リボン賞2021の予想 – 指数を使った競馬予想

今週の日曜日に行われるリボン賞の予想を公開します。

リボン賞の予想

本ブログでは独自の指数を使った予想を公開しています。リボン賞の出走各馬の指数は下表の通りです。

1位 5 ジュディッタ 61.1 8位 12 サンマルエンパイア 52.7
2位 1 ヴェラアズール 60.4 9位 4 リーガルマインド 51.2
3位 13 ワンダーエカルテ 60.4 10位 6 サイモンルモンド 49.6
4位 2 ダディーズメジャー 59.7 11位 11 ダイシンカローリ 44.6
5位 10 ザプラウドワンズ 58.6 12位 3 ジョウショーリード 41.7
6位 8 ホッコーハナミチ 58.4 13位 9 バンクショット 39.3
7位 7 サトノパシュート 57.2
1位 5 ジュディッタ 61.1
2位 1 ヴェラアズール 60.4
3位 13 ワンダーエカルテ 60.4
4位 2 ダディーズメジャー 59.7
5位 10 ザプラウドワンズ 58.6
6位 8 ホッコーハナミチ 58.4
7位 7 サトノパシュート 57.2
8位 12 サンマルエンパイア 52.7
9位 4 リーガルマインド 51.2
10位 6 サイモンルモンド 49.6
11位 11 ダイシンカローリ 44.6
12位 3 ジョウショーリード 41.7
13位 9 バンクショット 39.3

指数1位はジュディッタです。

直近3戦の指数は前走から順に、3歳上2勝クラスが55.1、伏竜ステークスが67.8、3歳1勝クラスが60.3となっています。

初の古馬との対戦となった前走は7着に敗れましたが、勝ち馬のショウナンナデシコが強すぎただけで、2着とはそれほど離されていません。

3歳牝馬ならではの軽斤量を活かして、ここは何とか頑張ってほしいところ。

指数2位はヴェラアズールです。

直近3戦の指数は前走から順に、八王子特別が92.6、福島中央テレビ杯が36.2、矢作川特別が52.4となっています。

阪神競馬場のダートコースはこれまで6戦1勝・2着3回・3着1回と得意にしている舞台になりますので、今回も上位争いを演じてくれることでしょう。

上記の馬に続くのがワンダーエカルテ、ダディーズメジャー、ザプラウドワンズ、ホッコーハナミチといった馬たちです。

注目はこの距離で2勝を挙げているホッコーハナミチですかね。前走は昇級初戦ながらまずまずの走りを見せていましたので、このクラス2戦目でのさらなる躍進に期待します。

阪神競馬場・ダート1800mの特徴から見た推奨馬・危険な馬

次に、阪神競馬場のダート1800mの特徴から推奨馬や危険な馬を考えてみたいと思います。

阪神競馬場のダート1800mは、近走に同じ舞台(つまり阪神競馬場のダート1800m)で好走した馬が、再度好走する確率が高い傾向にあります。

今回該当する馬は多数いますが、その中でも前々走にこのコースのレースで人気薄ながら3着に食い込んだバンクショットは特に期待できそうです。

一方で、後方からレースを進める馬は成績が冴えないコースでもあります。コンクエストシチー、サイモンルモンド、ダイシンカローリ、ワンダーエカルテ、ザプラウドワンズといった馬たちは、苦戦を強いられるかもしれません。

おわりに

リボン賞の予想をご覧いただきありがとうございました。

宝塚記念デーの阪神競馬場の最終レースとなりますが、本ブログではジュディッタを軸に、ヴェラアズール、ワンダーエカルテ、ダディーズメジャー、ザプラウドワンズ、ホッコーハナミチを相手にした三連複流しを買い目とします。

以上です。他のレースの予想は今週の競馬予想をご参照ください。


★今週の注目情報★

秋華賞の過去10年と予想 2021

府中牝馬ステークスの過去10年と予想 2021

オクトーバーステークスの過去の結果と予想 2021

信越ステークスの過去の結果と予想 2021


スポンサーリンク