中山競馬場 芝1200mの特徴 – スプリンターズSやオーシャンSで狙うべき馬の探し方

中山競馬場の芝1200mの特徴を、統計情報を基に見ていきたいと思います。

中山競馬場・芝1200mの馬番別実績

最初に、本コースにおける枠順の有利・不利を確認してみたいと思います。なお、統計情報は全て2004~2020年を集計対象としています。

なお、馬番別実績は各馬番毎の勝率・連対率・3着内率に加えて、3着内率については期待値と実績の差分である「偏差」も掲載しています。そして、枠順の有利・不利はこの「偏差」がプラスかマイナスかで評価することになります。

なぜなら、単純に集計すると外枠の勝率・連対率・3着内率は内枠と比較して必ず成績が悪くなるためです。詳しくは こちら をご覧ください。

中山競馬場の芝1200mの馬番別実績は下表の通りです。(集計対象は2004~2020年です。)

馬番勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
出走頭数偏差
[%]
016.914.822.35961.2
028.718.625.85984.6
034.912.221.55960.3
048.416.622.45971.3
056.713.620.6597-0.6
067.414.821.65960.5
078.214.221.0599-0.1
086.213.319.3595-1.7
096.113.620.4587-0.4
106.713.520.85710.3
117.914.122.05591.8
126.711.719.7539-0.3
136.812.016.0499-3.5
145.711.719.84600.5
156.711.516.0418-3.0
164.710.516.1361-2.8

コース形態から想像できるように、やはり外枠は成績が振るわないようです。

特に、3着内率で見ると13番枠・15番枠・16番枠の成績がイマイチですね。とはいえ、勝率で見るとそこまで成績が悪いわけではないのは少々不思議なところ。現にスプリンターズステークスでは2016年にレッドファルクスが13番枠から優勝していますしね。3連系のヒモ選びで外枠の馬を割り引く感じかもしれません。

最も成績が良いのは2番枠になります。特にオーシャンステークスでは2番枠の馬が過去5年で3回連帯しているので、覚えておくと良いかもしれません。

中山競馬場・芝1200mと相性の良いレースコース

続いて、本コースと相性の良いレースコースを見ていきたいと思います。

相性の良さとは具体的にどういうことかという話になりますが、ここではどのようなレースコースで好走した馬が、中山競馬場の芝1200mでも好走する確率が高いのか、という観点で情報を見ていきたいと思います。

具体的には、過去3走以内に○○というレースコースで5着以内に入った馬が中山競馬場の芝1200mで走った場合の勝率・連対率・3着内率を見ていきたいと思います。

それでは、中山競馬場の芝1200mと相性の良いレースコースを見ていきましょう。(集計対象は2004~2020年です。)


◎◎◎中山芝1200外と相性の良いレースコース◎◎◎
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
東京芝1600
で5着以内に入った馬の成績
17.7%28.3%36.3%113
3走前までに
新潟芝1400
で5着以内に入った馬の成績
15.5%26.8%36.6%336
3走前までに
中京芝1200
で5着以内に入った馬の成績
14.2%25.9%33.5%212
3走前までに
東京芝1400
で5着以内に入った馬の成績
13.2%26.0%37.2%645

相性が良いのは東京競馬場の芝1400mと芝1600m、新潟競馬場の芝1400m、中京競馬場の芝1200m戦となります。

高松宮記念の好走馬がスプリンターズステークスでも好走するのは、こういった相性の良さもあるのかもしれません。(まぁ実力の要素も大きいでしょうが。)

また、スプリンターズステークスについて言うと、2020年に10番人気ながら3着に来たアウィルアウェイは新潟芝1400m戦のダリア賞を過去に勝っていたり、2017年に7番人気で3着に来たワンスインナムーンはその前走に同じく新潟芝1400m戦の朱鷺ステークスを勝っていたりするので、新潟芝1400m戦で好走した馬を探してみるのも、ちょっと面白いかもしれません。


スポンサーリンク


中山競馬場・芝1200mと相性の悪いレースコース

さらに、本コースと相性の悪いレースコースを見ていきたいと思います。

先程と真逆で、ここではどのようなレースコースで好走した馬が中山競馬場の芝1200mだと好走する確率が低いのか、言い換えると、好走歴があてにならないレースコースはどれか、という観点で情報を見ていきたいと思います。

中山競馬場の芝1200mと相性の悪いレースコースは以下の通りです。(集計対象は2004~2020年です。)

×××中山芝1200外と相性の悪いレースコース×××
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
新潟芝1000
で5着以内に入った馬の成績
6.2%11.7%18.3%420
3走前までに
福島芝1200
で5着以内に入った馬の成績
9.4%18.5%27.0%637
3走前までに
函館芝1200
で5着以内に入った馬の成績
9.9%19.2%24.7%292

相性が悪いのは以上の3コースでした。いずれもローカルの短距離戦になります。

特に成績が振るわないのは新潟の芝1000m戦になります。やはり真っ直ぐ走れば良いコースと、スタートしてすぐカーブに差し掛かるような本コースとでは、少々勝手が違うようです。

福島、函館のスプリント戦も、ものすごく成績が悪いわけではありませんが、これらのコースの実績は、多少割り引いて判断した方が良さそうです。

中山競馬場・芝1200mの位置取り別実績

最後に、位置取りの有利・不利についても見ていきたいと思います。

本ブログでは、位置取り別の成績として残り600m地点での先頭との差毎の勝率・連対率・3着内率を掲載します。(集計対象は2004~2020年です。ただし、新馬・未勝利戦は除いています。)

中山競馬場の芝1200mの位置取り別実績は下表の通りです。

残り600m地点での先頭との差勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
頭数
タイム差無し17.128.435.5532
半馬身〜2馬身8.918.127.21303
2馬身超〜4馬身6.814.622.31961
4馬身超〜6馬身4.69.514.91191
6馬身超〜8馬身2.75.611.0697
8馬身超〜10馬身2.85.911.0391
10馬身超1.43.84.3208

やはりスプリント戦ということで、前目の馬ほど好成績を残す傾向があります。

特に残り600m地点で先頭またはそこから半馬身未満の位置にいる馬は、勝率・連対率・3着内率のいずれもかなりの好成績を挙げています。

逆に、残り600m地点で先頭から4馬身を超えて離されていると成績がかなり悪化するのが見て取れます。迷ったら、前目の馬から買うのが吉なレースコースだと言えます。

おわりに

今回は中山競馬場の芝1200mについて、その特徴を統計情報と併せて見てきました。

スプリンターズステークスやオーシャンステークスといった重賞が開催される本コース。枠順の有利・不利がそれなりにはっきりしているレースコースでもありますので、そういった要素も考慮して予想に臨むのが良さそうです。

以上です。中山競馬場の他のコースの特徴は中山競馬場の特徴をご参照ください。


スポンサーリンク