ラジオNIKKEI賞2021の予想 – 指数を使った競馬予想

今週の日曜日に行われるラジオNIKKEI賞の予想を公開します。

ラジオNIKKEI賞の予想

本ブログでは独自の指数を使った予想を公開しています。ラジオNIKKEI賞の出走各馬の指数は下表の通りです。

1位 6 リッケンバッカー 78.1 9位 12 アイコンテーラー 59.5
2位 2 ヴァイスメテオール 76.1 10位 16 ヴェイルネビュラ 59.2
3位 4 プレイイットサム 74.7 11位 7 シュヴァリエローズ 56.7
4位 5 ボーデン 71.7 12位 3 アサマノイタズラ 54.4
5位 14 ノースブリッジ 66.1 13位 10 ワールドリバイバル 53.4
6位 8 ロードトゥフェイム 64.1 14位 15 グランオフィシエ 51.9
7位 9 スペシャルドラマ 62.4 15位 13 ワザモノ 51.3
8位 11 タイソウ 59.8 16位 1 デルマセイシ 41.6
1位 6 リッケンバッカー 78.1
2位 2 ヴァイスメテオール 76.1
3位 4 プレイイットサム 74.7
4位 5 ボーデン 71.7
5位 14 ノースブリッジ 66.1
6位 8 ロードトゥフェイム 64.1
7位 9 スペシャルドラマ 62.4
8位 11 タイソウ 59.8
9位 12 アイコンテーラー 59.5
10位 16 ヴェイルネビュラ 59.2
11位 7 シュヴァリエローズ 56.7
12位 3 アサマノイタズラ 54.4
13位 10 ワールドリバイバル 53.4
14位 15 グランオフィシエ 51.9
15位 13 ワザモノ 51.3
16位 1 デルマセイシ 41.6

指数1位はリッケンバッカーです。

直近3戦の指数は前走から順に、NHKマイルカップが82.9、アーリントンカップが75.0、3歳未勝利が76.4となっています。

アーリントンカップでは人気薄ながら2着に突っ込み波乱を演出しましたが、その後のNHKマイルカップでも上がり3ハロン最速をマークして4着と善戦し、実力が本物であることを証明しました。

今回のメンバーにおいて実績は最上位ですので、指数通りの力が発揮できれば勝ち負けに加わってくれることでしょう。

指数2位はヴァイスメテオールです。

直近3戦の指数は前走から順に、プリンシパルステークスが71.2、3歳1勝クラスが93.6、京成杯が63.3となっています。

デビュー以来1着と4着を繰り返してきていますので、順番通りなら今回は1着の番です。

というオカルトは置いておいたとしても、前走のプリンシパルステークスでは4着ながら上がり3ハロンは最速と力は見せていますし、今回のメンバーであれば有力馬の一角であることは間違いないでしょう。

あとは福島競馬場が合うかどうかですね・・・。

上記の馬に続くのがプレイイットサム、ボーデン、ノースブリッジ、ロードトゥフェイムといった馬たちです。

注目はノースブリッジですかね。休み明け初戦だった青葉賞は明らかに向いていなさそうな条件で案の定惨敗しましたが、今回の舞台であれば葉牡丹賞のようなレース運びの再現を期待できると思います。

福島競馬場・芝1800mの特徴から見た推奨馬・危険な馬

続いて、福島競馬場の芝1800mの特徴から推奨馬や危険な馬を考えてみたいと思います。

福島競馬場の芝1800mと好相性なレースコースは下表の通りです。


◎◎◎福島芝1800と相性の良いレースコース◎◎◎
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
中山芝1800
で5着以内に入った馬の成績
16.3%28.1%35.7%221
3走前までに
東京芝1800
で5着以内に入った馬の成績
12.6%27.6%36.4%261

上記の通り、中山競馬場の芝1800mとは好相性なようですので、スプリングステークスの上位組であるアサマノイタズラボーデンには期待できそうです。

また、東京競馬場の芝1800mとも相性が良さそうなので、その舞台の未勝利戦で勝ち上がっているボーデンにはさらに加点要素になるでしょうか。

一方で、福島競馬場の芝1800mと相性が悪いレースコースは下表の通りです。

×××福島芝1800と相性の悪いレースコース×××
条件勝率連対率3着内率頭数
3走前までに
東京芝2000
で5着以内に入った馬の成績
8.7%17.4%29.3%92

まぁ極端に悪いというわけではないのであくまで参考程度ですが、東京競馬場の芝2000mの実績はそこまで信頼できないようです。

ということは、前走にプリンシパルステークスで好走しているヴァイスメテオールは多少の割引が必要かも・・・?

おわりに

ラジオNIKKEI賞の予想をご覧いただきありがとうございました。

本ブログではリッケンバッカーを軸に、ヴァイスメテオール、プレイイットサム、ボーデン、ノースブリッジ、ロードトゥフェイムを相手にした三連複流しを買い目とします。

以上です。他の重賞予想は今週の競馬予想(重賞)をご参照ください。


スポンサーリンク