マーメイドステークス2021の予想 – 指数を使った競馬予想

今週の日曜日に行われるマーメイドステークスの予想を公開します。

マーメイドステークスの予想

本ブログでは独自の指数を使った予想を公開しています。マーメイドステークスの出走各馬の指数は下表の通りです。

1位 イズジョーノキセキ 78.0 9位 カセドラルベル 50.9
2位 クラヴェル 75.8 10位 フィリアプーラ 47.1
3位 ソフトフルート 75.1 11位 パッシングスルー 47.1
4位 ミスニューヨーク 63.5 12位 ホウオウエミーズ 45.7
5位 シャドウディーヴァ 59.2 13位 アブレイズ 42.2
6位 レッドベルディエス 56.2 14位 シャムロックヒル 39.9
7位 キングスタイル 52.3 15位 サンクテュエール 39.7
8位 アンドラステ 51.6 16位 アッシェンプッテル
1位 イズジョーノキセキ 78.0
2位 クラヴェル 75.8
3位 ソフトフルート 75.1
4位 ミスニューヨーク 63.5
5位 シャドウディーヴァ 59.2
6位 レッドベルディエス 56.2
7位 キングスタイル 52.3
8位 アンドラステ 51.6
9位 カセドラルベル 50.9
10位 フィリアプーラ 47.1
11位 パッシングスルー 47.1
12位 ホウオウエミーズ 45.7
13位 アブレイズ 42.2
14位 シャムロックヒル 39.9
15位 サンクテュエール 39.7
16位 アッシェンプッテル

指数1位はイズジョーノキセキです。

直近3戦の指数は前走から順に、京橋ステークスが85.4、うずしおステークスが65.4、太宰府特別が83.3となっています。

デビュー以来安定した成績を残しており、特に阪神競馬場は8戦2勝・2着3回・3着1回・4着2回と得意にしています。

格上挑戦になりますが、マーメイドステークスは過去3年いずれも格上挑戦の馬が勝っていますので、その点は全く心配はいらないでしょう。

指数2位はクラヴェルです。

直近3戦の指数は前走から順に、シドニートロフィーが82.1、湾岸ステークスが71.4、迎春ステークスが73.9となっています。

この馬も格上挑戦になりますが、前走はソフトフルート(昨年の秋華賞3着馬)と0.2秒差、前々走はウインキートス(今年の目黒記念優勝馬)と0.5秒差といった感じで、重賞でもやれる実力はありそうです。

軽斤量を活かして上位争いをしてほしいところ。

上記の馬に続くのがソフトフルート、ミスニューヨーク、シャドウディーヴァ、レッドベルディエスといった馬たちです。

特にソフトフルートは昨年の秋華賞で3着に入りながら、その後ずっと準オープンクラスで足踏みを続けていましたが、前走ようやく勝ち上がりましたので、調子が上がってきていることに期待です。

阪神競馬場・芝2000mの特徴から見た推奨馬・危険な馬

次に、阪神競馬場の芝2000mの特徴から推奨馬や危険な馬を考えてみたいと思います。

阪神競馬場の芝2000mは、同じ阪神競馬場の芝1800mと好相性になりますので、前々走にそのコースで行われた飛鳥ステークスを勝っているレッドベルディエスは期待できそうです。

一方で、小倉競馬場の芝1800mとは相性がイマイチなようですので、共に3走前にそのコースで行われたレースで好走しているイズジョーノキセキミスニューヨークにとっては良くないデータになるでしょうか。

おわりに

マーメイドステークスの予想をご覧いただきありがとうございました。

本ブログではイズジョーノキセキを軸に、クラヴェル、ソフトフルート、ミスニューヨーク、シャドウディーヴァ、レッドベルディエスを相手にした三連複流しを買い目とします。

以上です。他の重賞予想は今週の競馬予想(重賞)をご参照ください。


スポンサーリンク