ユニコーンステークス2021の予想 – 指数を使った競馬予想

今週の日曜日に行われるユニコーンステークスの予想を公開します。

ユニコーンステークスの予想

本ブログでは独自の指数を使った予想を公開しています。ユニコーンステークスの出走各馬の指数は下表の通りです。

1位 スマッシャー 83.6 9位 プロバーティオ 66.8
2位 ティアップリオン 78.0 10位 ラペルーズ 64.1
3位 ローウェル 75.8 11位 カレンロマチェンコ 63.8
4位 ケイアイロベージ 74.8 12位 サヴァ 60.2
5位 ゲンパチフォルツァ 73.7 13位 ブラックアーメット 55.8
6位 サンライズウルス 73.4 14位 イグナイター 46.3
7位 ルーチェドーロ 70.6 15位 ピンクカメハメハ
8位 クリーンスレイト 70.3 16位 ヴィゴーレ
1位 スマッシャー 83.6
2位 ティアップリオン 78.0
3位 ローウェル 75.8
4位 ケイアイロベージ 74.8
5位 ゲンパチフォルツァ 73.7
6位 サンライズウルス 73.4
7位 ルーチェドーロ 70.6
8位 クリーンスレイト 70.3
9位 プロバーティオ 66.8
10位 ラペルーズ 64.1
11位 カレンロマチェンコ 63.8
12位 サヴァ 60.2
13位 ブラックアーメット 55.8
14位 イグナイター 46.3
15位 ピンクカメハメハ
16位 ヴィゴーレ

指数1位はスマッシャーです。

直近3戦の指数は前走から順に、端午ステークスが97.0、3歳1勝クラスが55.4、3歳未勝利が98.3となっています。

ここ3戦連続で上がり3ハロン最速をマークしている末脚が持ち味の馬です。

前走はルーチェドーロに屈しましたが、舞台が東京競馬場に変わる今回は逆転に期待です。

指数2位はティアップリオンです。

直近3戦の指数は前走から順に、青竜ステークスが51.5、伏竜ステークスが91.2、黒竹賞が91.3となっています。

前走の青竜ステークスは4着に敗れましたが、上がり3ハロンは最速をマークして力は見せました。

どうやら人気は無さそうな気配ですが、実力的には一発を十分期待できると思います。

上記の馬に続くのがローウェル、ケイアイロベージ、ゲンパチフォルツァ、サンライズウルスといった馬たちです。

特に前走にユニコーンステークスと同じ舞台で行われた青竜ステークスに勝っているゲンパチフォルツァは、今回も上位争いをしてくれることでしょう。

東京競馬場・ダート1600mの特徴から見た推奨馬・危険な馬

次に、東京競馬場のダート1600mの特徴から推奨馬や危険な馬を考えてみたいと思います。

東京競馬場のダート1600mは、近走に同じコースで好走した馬が、再度好走する可能性が高い傾向にあります。今回の該当馬は数多くいますが、その中でもやはり青竜ステークスに勝っているゲンパチフォルツァや、ヒヤシンスステークスに勝っているラペルーズは有力でしょうか。

逆に、同じ東京競馬場でもダート1400mとは相性が今一つなようですので、サンライズウルスの近走実績はそこまで評価できないかも・・・。(買うけど。)

また、馬番別実績だと1番枠の成績が非常に悪いので、この枠に入った馬は割引が必要そうです。

おわりに

ユニコーンステークスの予想をご覧いただきありがとうございました。

本ブログではスマッシャーを軸に、ティアップリオン、ローウェル、ケイアイロベージ、ゲンパチフォルツァ、サンライズウルスを相手にした三連複流しを買い目とします。

以上です。他の重賞予想は今週の競馬予想(重賞)をご参照ください。


★今週の注目情報★

秋華賞の過去10年と予想 2021

府中牝馬ステークスの過去10年と予想 2021

オクトーバーステークスの過去の結果と予想 2021

信越ステークスの過去の結果と予想 2021


スポンサーリンク