中山競馬場 芝2500mの特徴 – 有馬記念や日経賞で狙うべき馬の探し方

中山競馬場の芝2500mの特徴を、統計情報を基に見ていきたいと思います。

中山競馬場・芝2500mの馬番別実績

まず、本コースにおける枠順の有利・不利を確認してみたいと思います。

なお、馬番別実績は各馬番毎の勝率・連対率・3着内率に加えて、3着内率については期待値と実績の差分である「偏差」も掲載しています。そして、枠順の有利・不利はこの「偏差」がプラスかマイナスかで評価することになります。

なぜなら、単純に集計すると外枠の勝率・連対率・3着内率は内枠と比較して必ず成績が悪くなるためです。詳しくは こちら をご覧ください。

中山競馬場の芝2500mの馬番別実績は下表の通りです。(集計対象は2004~2020年です。)

馬番勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
出走頭数偏差
[%]
019.919.328.11712.8
029.416.422.2171-3.0
039.418.828.21703.0
049.419.326.31711.1
056.413.425.0172-0.2
068.215.223.4171-1.9
0710.124.332.51697.5
087.812.621.6167-3.4
098.617.326.51622.1
109.519.625.01481.2
113.815.221.2132-1.5
125.210.421.7115-0.3
139.812.218.382-2.5
143.26.514.562-5.5
152.55.07.540-11.7
166.56.59.731-9.3

サンプル数が他のレースコースと比較して少ないという前提にはなりますが、とにかく外枠の成績が悲惨なコースです。

例年、有馬記念は大外枠を引いたらその時点で終了という雰囲気になりますが、それは数字上もしっかりとした裏付けがあるからですね・・・。事実、有馬記念は過去30年まで広げても、15番枠・16番枠で連対した馬は1989年のイナリワンただ一頭です。

好枠という意味では7番枠が頭一つ抜けて好成績です。まぁ繰り返しになりますが、サンプル数が少ないので、こちらは参考程度の方が良いかもしれません。

中山競馬場・芝2500mと相性の良いレースコース

続いて、本コースと相性の良いレースコースを見ていきたいと思います。

相性の良さとは具体的にどういうことなのかですが、ここではどのようなレースコースで好走した馬が、中山競馬場の芝2500mでも好走する確率が高いのか、という観点で情報を見ていきたいと思います。

具体的には、過去3走以内に○○というレースコースで5着以内に入った馬が中山競馬場の芝2500mで走った場合の勝率・連対率・3着内率を見ていきたいと思います。

それでは、中山競馬場の芝2500mと相性の良いレースコースを見ていきましょう。(集計対象は2004~2020年です。)


◎◎◎中山芝2500と相性の良いレースコース◎◎◎
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
中京芝2000
で5着以内に入った馬の成績
24.2%36.4%39.4%33
3走前までに
新潟芝2000外
で5着以内に入った馬の成績
21.4%30.4%42.9%56
3走前までに
新潟芝2400
で5着以内に入った馬の成績
17.2%29.9%41.4%87
3走前までに
阪神芝2400外
で5着以内に入った馬の成績
15.6%27.1%37.5%96
3走前までに
中山芝2000
で5着以内に入った馬の成績
14.8%26.1%40.0%115
3走前までに
小倉芝2600
で5着以内に入った馬の成績
14.7%29.4%38.2%34
3走前までに
新潟芝2200
で5着以内に入った馬の成績
14.6%25.6%34.1%82
3走前までに
中山芝2500
で5着以内に入った馬の成績
12.8%24.3%36.8%304
3走前までに
東京芝2400
で5着以内に入った馬の成績
12.6%26.8%38.3%358

サンプル数が少ない例も混じっていますが、実用的なレベルでは同じ中山競馬場の芝2000mや、東京競馬場の芝2400mが挙げられるでしょうか。実際、有馬記念は皐月賞、ダービー、ジャパンカップで活躍した馬が上位に来ることが非常に多いです。(まぁそういう馬はそもそも強いのである意味当たり前なのかもしれませんが。)

また、有馬記念はリピーターの好走が目立つように、中山競馬場の芝2500mで好走した馬は、再び同じ舞台で好走する傾向がありそうです。


スポンサーリンク


中山競馬場・芝2500mと相性の悪いレースコース

さらに、本コースと相性の悪いレースコースを見ていきたいと思います。

先程と真逆で、ここではどのようなレースコースで好走した馬が中山競馬場の芝2500mだと好走する確率が低いのか、言い換えると、好走歴があてにならないレースコースはどれか、という観点で情報を見ていきたいと思います。

中山競馬場の芝2500mと相性の悪いレースコースは以下の通りです。(集計対象は2004~2020年です。)

×××中山芝2500と相性の悪いレースコース×××
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
東京芝2500
で5着以内に入った馬の成績
6.8%15.9%22.7%44
3走前までに
東京芝1800
で5着以内に入った馬の成績
9.1%18.2%25.8%66

サンプル数が少ないのでどこまで鵜呑みにするかは悩ましいですが、東京競馬場の芝1800mや芝2500mはそれほど相性が良くないようです。確かに、近年アルゼンチン共和国杯を圧勝して有馬記念に臨んできた馬と言えばオーソリティやスワーヴリチャードが挙げられますが、いずれも本番では馬券外になってますね。(ゴールドアクターは勝ちましたが・・・。)

中山競馬場・芝2500mの位置取り別実績

最後に、位置取りの有利・不利についても見ていきたいと思います。

本ブログでは、位置取り別の成績として残り600m地点での先頭との差毎の勝率・連対率・3着内率を掲載します。(集計対象は2004~2020年です。ただし、新馬・未勝利戦は除いています。)

中山競馬場の芝2500mの位置取り別実績は下表の通りです。

残り600m地点での先頭との差勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
頭数
タイム差無し13.221.627.0204
半馬身〜2馬身9.519.731.4401
2馬身超〜4馬身9.418.026.4605
4馬身超〜6馬身7.016.223.5328
6馬身超〜8馬身4.010.417.9201
8馬身超〜10馬身6.58.914.5124
10馬身超3.49.015.0233

なんだかんだで勝率は残り600m地点で先頭またはそこから半馬身未満の位置にいる馬が最も高いのですが、3着内率まで広げると、後ろの馬でもそん色がありません。さすがに8馬身を超えて離されていると連対は厳しくなってくるようですが。

多頭数の場合は、馬の脚質よりも枠順を気にした方が良いレースコースかもしれません。

おわりに

今回は中山競馬場の芝2500mについて、その特徴を統計情報と併せて見てきました。

有馬記念、日経賞といった重賞が行われるコースになりますが、特に多頭数になった場合は枠順を重要視する必要がありそうです。15番枠・16番枠に入った馬は無条件で切るくらいのことをしてもよいかもしれません。(まぁこのコースでそこまで他頭数になるのはそもそも有馬記念くらいなのですが。)

以上です。中山競馬場の他のコースの特徴は中山競馬場の特徴をご参照ください。


スポンサーリンク