中山競馬場 ダート1800mの特徴 – マーチSや師走Sで狙うべき馬の探し方

中山競馬場のダート1800mの特徴を、統計情報を基に見ていきたいと思います。

中山競馬場・ダート1800mの馬番別実績

まず、本コースにおける枠順の有利・不利を確認してみたいと思います。

なお、馬番別実績は各馬番毎の勝率・連対率・3着内率に加えて、3着内率については期待値と実績の差分である「偏差」も掲載しています。そして、枠順の有利・不利はこの「偏差」がプラスかマイナスかで評価することになります。

なぜなら、単純に集計すると外枠の勝率・連対率・3着内率は内枠と比較して必ず成績が悪くなるためです。詳しくは こちら をご覧ください。

中山競馬場のダート1800mの馬番別実績は下表の通りです。(集計対象は2004~2020年です。)

馬番勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
出走頭数偏差
[%]
016.111.719.02146-2.2
026.612.718.92149-2.3
036.311.818.42150-2.8
046.413.320.62153-0.6
056.213.120.72145-0.4
066.013.420.42149-0.8
077.514.120.32145-0.8
087.814.521.02153-0.2
097.714.921.921350.8
107.715.122.320991.5
116.614.521.420140.9
127.414.622.019251.9
137.614.921.317921.6
147.214.721.616472.1
156.614.021.714782.6
166.813.820.112131.2

ダート1200mとは異なり芝スタートというわけではないのですが、こちらのコースも内枠不利・外枠有利な傾向があります。わりと綺麗に外にいけばいくほど成績が良くなるコースですね。

ただ、それは連帯率や3着内率についての話であり、勝率を見てみるとどの馬番も大差ないことがわかります。そのため、頭については外枠の馬を重視する必要は無さそうです。(まぁそれでもマーチステークスは外枠の馬がガンガン来るレースだったりしますが。)

中山競馬場・ダート1800mと相性の良いレースコース

続いて、本コースと相性の良いレースコースを見ていきたいと思います。

相性の良さとは具体的にどういうことなのかですが、ここではどのようなレースコースで好走した馬が、中山競馬場のダート1800mでも好走する確率が高いのか、という観点で情報を見ていきたいと思います。

具体的には、過去3走以内に○○というレースコースで5着以内に入った馬が中山競馬場のダート1800mで走った場合の勝率・連対率・3着内率を見ていきたいと思います。

それでは、中山競馬場のダート1800mと相性の良いレースコースを見ていきましょう。(集計対象は2004~2020年です。)


◎◎◎中山ダ1800と相性の良いレースコース◎◎◎
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
東京芝1800
で5着以内に入った馬の成績
18.6%28.5%38.6%295
3走前までに
東京芝2000
で5着以内に入った馬の成績
16.4%32.3%39.3%201
3走前までに
中京ダ1900
で5着以内に入った馬の成績
14.2%23.6%36.8%106
3走前までに
中山芝2000
で5着以内に入った馬の成績
12.9%24.7%37.3%255
3走前までに
東京ダ2100
で5着以内に入った馬の成績
12.4%22.9%33.4%863
3走前までに
中山ダ1800
で5着以内に入った馬の成績
12.4%24.1%34.5%7144
3走前までに
京都ダ1800
で5着以内に入った馬の成績
12.3%23.7%34.8%811
3走前までに
東京ダ1600
で5着以内に入った馬の成績
12.3%24.8%35.1%3531
3走前までに
阪神ダ1800
で5着以内に入った馬の成績
12.3%23.5%36.2%497

まず意外なことに、本コースと好相性なコースの筆頭は、ダートではなく芝のレースコース、具体的には東京競馬場の芝1800mと芝2000mや同じ中山競馬場の芝2000mになります。下級条件のレースを中心に、これらのコースで好走したダート変わりの馬は要チェックだと思われます。

ダートコースで相性が良いのは、中京競馬場のダート1900m、東京競馬場のダート1600mやダート2100mが挙げられます。特に東京の2コースについてはサンプル数の多さからもわかるように、かなり実用的なデータだと思われます。

