中山競馬場 ダート1200mの特徴 – カペラSや千葉Sで狙うべき馬の探し方

中山競馬場のダート1200mの特徴を、統計情報を基に見ていきたいと思います。

中山競馬場・ダート1200mの馬番別実績

まず、本コースにおける枠順の有利・不利を確認してみたいと思います。

なお、馬番別実績は各馬番毎の勝率・連対率・3着内率に加えて、3着内率については期待値と実績の差分である「偏差」も掲載しています。そして、枠順の有利・不利はこの「偏差」がプラスかマイナスかで評価することになります。

なぜなら、単純に集計すると外枠の勝率・連対率・3着内率は内枠と比較して必ず成績が悪くなるためです。詳しくは こちら をご覧ください。

中山競馬場のダート1200mの馬番別実績は下表の通りです。(集計対象は2004~2020年です。)

馬番勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
出走頭数偏差
[%]
016.112.018.12138-1.6
025.510.816.92141-2.9
035.210.917.32133-2.4
046.313.319.52138-0.2
056.412.219.02139-0.7
066.011.318.12133-1.6
075.811.616.52143-3.2
087.114.421.921362.1
096.012.318.12127-1.6
107.514.521.021181.4
116.513.720.820991.3
127.714.821.520642.1
136.813.719.620170.3
146.613.721.719552.6
158.115.922.718583.7
167.314.321.116742.2

やはり芝スタートだけあって、内枠不利・外枠不利となっています。基本的に外枠にいけばいくほど、好成績になる傾向があります。

最も成績が良いのは15番枠、次いで14番枠となります。それに対して最も成績が悪いのは7番枠ですが、1番枠~3番枠も芳しくありません。

なお、この舞台で行われるカペラステークスは2008年に新設されて以来、二桁馬番の馬が絡まなかったレースは過去2回しかありません。(一方で、1枠の馬もよく馬券に絡んでいたりするので、難しいのですが・・・。)

中山競馬場・ダート1200mと相性の良いレースコース

続いて、本コースと相性の良いレースコースを見ていきたいと思います。

相性の良さとは具体的にどういうことかという話になりますが、ここではどのようなレースコースで好走した馬が、中山競馬場のダート1200mでも好走する確率が高いのか、という観点で情報を見ていきたいと思います。

具体的には、過去3走以内に○○というレースコースで5着以内に入った馬が中山競馬場のダート1200mで走った場合の勝率・連対率・3着内率を見ていきたいと思います。

それでは、中山競馬場のダート1200mと相性の良いレースコースを見ていきましょう。(集計対象は2004~2020年です。)


◎◎◎中山ダ1200と相性の良いレースコース◎◎◎
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
東京芝1600
で5着以内に入った馬の成績
18.0%32.3%40.6%133
3走前までに
中京ダ1400
で5着以内に入った馬の成績
14.5%25.0%35.5%228
3走前までに
京都ダ1400
で5着以内に入った馬の成績
14.3%25.3%34.8%293
3走前までに
東京ダ1600
で5着以内に入った馬の成績
13.9%23.6%35.8%424
3走前までに
阪神ダ1400
で5着以内に入った馬の成績
13.9%25.6%36.3%281
3走前までに
東京ダ1300
で5着以内に入った馬の成績
13.8%26.5%37.4%1624
3走前までに
東京ダ1400
で5着以内に入った馬の成績
13.6%27.3%38.8%2493
3走前までに
阪神ダ1200
で5着以内に入った馬の成績
13.6%23.7%33.5%448
3走前までに
中山ダ1200
で5着以内に入った馬の成績
12.2%23.1%33.5%7488

最も相性が良いのは東京競馬場のダート・・・ではなく芝の1600mでした。意外ではありますが、本コースは芝スタートなので、芝の実績が好影響を与えるのかもしれません。

それ以外には中京、京都、阪神のダート1400m戦も好相性なようですが、実用的な面で注目すべきは、やはり東京競馬場のダート1300m、1400m、1600mで好走した馬の成績が良い点でしょうか。特に、東京競馬場のダート1300mや1400m戦を好走してから、本コースのレースに出走する馬はかなり多いので、これらの実績は素直に尊重すると良さそうです。

また、多少劣りますが、阪神競馬場や同じ中山競馬場のダート1200m戦とも、相性が良いようです。


スポンサーリンク


中山競馬場・ダート1200mと相性の悪いレースコース

さらに、本コースと相性の悪いレースコースを見ていきたいと思います。

先程と真逆で、ここではどのようなレースコースで好走した馬が中山競馬場のダート1200mだと好走する確率が低いのか、言い換えると、好走歴があてにならないレースコースはどれか、という観点で情報を見ていきたいと思います。

中山競馬場のダート1200mと相性の悪いレースコースは以下の通りです。(集計対象は2004~2020年です。)

×××中山ダ1200と相性の悪いレースコース×××
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
小倉ダ1000
で5着以内に入った馬の成績
6.2%15.1%22.6%292
3走前までに
札幌ダ1000
で5着以内に入った馬の成績
7.6%14.6%18.2%198
3走前までに
函館ダ1000
で5着以内に入った馬の成績
8.4%15.5%19.9%297

相性が悪いのは以上の3コースでした。いずれもローカルのダート1000m戦ですね。距離も近いので意外と言えば意外ですが、やはり1000m戦と1200m戦は少々勝手が違うようです。(あるいは、純粋にレースレベルに差があるのかもしれません。)

これらはいずれも夏競馬の番組に組まれているレースコースですので、夏にこれらの舞台で好走した馬が、9月の中山競馬に出走してきた場合には、上記の数字を思い出した方が良いかもしれません。

中山競馬場・ダート1200mの位置取り別実績

最後に、位置取りの有利・不利についても見ていきたいと思います。

本ブログでは、位置取り別の成績として残り600m地点での先頭との差毎の勝率・連対率・3着内率を掲載します。(集計対象は2004~2020年です。ただし、新馬・未勝利戦は除いています。)

中山競馬場のダート1200mの位置取り別実績は下表の通りです。

残り600m地点での先頭との差勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
頭数
タイム差無し17.128.637.81348
半馬身〜2馬身11.522.631.22851
2馬身超〜4馬身6.913.821.93979
4馬身超〜6馬身3.58.713.92785
6馬身超〜8馬身2.86.311.12152
8馬身超〜10馬身2.35.39.31466
10馬身超1.02.55.21337

やはりダートかつ短距離のコースということで、前目のポジションの馬が好成績なのは間違いないようです。特に、逃げや番手くらいで競馬をする馬を優先して買いたいレースコースだと言えます。

勝率・連対率・3着内率のいずれも、残り600m地点で先頭から4馬身差以内に入っているかいないかで、大きく変わってきます。そのため、追い込み馬はいわずもがな、差し馬も軸にするのは結構勇気がいるレースコースかもしれません。

おわりに

今回は中山競馬場のダート1200mについて、その特徴を統計情報と併せて見てきました。

中山競馬場のダートコースは1200m戦か1800m戦がメイン(たまに2400mがあるくらい)なので、本コースのレースを予想することは多いと思われます。基本的には外枠が有利であり、かつ前目のポジションで競馬をする馬が好成績を残すコースになりますので、これらを前提として予想を組み立てていくことになるでしょう。

以上です。中山競馬場の他のコースの特徴は中山競馬場の特徴をご参照ください。


スポンサーリンク