レパードステークス 指数 予想 2021 – データと指数を使った競馬予想

今週の日曜日に行われるレパードステークスの予想を公開します。

レパードステークスの予想

本ブログでは独自の指数を使った予想を公開しています。レパードステークスの出走各馬の指数は下表の通りです。

1位 11 ノースザワールド 100.4 9位 7 ロードシュトローム 67.4
2位 10 ルコルセール 98.1 10位 6 スマートパルフェ 66.5
3位 15 メイショウムラクモ 85.4 11位 13 タイセイアゲイン 66.2
4位 5 オセアダイナスティ 84.7 12位 8 テイエムマジック 63.5
5位 3 タマモブトウカイ 84.1 13位 9 ハンディーズピーク 59.8
6位 1 ラヴォラーレ 82.2 14位 4 ホッコーハナミチ 59.1
7位 12 トモジャリア 77.4 15位 14 スウィープザボード 56.6
8位 2 レプンカムイ 72.1
1位 11 ノースザワールド 100.4
2位 10 ルコルセール 98.1
3位 15 メイショウムラクモ 85.4
4位 5 オセアダイナスティ 84.7
5位 3 タマモブトウカイ 84.1
6位 1 ラヴォラーレ 82.2
7位 12 トモジャリア 77.4
8位 2 レプンカムイ 72.1
9位 7 ロードシュトローム 67.4
10位 6 スマートパルフェ 66.5
11位 13 タイセイアゲイン 66.2
12位 8 テイエムマジック 63.5
13位 9 ハンディーズピーク 59.8
14位 4 ホッコーハナミチ 59.1
15位 14 スウィープザボード 56.6

指数1位はノースザワールドです。

芝ではアーリントンカップ6着といった実績はあったもののイマイチな走りが続いていた中、ダート転戦初戦となった前走は上がり3ハロン最速をマークしていきなり勝利を収めました。

まぁとは言え1勝クラスでしたし、相手は3歳馬ばかりでしたし、まだまだ実力は未知数な状況ですが、ジャパンダートダービーに登録していたくらいですから、陣営も期待している馬なのは間違いなさそうです。

ということで、指数通りの好走に期待したいと思います。

指数2位はルコルセールです。

直近3戦の指数は前走から順に、渡島特別が81.9、3歳上1勝クラスが102.6、3歳未勝利が109.8となっています。

舞台をダートに変えてから破竹の3連勝中。前走も2勝クラスの古馬たちを相手にダントツの一番人気に応えて楽勝でした。

揉まれる競馬を経験していないのは気になるところですが、実力通り走れれば今回も上位争いは必至でしょう。

上記の馬に続くのがメイショウムラクモ、オセアダイナスティ、タマモブトウカイ、ラヴォラーレといった馬たちです。

まぁここは前走が圧巻だったオセアダイナスティに期待ですかね。オルフェーヴル産駒なので個人的にも応援したいところ。

新潟ダ1800の特徴から見た推奨馬

続いて、新潟競馬場のダ1800mの特徴から推奨馬を見ていきましょう。

新潟競馬場のダ1800mと相性の良いレースコースは下表の通りです。


◎◎◎新潟ダ1800と相性の良いレースコース◎◎◎
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
中京ダ1900
で5着以内に入った馬の成績
15.9%24.6%34.8%138
3走前までに
中京ダ1800
で5着以内に入った馬の成績
15.4%30.1%40.4%455
3走前までに
阪神ダ1800
で5着以内に入った馬の成績
15.3%28.9%39.1%868
3走前までに
新潟ダ1800
で5着以内に入った馬の成績
13.0%25.1%37.3%2437
3走前までに
福島ダ1700
で5着以内に入った馬の成績
12.2%23.9%36.8%1202
3走前までに
東京ダ1600
で5着以内に入った馬の成績
11.8%24.6%34.3%1421

ご覧の通り新潟競馬場のダート1800mは、中京競馬場のダート1900mと好相性なようですので、前走にそのコースで勝っているノースザワールドには期待できそうです。

とは言え、その他にも様々なコースと相性が良さそうであり、かついずれも該当馬がかなり多いので、今回は参考程度ですね・・・。

おわりに

レパードステークスの予想をご覧いただきありがとうございました。

本ブログではノースザワールドを軸に、ルコルセール、メイショウムラクモ、オセアダイナスティ、タマモブトウカイ、ラヴォラーレを相手にした三連複流しを買い目とします。

以上です。新潟競馬場の11レースについてはこちらの予想をご覧ください。

また、その他の函館競馬場の11レースについても、こちらの予想をご覧ください。


スポンサーリンク