そして中山競馬場のダート1800mで好走した馬は、同じ舞台で再び好走する可能性が高いようです。同じ舞台で好成績を残している馬は、積極的に狙いたいですね。


スポンサーリンク


中山競馬場・ダート1800mと相性の悪いレースコース

さらに、本コースと相性の悪いレースコースを見ていきたいと思います。

先程と真逆で、ここではどのようなレースコースで好走した馬が中山競馬場のダート1800mだと好走する確率が低いのか、言い換えると、好走歴があてにならないレースコースはどれか、という観点で情報を見ていきたいと思います。

中山競馬場のダート1800mと相性の悪いレースコースは以下の通りです。(集計対象は2004~2020年です。)

×××中山ダ1800と相性の悪いレースコース×××
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
中山ダ1200
で5着以内に入った馬の成績
4.4%10.9%17.4%293
3走前までに
中山ダ2400
で5着以内に入った馬の成績
4.5%16.4%20.0%110
3走前までに
東京ダ1300
で5着以内に入った馬の成績
5.4%17.4%26.2%149
3走前までに
小倉ダ1700
で5着以内に入った馬の成績
8.3%17.6%27.5%505
3走前までに
京都ダ1900
で5着以内に入った馬の成績
8.7%15.0%22.8%127
3走前までに
札幌ダ1700
で5着以内に入った馬の成績
8.8%16.5%25.4%339
3走前までに
函館ダ1700
で5着以内に入った馬の成績
9.6%15.7%23.8%345
3走前までに
阪神ダ2000
で5着以内に入った馬の成績
9.8%18.9%27.0%122

相性がイマイチなレースコースはけっこうあるようですが、その筆頭は同じ中山競馬場のダート1200mになります。やはり距離が600mも離れていると、求められるものが全く異なるようですね。同じ中山競馬場のダートコースで好走しているからと、雑に予想をすると痛い目にあいそうです。

他には、極端に悪いというほどでもないですが、小倉競馬場、札幌競馬場、函館競馬場のダート1700mとは、距離が近いにもかかわらずそれほど相性が良くないようです。夏競馬で好走した馬を秋の中山競馬で狙う際には、少し注意した方が良いかもしれません。

中山競馬場・ダート1800mの位置取り別実績

最後に、位置取りの有利・不利についても見ていきたいと思います。

本ブログでは、位置取り別の成績として残り600m地点での先頭との差毎の勝率・連対率・3着内率を掲載します。(集計対象は2004~2020年です。ただし、新馬・未勝利戦は除いています。)

中山競馬場のダート1800mの位置取り別実績は下表の通りです。

残り600m地点での先頭との差勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
頭数
タイム差無し17.728.338.81517
半馬身〜2馬身11.724.233.33132
2馬身超〜4馬身6.313.020.94296
4馬身超〜6馬身3.17.513.52658
6馬身超〜8馬身2.86.09.51793
8馬身超〜10馬身2.55.59.7950
10馬身超1.03.56.6889

傾向は同じ中山競馬場のダート1200mとかなり似ています。

ご覧の通り、ダントツで成績が良いのは残り600m地点で先頭または先頭から半馬身未満の位置にいる馬になります。加えて、やや成績は落ちますが、先頭から2馬身以内でもかなりの好成績になります。

逆に、残り600m地点で4馬身を超えて離されていると、勝ち負けに参加するのが苦しくなってくるようです。悩んだら前目の馬を優先するのが良さそうですね。

おわりに

今回は中山競馬場のダート1800mについて、その特徴を統計情報と併せて見てきました。

内枠不利・外枠有利な傾向がありますが、それ以上にとにかく前目のポジションにいる馬が好成績をあげているレースコースになります。先行馬が外枠に入ったら積極的に狙うのが吉かもしれません。

以上です。中山競馬場の他のコースの特徴は中山競馬場の特徴をご参照ください。


スポンサーリンク