位 6 スマートランウェイ 62.6
8位 11 ホウオウライジン 59.8
9位 14 オンザロックス 58.6
10位 3 サンライズナイト 55.0
11位 16 カフジキング 54.1
12位 4 ソルトイブキ 50.5
13位 13 パレニア 46.8
14位 12 テンザワールド 45.2
15位 9 エスト 38.9
16位 8 ピッツィカート

指数1位はゴールドパラディンです。

直近3戦の指数は前走から順に、咲花特別が79.1、4歳上1勝クラス(2走前)が86.1、4歳上1勝クラス(3走前)が66.4となっています。

この馬はダートの1700m戦というか、小倉競馬場のダート1700m戦で3戦2勝・2着1回という成績を残している小倉巧者になります。

加えて、ここ2走は逃げや番手追走ながら上がり3ハロン最速をマークするという圧倒的な強さを見せて連勝中であり、準オープンクラスのここでも十分期待できると思われます。

指数2位はマックスです。

直近3戦の指数は前走から順に、清洲ステークスが58.3、4歳上3勝クラスが58.6、3歳上2勝クラスが85.7となっています。

ここ2走は準オープンの壁にぶつかっている印象ですが、一方でいずれも左回りの中京コースでの結果でした。

それに対して、これまで右回りのコースは通算4戦して2勝・2着2回という成績を残していますので、舞台が小倉に変わる今回は巻き返しに期待です。

上記の馬に続くのがアルコレーヌ、クリノフラッシュ、ディモールト、エクレアスパークルといった馬たちです。

中でもアルコレーヌはここ2戦で4着・3着と善戦をしており、今回も上位争いをしてくれそうです。

小倉競馬場・ダート1700mの特徴から見た推奨馬・危険な馬

次に、小倉競馬場のダート1700mの特徴から推奨馬や危険な馬を考えてみたいと思います。

小倉競馬場のダート1700mと相性の良いレースコースは下表の通りです。


◎◎◎小倉ダ1700と相性の良いレースコース◎◎◎
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
阪神ダ2000
で5着以内に入った馬の成績
14.6%29.3%39.0%164
3走前までに
阪神ダ1800
で5着以内に入った馬の成績
13.3%23.9%33.8%1690
3走前までに
小倉ダ1700
で5着以内に入った馬の成績
12.1%23.5%34.4%3066

ということで、直近に阪神競馬場のダート1800mやダート2000mのレースで好走している、アルコレーヌは期待できそうです。

また、同じコース(つまり小倉競馬場のダート1700m)を得意にしているゴールドパラディンも当然有力候補になるでしょう。

なお、小倉競馬場のダート1700mの残り600m地点の位置取り別実績は下表の通りです。

残り600m地点での先頭との差勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
頭数
タイム差無し19.333.041.9954
半馬身〜2馬身12.424.934.62014
2馬身超〜4馬身6.313.321.83071
4馬身超〜6馬身3.47.312.31972
6馬身超〜8馬身1.43.77.71317
8馬身超〜10馬身1.12.96.3651
10馬身超0.41.72.9545

ご覧の通り、残り600m地点で先頭から2馬身以内の位置にいる馬が圧倒的に好成績を残しているコースになります。

それに対して、残り600m地点で先頭から6馬身を超えて離されているともの凄く成績が悪くなるコースでもありますので、後方からレースを進めることが多いエクレアスパークルホウオウライジンといった馬には厳しい展開になる可能性があります。

おわりに

九州スポーツ杯の予想をご覧いただきありがとうございました。

本ブログではゴールドパラディンを軸に、マックス、アルコレーヌ、クリノフラッシュ、ディモールト、エクレアスパークルを相手にした三連複流しを買い目とします。

以上です。他のレースの予想は今週の競馬予想をご参照ください。


スポンサーリンク