中山競馬場 芝1600mの特徴 – ダービー卿CTや京成杯AHで狙うべき馬の探し方

中山競馬場の芝1600mの特徴を、統計情報を基に見ていきたいと思います。

中山競馬場・芝1600mの馬番別実績

まず、本コースにおける枠順の有利・不利を確認してみたいと思います。

なお、馬番別実績は各馬番毎の勝率・連対率・3着内率に加えて、3着内率については期待値と実績の差分である「偏差」も掲載しています。そして、枠順の有利・不利はこの「偏差」がプラスかマイナスかで評価することになります。

なぜなら、単純に集計すると外枠の勝率・連対率・3着内率は内枠と比較して必ず成績が悪くなるためです。詳しくは こちら をご覧ください。

中山競馬場の芝1600mの馬番別実績は下表の通りです。(集計対象は2004~2020年です。)

馬番勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
出走頭数偏差
[%]
017.514.121.810010.5
029.518.226.510065.2
036.614.421.910040.6
048.017.124.410063.1
056.213.020.81004-0.5
068.114.620.71004-0.6
077.714.621.710040.4
088.415.922.79991.5
095.612.319.5985-1.5
106.813.120.79560.1
116.112.418.5923-1.7
126.313.520.58940.5
134.511.215.9823-3.6
146.712.018.2758-1.0
155.211.616.4696-2.7
165.79.316.0599-2.8

イメージ通り、内枠有利・外枠不利のコースだと言えます。

最も好成績なのは2番枠、次いで4番枠になります。1200mといい、2000mといい、中山の芝コースは2番枠が有利なコースが多いですね。

反対に成績が悪いのは13番枠、15番枠、16番枠になります。最初のコーナーがエグい曲がり方をするコース形態の性質上、外枠はどうしても不利になってしまうようです。

中山競馬場・芝1600mと相性の良いレースコース

続いて、本コースと相性の良いレースコースを見ていきたいと思います。

相性の良さとは具体的にどういうことなのかですが、ここではどのようなレースコースで好走した馬が、中山競馬場の芝1600mでも好走する確率が高いのか、という観点で情報を見ていきたいと思います。

具体的には、過去3走以内に○○というレースコースで5着以内に入った馬が中山競馬場の芝1600mで走った場合の勝率・連対率・3着内率を見ていきたいと思います。

それでは、中山競馬場の芝1600mと相性の良いレースコースを見ていきましょう。(集計対象は2004~2020年です。)


◎◎◎中山芝1600外と相性の良いレースコース◎◎◎
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
中山芝2000
で5着以内に入った馬の成績
15.2%27.7%35.3%184
3走前までに
東京芝2000
で5着以内に入った馬の成績
15.1%27.0%38.1%126
3走前までに
福島芝1800
で5着以内に入った馬の成績
14.9%22.9%37.1%175
3走前までに
東京芝1800
で5着以内に入った馬の成績
14.1%24.7%37.5%538
3走前までに
東京芝1600
で5着以内に入った馬の成績
13.4%24.7%34.6%1635
3走前までに
新潟芝1400
で5着以内に入った馬の成績
11.4%23.4%34.4%517
3走前までに
中山芝1800
で5着以内に入った馬の成績
11.4%23.4%36.1%440
3走前までに
新潟芝1600外
で5着以内に入った馬の成績
11.3%23.8%35.0%702

好相性なコースの筆頭は、同じ中山競馬場と東京競馬場の芝2000mになります。

その他、より実用的な観点では東京競馬場の芝1600mや芝1800mや、新潟競馬場の芝1600mとの好相性が挙げられます。たとえば京成杯オータムハンデキャップで関屋記念組が好走することが多いのは、こういった相性の良さも理由の一つなのでしょう。


スポンサーリンク


中山競馬場・芝1600mと相性の悪いレースコース

さらに、本コースと相性の悪いレースコースを見ていきたいと思います。

先程と真逆で、ここではどのようなレースコースで好走した馬が中山競馬場の芝1600mだと好走する確率が低いのか、言い換えると、好走歴があてにならないレースコースはどれか、という観点で情報を見ていきたいと思います。

中山競馬場の芝1600mと相性の悪いレースコースは以下の通りです。(集計対象は2004~2020年です。)

×××中山芝1600外と相性の悪いレースコース×××
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
福島芝1200
で5着以内に入った馬の成績
4.2%15.0%18.3%120
3走前までに
中山芝1200外
で5着以内に入った馬の成績
6.6%11.6%19.9%302
3走前までに
中京芝1400
で5着以内に入った馬の成績
9.0%17.2%26.9%134
3走前までに
東京芝1400
で5着以内に入った馬の成績
9.7%19.1%27.3%1361

相性が悪いのは中山競馬場と福島競馬場の芝1200mになります。福島競馬場はともかくとして、同じ中山競馬場でも相性が悪いということなので、スプリント戦とマイル戦では少々勝手が違うようです。この傾向は覚えておいた方が良いかもしれません。

その他、中京競馬場と東京競馬場の芝1400mともあまり相性が良くないようです。

中山競馬場・芝1600mの位置取り別実績

最後に、位置取りの有利・不利についても見ていきたいと思います。

本ブログでは、位置取り別の成績として残り600m地点での先頭との差毎の勝率・連対率・3着内率を掲載します。(集計対象は2004~2020年です。ただし、新馬・未勝利戦は除いています。)

中山競馬場の芝1600mの位置取り別実績は下表の通りです。

残り600m地点での先頭との差勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
頭数
タイム差無し15.524.431.2679
半馬身〜2馬身8.719.427.31398
2馬身超〜4馬身7.715.723.62383
4馬身超〜6馬身5.711.719.01530
6馬身超〜8馬身5.19.315.81031
8馬身超〜10馬身3.28.314.2627
10馬身超2.76.610.4547

兎にも角にも1着を狙う上では、残り600m地点で先頭ないしそこから半馬身未満の位置にいる馬が断然有利なことが数字から見て取れます。重賞でも2020年のフェアリーステークスでスマイルカナが逃げ切ったり、2019年の京成杯オータムハンデキャップでトロワゼトワルが逃げ切ったりしていますので、そういうコースだということは頭に入れておいた方が良さそうです。

もっとも、3着内率についてはどのポジションだったとしても二桁以上ありますから、あまり先行馬ばかり狙っても三連系の馬券は中々当たらないかもしれません。

おわりに

今回は中山競馬場の芝1600mについて、その特徴を統計情報と併せて見てきました。

ダービー卿チャレンジトロフィー、京成杯オータムハンデキャップ、フェアリーステークスという、割とマイナーな(そんなことない?)重賞が行われるコースですが、特に他頭数の時は枠順を注意する必要があるようです。

以上です。中山競馬場の他のコースの特徴は中山競馬場の特徴をご参照ください。


スポンサーリンク