中山競馬場 芝2200mの特徴 – AJCC、オールカマー、セントライト記念で狙うべき馬の探し方

中山競馬場の芝2200mの特徴を、統計情報を基に見ていきたいと思います。

アメリカジョッキークラブカップ、オールカマー、セントライト記念といった重賞が行われるこのコースには、一体どのような特徴があるのでしょうか。

中山競馬場・芝2200mの馬番別実績

まず、本コースにおける枠順の有利・不利を確認してみたいと思います。

なお、馬番別実績は各馬番毎の勝率・連対率・3着内率に加えて、3着内率については期待値と実績の差分である「偏差」も掲載しています。そして、枠順の有利・不利はこの「偏差」がプラスかマイナスかで評価することになります。

なぜなら、単純に集計すると外枠の勝率・連対率・3着内率は内枠と比較して必ず成績が悪くなるためです。詳しくは こちら をご覧ください。

中山競馬場の芝2200mの馬番別実績は下表の通りです。(集計対象は2004~2020年です。)

馬番勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
出走頭数偏差
[%]
016.712.918.8255-3.5
025.515.625.82563.4
037.815.621.5256-0.9
047.113.822.1253-0.3
059.818.024.22561.9
067.811.319.9256-2.5
077.115.722.82540.6
088.815.924.72512.6
096.414.123.32491.4
107.615.121.0238-0.3
118.215.924.12203.4
128.415.319.3202-0.7
137.113.719.2182-0.2
145.011.317.6159-1.2
152.010.117.6148-1.1
165.18.511.1117-7.2
179.89.814.641-2.6
180.013.622.7226.0

出走頭数が極端に少ない17番枠や18番枠は参考外としても、全体的に外枠はあまり良い成績ではないようです。

3着内率が好成績なのは2番枠、8番枠、10番枠あたりになりますが、勝率と連帯率は5番枠が最も良い数字を残しています。

ちなみに、セントライト記念は過去5年で3回も2番枠の馬が馬券内に入っています。(ただし2着と3着だけで未勝利ですが。)一方で、二桁馬番の馬が3着内に入ったのは、2018年のレイエンダと2016年のゼーヴィント(共に2着)だけだったりします。

中山競馬場・芝2200mと相性の良いレースコース

続いて、本コースと相性の良いレースコースを見ていきたいと思います。

相性の良さとは具体的にどういうことなのかですが、ここではどのようなレースコースで好走した馬が、中山競馬場の芝2200mでも好走する確率が高いのか、という観点で情報を見ていきたいと思います。

具体的には、過去3走以内に○○というレースコースで5着以内に入った馬が中山競馬場の芝2200mで走った場合の勝率・連対率・3着内率を見ていきたいと思います。

それでは、中山競馬場の芝2200mと相性の良いレースコースを見ていきましょう。(集計対象は2004~2020年です。)


◎◎◎中山芝2200外と相性の良いレースコース◎◎◎
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
東京芝2400
で5着以内に入った馬の成績
14.6%25.5%36.4%302
3走前までに
中山芝2200外
で5着以内に入った馬の成績
14.3%25.0%36.7%300
3走前までに
京都芝2000
で5着以内に入った馬の成績
13.8%24.6%41.5%65
3走前までに
東京芝1600
で5着以内に入った馬の成績
12.8%25.6%34.6%78
3走前までに
東京芝1800
で5着以内に入った馬の成績
12.4%23.6%35.5%259

好相性なコースとしてまず第一に挙げられるのは、東京競馬場の芝2400mになります。セントライト記念はダービー組が必ず馬券に絡みますからね。(まぁダービーで惨敗してても絡むのでそういう意味ではあまり関係無いのですが。)

また、もう一つの特徴として、中山競馬場の芝2200mで好走した馬は、再び同じコースで好走する確率が高いということが挙げられます。一昔前はマツリダゴッホがオールカマーを3連覇していましたし、最近でもたとえばミッキースワローがこのコースでずっと安定した成績を残していました。予想の際には、過去にこのコースで好走実績が無いかをよく確認すると良いかもしれません。


スポンサーリンク


中山競馬場・芝2200mと相性の悪いレースコース

さらに、本コースと相性の悪いレースコースを見ていきたいと思います。

先程と真逆で、ここではどのようなレースコースで好走した馬が中山競馬場の芝2200mだと好走する確率が低いのか、言い換えると、好走歴があてにならないレースコースはどれか、という観点で情報を見ていきたいと思います。

中山競馬場の芝2200mと相性の悪いレースコースは以下の通りです。(集計対象は2004~2020年です。)

×××中山芝2200外と相性の悪いレースコース×××
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
中山芝1600外
で5着以内に入った馬の成績
5.6%16.9%28.2%71
3走前までに
新潟芝2400
で5着以内に入った馬の成績
7.8%11.8%19.6%51
3走前までに
新潟芝2200
で5着以内に入った馬の成績
7.8%12.7%18.6%102
3走前までに
小倉芝2000
で5着以内に入った馬の成績
8.3%18.3%25.0%60

サンプル数が少ないのであくまで参考程度になりますが、同じ中山競馬場の芝1600mや、新潟競馬場の芝2400mと芝2200mとは相性が良くないようです。まぁこういった臨戦過程の馬自体が多くないので、参考程度に・・・。

中山競馬場・芝2200mの位置取り別実績

最後に、位置取りの有利・不利についても見ていきたいと思います。

本ブログでは、位置取り別の成績として残り600m地点での先頭との差毎の勝率・連対率・3着内率を掲載します。(集計対象は2004~2020年です。ただし、新馬・未勝利戦は除いています。)

中山競馬場の芝2200mの位置取り別実績は下表の通りです。

残り600m地点での先頭との差勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
頭数
タイム差無し13.021.927.4215
半馬身〜2馬身9.618.026.4416
2馬身超〜4馬身8.317.326.8687
4馬身超〜6馬身7.115.122.2410
6馬身超〜8馬身3.68.115.4247
8馬身超〜10馬身2.26.010.4134
10馬身超4.29.313.5215

勝率は残り600m地点で先頭またはそこから半馬身未満の位置にいる馬が最も高いようですが、3着内率については先頭から6馬身以内であればそこまで大きく劣ることはないようです。一方で、それを超えて離されると連対は厳しくなってくるようですね。

もっとも、3着内率はどの位置取りでも二桁ありますので、紐であればどの脚質の馬も買えそうです。

おわりに

今回は中山競馬場の芝2200mについて、その特徴を統計情報と併せて見てきました。

アメリカジョッキークラブカップ、オールカマー、セントライト記念といった重賞が行われるコースになりますが、予想の際には過去に同じコースで活躍した馬を積極的に狙うのが良いコースだと思われます。また、二桁馬番の馬は少々割り引きが必要かもしれません。

以上です。中山競馬場の他のコースの特徴は中山競馬場の特徴をご参照ください。


スポンサーリンク