中京競馬場 芝1600mの特徴 – 中京記念やトリトンSで狙うべき馬の探し方

中京競馬場の芝1600mの特徴を、統計情報を基に見ていきたいと思います。

重賞では中京記念が行われるコースになりますが、その特徴を様々な観点からチェックしていきましょう。

中京競馬場・芝1600mの馬番別実績

まず、本コースにおける枠順の有利・不利を確認してみたいと思います。

なお、馬番別実績は各馬番毎の勝率・連対率・3着内率に加えて、3着内率については期待値と実績の差分である「偏差」も掲載しています。そして、枠順の有利・不利はこの「偏差」がプラスかマイナスかで評価することになります。

なぜなら、単純に集計すると外枠の勝率・連対率・3着内率は内枠と比較して必ず成績が悪くなるためです。詳しくは こちら をご覧ください。

中京競馬場の芝1600mの馬番別実績は下表の通りです。(集計対象は2012~2020年です。)

馬番勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
出走頭数偏差
[%]
016.112.919.0263-3.4
026.513.720.6262-1.8
037.714.621.5261-0.9
046.114.822.1263-0.3
057.312.621.5261-1.0
068.517.323.82601.7
076.515.021.9260-0.3
085.511.819.3254-2.5
098.917.928.52467.2
105.110.119.0237-1.8
118.413.719.8227-0.5
126.617.023.62123.8
135.010.516.0200-3.5
148.614.519.91860.7
158.412.616.2167-2.8
169.818.328.11539.3

馬番毎に成績の差が激しいコースになりますが、傾向としては内枠が全体的に低調なようですね。

サンプル数が少なめだという前提ではありますが、9番枠や16番枠は好成績を残しています。特に16番枠はかなり成績が良いので、覚えておくと良いかもしれません。

一方で、最内の1番枠や、13番枠、15番枠は成績が芳しくありませんので注意が必要です。

中京競馬場・芝1600mと相性の良いレースコース

続いて、本コースと相性の良いレースコースを見ていきたいと思います。

相性の良さとは具体的にどういうことなのかですが、ここではどのようなレースコースで好走した馬が、中京競馬場の芝1600mでも好走する確率が高いのか、という観点で情報を見ていきたいと思います。

具体的には、過去3走以内に○○というレースコースで5着以内に入った馬が中京競馬場の芝1600mで走った場合の勝率・連対率・3着内率を見ていきたいと思います。

それでは、中京競馬場の芝1600mと相性の良いレースコースを見ていきましょう。(集計対象は2012~2020年です。)


◎◎◎中京芝1600と相性の良いレースコース◎◎◎
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
京都芝1600
で5着以内に入った馬の成績
15.4%27.2%39.8%254
3走前までに
京都芝1800外
で5着以内に入った馬の成績
14.9%34.5%44.6%148
3走前までに
阪神芝1800外
で5着以内に入った馬の成績
14.8%27.0%37.8%196
3走前までに
中京芝1600
で5着以内に入った馬の成績
13.4%26.1%38.8%322
3走前までに
阪神芝1400
で5着以内に入った馬の成績
13.2%23.7%35.5%152
3走前までに
京都芝1600外
で5着以内に入った馬の成績
11.8%23.5%33.8%136

まず好相性なコースとして挙げられるのは、京都競馬場の芝1600m(内回り・外回り両方)と芝1800mだったのですが、京都競馬場は現在改装工事中なのでこのデータはしばらく使えないですね・・・。

それ以外で言うと、阪神競馬場の芝1400mや芝1800mが好相性なようです。ちなみに、阪神競馬場の芝1600mは含まれないのでご注意を。

また、中京競馬場の芝1600mで好走した馬は、同じ舞台で再度好走する可能性も高いようです。


スポンサーリンク


中京競馬場・芝1600mと相性の悪いレースコース

さらに、本コースと相性の悪いレースコースを見ていきたいと思います。

先程と真逆で、ここではどのようなレースコースで好走した馬が中京競馬場の芝1600mだと好走する確率が低いのか、言い換えると、好走歴があてにならないレースコースはどれか、という観点で情報を見ていきたいと思います。

中京競馬場の芝1600mと相性の悪いレースコースは以下の通りです。(集計対象は2012~2020年です。)

×××中京芝1600と相性の悪いレースコース×××
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
新潟芝1800外
で5着以内に入った馬の成績
6.9%16.1%25.3%87
3走前までに
東京芝1400
で5着以内に入った馬の成績
8.2%18.0%26.2%122
3走前までに
中山芝1600外
で5着以内に入った馬の成績
9.9%18.0%26.1%111

上記のレースコースはいずれもものすごく成績が悪いというほどではありませんが、相性はイマイチなようです。

中京競馬場・芝1600mの位置取り別実績

最後に、位置取りの有利・不利についても見ていきたいと思います。

本ブログでは、位置取り別の成績として残り600m地点での先頭との差毎の勝率・連対率・3着内率を掲載します。(集計対象は2012~2020年です。ただし、新馬・未勝利戦は除いています。)

中京競馬場の芝1600mの位置取り別実績は下表の通りです。

残り600m地点での先頭との差勝率
[%]
連対率
[%]
3着内率
[%]
頭数
タイム差無し13.721.728.6161
半馬身〜2馬身9.920.427.2323
2馬身超〜4馬身5.613.723.1568
4馬身超〜6馬身8.616.422.9385
6馬身超〜8馬身5.68.315.6302
8馬身超〜10馬身3.88.311.5157
10馬身超2.06.812.2147

基本的には他のレースコースと同様に、逃げ馬や先行馬が相対的に好成績を残しています。

特に勝率、連対率基準では残り600m地点で先頭から2馬身以内の位置にいるのが望ましいようです。

一方で、3着内率については先頭から6馬身以内であればそれほど大きくは変わりません。ただし、そこからさらに離されていると、特に連対率は数字が急激に悪化します。

おわりに

今回は中京競馬場の芝1600mについて、その特徴を統計情報と併せて見てきました。

真夏の名物レースである中京記念が開催されるレースコースになりますが、傾向的には内枠が全体的に不振なようです。加えて、馬番毎に成績の差が大きいので要注意。

また、同じコース(つまり中京競馬場の芝1600m)で好走歴のあるような、いわゆるリピーターを狙うのが良さそうなコースでもあります。

以上です。中京競馬場の他のコースの特徴は中京競馬場の特徴をご参照ください。


スポンサーリンク